オーディブル30日間無料体験開催中!詳細を見る

電子書籍と紙本どっちを選ぶ?最適な読書スタイルを見つけるガイド

【PR】本ページはプロモーションが含まれています
電子書籍と紙本どっちを選ぶ?最適な読書スタイルを見つけるガイド

現在の読書環境は、紙の本と電子書籍の2つに大きく分かれています。

それぞれが持つ特有の利点と欠点、そして利用シーンに合わせた使い分けに関心を寄せる読者が増えています。

  • 電子書籍と紙の本の基本情報から、どのように利用すれば最適なのか?について詳細に解説しますね。
  • また、メリットとデメリットを比較し、あなたの読書ライフをより豊かにするためのヒントを提供します。

さらに、電子書籍ならではのアプリ活用方法や最新の読み放題サービスも紹介しますね。

さあ、あなたにぴったりの読書スタイルを見つけてみませんか?

>>> 結論 <<<

  • ビジネス書や自己啓発書は電子書籍が便利ですが、心温まる小説や物語を楽しむには紙の本が最適です。
  • 忙しい現代ではスマホで読める電子書籍が、便利で経済的です。
  • 一方でデメリットにも着目する必要があり、とっておきの解決方法を「あなただけ」に教えますね。

目次

E-E-A-T(自己紹介)
執筆者の詳細を見てみる

さまざまな理由で本が読めなくなった!読みたいのに読めない!と悩む人向けにオーディオブック愛好者の私から魅力や解決策を紹介しています。

  • 詳細プロフィール:こちら
  • オーディオブック関連記事は70記事以上:こちらより
  • 25年前の「エモいサイト」は、Wayback Machineから「見る人に優しいウエブ作成」が見れます。
    • 掲載雑誌:Mac Fan、日経ネットナビ、WWWイエローページ
    • 書籍掲載:最新実用 HTMLタグ事典(技術評論社)

電子書籍と紙の本の基本情報

電子書籍と紙の本の基本情報

スマートフォンは携帯性に優れることから、電子書籍を使った読書に切り替わりはじめています。

一方、紙本には独自の魅力があり、今なお多くの人が愛用する媒体です。

電子書籍と紙本を比較しながら、それぞれの利点と欠点を解説します。

電子書籍と紙の本の比較

電子書籍と紙の本のメリット・デメリットは以下の通りです。

利便性とコスト
電子書籍
  • 電子書籍はインターネット上で簡単に入手でき、携帯に数百冊以上の本を持ち運べます。
  • 聴き放題サービスの登場で好きなだけ読めて、コスト性に優れますね。
紙の本
  • 紙本で読書をするには書店や図書館に行く必要があります。
  • 本を手に取り、ページをめくる感覚は楽しみと満足感をもたらしますが、コスト面では見劣りします。
目の疲れと集中力
電子書籍
  • 電子書籍はスマホの小さな画面上で表示されるため、長時間の読書により目の疲れが生じる可能性があります。
  • どこでも読める反面、集中力を維持するのが難しい場合があります。
紙の本
  • 紙本は自然光によって読まれるため、目の負担が軽減されます。
  • また、静寂な環境で読む場合が多く、本に集中できるのがメリットです。
コレクション性
電子書籍
  • 電子書籍はデジタルデータとして保存されるため、物理的な所有感は少ないです。
  • また、本棚は不要ですがコレクションとして見せびらかすのが難しいです。
紙の本
  • 紙の本は手に取れる形態で所有できるため、所有感や愛着を感じられます。
  • 本棚に並べたり、友人と共有すると、個人のコレクションとしても楽しめます

わたしの場合、電子書籍で読んだのちに保管しておきたい場合、紙本を購入するケースが多いです。

電子書籍の利用例

紙本を購入する前に電子書籍を読むケースが多いことから、主な利用例は以下の通りとなります。

旅行中や出張時

電子書籍は通常の本と比べて軽量かつコンパクトに持ち運びできます。

旅行中や出張時に多くの本を読みたい場合、電子書籍は便利な選択肢です。

通勤時

スマートフォンやタブレットで電子書籍を読めるので、ちよっとした隙間時間に読むのが多いです。

↑目次に戻る

電子書籍と紙の本の使い分け

電子書籍と紙本はどっちが良い

わたしの経験上、電子書籍と紙本はジャンルや利用シーンで使い分けるのが良い選択です。

小説や物語は紙本

視覚的な魅力やコレクションの価値を求める場合は、本を選ぶ場合が多いです。

  • 紙の本を手に取りながらページ読むと臨場感が深く味わえます。
  • また、カバーアートやデザイン、質感のある紙を通じて得られる魅力も見逃せない一面です。
  • 寝る前のリラックスしたいときに、利用しています。

ビジネス・自己啓発書は電子書籍

同一分野で多くの知識や著者の経験を取り入れたい場合は、電子書籍を選ぶ場合が多いです。

  • 携帯性とコストに優れ、聴き放題プランを利用し多くの情報をインプットしています。
  • オンライン書店から電子書籍がダウンロードでき、手軽に入手できる点が気に入っています。
  • 通勤時間やお昼休みなどの隙間時間に利用するのが多いです。

電子書籍のメリット・良い評判を維持しつつ、デメリットを解説する方法について解説します。

↑目次に戻る

電子書籍とは

電子書籍とは

電子書籍とは、電子機器上で読書ができる書籍です。電子書籍はテキストや画像コンテンツをデジタル形式で保存し、スマホ、タブレットから閲覧します。

  • インターネットを介してオンラインで購入・ダウンロードします。
  • そのため、多数の書籍を持ち運べ、いつでもどこでも読書を楽しめますよ。
  • 読み放題プランの登場のより、コスト面に優れますね。
  • 製造・物流コストがかからず、環境に優しい一面もあります。

iPhone版のKindleアプリの提供は2009年なので登場から15年といまだに歴史の浅いメディアです。

電子書籍の市場規模・利用率

総務省がまとめた電子書籍の市場規模・利用率は下記の通りです。

  • 2017年:紙本:86%、電子書籍:14%
  • 2021年:紙本:72%、電子書籍:18%

利便性に優れた点が気に入られ電子書籍は伸びていますが、紙本を利用されるかたが圧倒的に多いです。

令和4年版 情報通信白書|データ集(第3章第6節)
令和4年版 情報通信白書|データ集(第3章第6節)

電子書籍アプリ

電子書籍アプリで有名なのが、Amazon Kindleですね。

  • Amazonで書籍を探していると、「Kindle Unlimitedなら0円」ボタンを見かけたことはありませんか?
  • Kindle Unlimitedは月額980円で320万冊以上の対象書籍が読み放題。月2冊も読めば元が取れます。
  • Amazonプライム会員でPrime Reading (プライム・リーディング)を利用されているかたも多いと思います。
Amazon Kindle Unlimited

Kindle Unlimitedを利用したことがない方は、初回限定で30日間無料体験が受けられますよ。

Kindle Unlimited 30日間無料体験の詳細はコチラ

無料で200万冊がスマホで読み放題

無料体験期間中の解約なら「0円」

↑目次に戻る

電子書籍のメリット

電子書籍のメリットとは

電子書籍には、下記のメリットが5つあります。

本の保管場所を必要としない
持ち運びが楽で通勤・旅行に便利
本屋に行かなくとも自宅で買える
読み放題サービスで節約になる
スマホアプリ内で読みたい本が自由に探せる

電子書籍のメリットを詳しく解説していきます。

本の保管スペースを必要としない

電子書籍のメリットの一つ目は本の保管場所を必要としないです。

紙本は保管スペースが必要ですが、電子書籍はスマホ上に保存され物理的なスペースを必要としません。

  • 大量の書籍を置く場所に困っている人は、スペースの節約が大きなメリットとなりますね。
  • 電子書籍はインターネット経由で購入やダウンロードが可能であり、いつでもどこでも本が入手できます。

スマートフォンは携帯性に優れることから、電子書籍を使った読書に切り替わりはじめています。

持ち運び簡単で通勤・旅行に便利

スマートフォンの普及や利便性から常に身に付けておくのが多くなりました。

  • 紙本のように本を持ち運ぶことなく、いつでもどこでもスマートフォンからアクセスできます。
  • 通勤中や旅行中などの移動中も、手軽に本を読めるようになりました。
  • 1台のスマホに多数の本が保存でき、大量の本を持ち歩く必要がなくなりますね。

複数のデバイスで同期できる機能から、自宅では続きをスマートスピーカーで聴くなど利便性はさらに向上しました。

持ち運びが楽で通勤・旅行に便利なのが、電子書籍のメリット二つ目です。

いつでもどこでも簡単に購入

電子書籍はインターネット経由で購入やダウンロードが可能です。

  • 電子書籍ストアは24時間営業しており、書店の営業時間を気にすることなく購入できます。
  • 試し読みも可能となり、購入前に吟味することも容易になりました。
  • 取り使い書籍数も豊富で気に入った本を探すのに、本屋さんを何軒も回る必要はありません。

わたしが電子書籍のメリットを強く実感した内容です。

読み放題サービスで節約になる

電子書籍の読み放題サービスは月額料金を支払うと、提供される書籍を制限なく読めます。

  • 小説、ビジネス書、漫画、専門書など、幅広いジャンルの書籍が含まれています。
  • 利用者は自分の好きなジャンルやテーマを自由に選べますよ。
  • 一冊ずつを購入する必要がなく、コスト性にも優れ読書の幅が広がりますね。

興味のなかった分野・新しく試してみたいジャンルに気軽に取り組めるようになったが電子書籍のメリット四つ目です。

スマホアプリ内で読みたい本が検索できる

電子書籍のメリット五つ目は、スマホアプリ内で読みたい本が自由に探せるです。

  • 検索バーに入力した情報に基づいて、書籍データベースから検索結果を返してくれます。
  • スマホアプリ内のメニューやサイドバーには、ジャンルやカテゴリのセクションが準備されていますよ。
  • 過去の購入履歴に基づき、オススメの本を提案してくれます。

本屋さんでの問い合わせおよび好みの本が見つからず、ガッカリする機会も激減しますね。

↑目次に戻る

電子書籍のデメリット

電子書籍のデメリットとは

わたし電子書籍の使用で感じているデメリットを4つ紹介します。

バッテリーが切れると読書が中断される
静寂な環境でないと記憶に残りにくい
電子機器以外の初期投資が必要
長時間の読書で目が疲れる

電子書籍のデメリットを詳しく解説していきます。

バッテリーが切れると読書が中断される

電子書籍のデメリット1つ目は、電子機器を利用する際に発生する問題です。

電子書籍はスマホで読むため、長時間の読書ではバッテリーが消耗します。

  • 省電力モード機能で充電切れリスクを軽減できる工夫がなされています。
  • 予備の電源を準備し、充電切れに備える方法もありますね。

最近のスマートフォンのバッテリー消費は改善は進んでいますが、紙本にはない大きな制約の一つです。

静寂な環境でないと記憶に残りにくい

読んでいる内容に興味や関心がない場合、記憶に残りにくくなる場合があります。

  • 本を読む際に周囲の騒音が気になり、集中力が低下し記憶に残りにくくなりますね。
  • 集中力が続かず単に文字を目で追っているだけになり、記憶に定着しにくくなります。

静かな場所、快適な座り方など読書環境を整える必要があり、利用シーンが限定されるのがデメリットです。

電子機器の初期投資が必要

暗い環境でスマホの明るい画面を見続けると、目の疲れを引き起こす可能性があります。

  • 画面の明るさを調整したり、ナイトモードの利用するとよいでしょう。
  • 必要に応じて間接照明を準備するなど、快適な読書環境を整える必要があります。

そもそも、暗い場所で読書すること自体に無理があります。

そのため、新たに電子書籍を読むために環境を整備するコストがかかるのがデメリットの3つ目です。

長時間の読書で目が疲れる

長時間に渡り、集中して本を読むと目の疲労感が増します。

電子書籍の登場で明るい画面を見続けると、睡眠の質が低下する可能性も指摘されています。

紙本とスマホを比べると「液晶スマートフォンのほうが視覚疲労がやや大きい」との報告もあります。

電子ペーパと液晶タブレットで読書した時の視覚疲労の比較

ブルーライトは他の光よりもエネルギーが強いため、瞳孔を縮めようとして目の筋肉も酷使され、眼の疲れや肩・首の凝りなどに影響します

健康保健センターニュース No.1 『ブルーライトの浴びすぎに注意しましょう!』

老眼が進んだわたしには読書で目が疲れるのが最大のデメリットです。

↑目次に戻る

電子書籍のデメリットを克服する読書方法

電子書籍のデメリットを克服する読書方法

わたしが克服した電子書籍デメリット読書方法について解説します。

とくに目が疲れる悩みを持たれるかたに試してほしい内容です。

電子書籍の文字を拡大して読む

Amazon Kindle電子書籍リーダーで本のフォントを拡大する方法は以下の通りです。

電子書籍の文字を拡大して読むステップバイステップガイド

STEP
Kindleアプリを起動し、読みたい本を開きます

読みたい本を開き、ページ内をタップします。

STEP
開いたページ内をタップすると上部にメニューが表示されます。

メニューから「Aa」をタップします。

STEP
「Aa」をタップし、スライドバーで文字サイズを調整します
「Aa」をタップし、スライドバーで文字サイズを調整します。
STEP
スマホ内に表示される文字が拡大されます
スマホ内に表示される文字が拡大されます

ページをピンチインまたはピンチアウトしてフォントサイズを変更したほうが楽です。

文字を大きくするとページ内の表示文字数が少なくなり、ページ送り回数が増えるデメリットがあります。

Kindle専用端末を利用する

Kindle専用端末は「電子ペーパー技術E-ink(イーインク)」を採用しており

  • 紙の本と同じ感覚で読めて、ブルーライトがほとんどなし
  • 直接目を照らさなフロントライト方式
画面もスマホより大きいので見やすさも格段に向上します。

画面もスマホより大きいので見やすさも格段に向上します。

電子書籍の読み上げ機能で聴く

Amazon Kindleを利用されているかたなら、Alexaアプリを使ったKindle本の読み上げは無料です。

Alexaアプリは、Amazonアカウントをお持ちなら誰でも無料で利用できます。

Amazon Alexa
Amazon Alexa
開発元:AMZN Mobile LLC
無料
posted withアプリーチ

TTS(TextーtoーSpeech)が有効になっていないKindle本は、Alexaの読み上げ機能が使えません。

TTSが有効であることを確認
TTSが有効であることを確認

電子書籍の読み上げで聴くステップバイステップガイド

STEP
Alexaアプリを立ち上げ、読み上げたいKindle本を選ぶ
  • Alexaアプリを立ち上げ、下部メニューにある「再生」をタップします。
  • Kindleに入っている電子書籍一覧が「KINDLEライブラリー」に表示されます。
Alexaアプリを立ち上げ
画像タップで拡大
読み上げたいKindle本を選ぶ
画像タップで拡大
STEP
読み上げたい本をKindleライブラリーから選択し、再生先を選択する
  • 読み上げたいKindle電子書籍を選択します。
  • 再生先を選ぶと再生が開始されます。
再生先を選択
画像タップで拡大

「このデバイス」および「〇〇さんのEcho Dot」が表示されますので「このデバイス」を選択します。

STEP
Alexaアプリで再生操作する
  • Alexaアプリでは、再生・停止
  • 先送り・巻き戻しの機能が使えます
Alexaアプリで再生操作する
  • 再生・停止:読み上げを開始したり、停止します。
  • 先送り・巻き戻し:読み上げ時に30秒単位で先送り・巻き戻しできます。
  • 目次の移動:▲マークをタップすると目次が表示されるので章の移動(スキップ、バック)もできます。
STEP
音量を調整する
  • 読み上げ再生画面には音量調整がないため、Alexaに話かけるほうが便利です。
  • 「Alexa、音量上げて」「Alexa、音量下げて」

ただし、Alexaによる読み上げなので朗読が機械的に感じるのがデメリットです。

読書スタイルを読むから聴くに変える方法も

耳で聴く読書は、読書スタイルを「読む」から「聴く」に変えるだけです。

  • 耳で聴く読書は音声のみで目を使いません。
  • 視覚に頼らない「本が楽しめる新しい読書方法」

プロのナレータによる朗読で心地よい物語やストーリーが楽しめ、紙本や電子書籍同様、さまざまなジャンルの本が取り揃えられています。

    オーディオブックアプリを入れれば

    オーディオブックアプリを入れれば

    様々なジャンルの本が聴けます

    さまざまなジャンルの本が聴けます

    電子書籍で得られるメリットが損なわれることはありません。読むのを聴くに変えただけですからね。

    このような人におすすめ!

    • 暗い環境でも読む必要がなく、寝る前にリラックスして読書したい人。
    • ブルーライトの影響や文字を読むことから解放され、目を休めながら読書したい人。
    • 長時間同じリラックスした姿勢で読書したい人。
    • プロのナレータによる朗読でさらに臨場感溢れる読書を味わいたい人。

    ↑目次に戻る

    電子書籍と紙の本の評判・口コミ

    電子書籍の評判・口コミ

    電子書籍と紙の本の評判・口コミを紹介します。

    電子書籍の評判・口コミ

    良い評判・口コミ
    • Kindle Unlimitedの品揃えは豊富で、Kindleアプリも使いやすい!
    • セールの頻度が高く、安く購入できるのが魅力
    • パソコンで大きな文字で読めるのが良い
    • 大半の本が電子書籍化されている
    • 聴き放題サービスでさまざまなジャンルにチャレンジしやすい
    悪い評判・口コミ
    • iPhoneアプリから購入できなくなった
    • Prime Reading読み放題の本が少ない
    • ライブラリーが使いにくい
    • 全巻聴き放題で読めないシリーズがありイライラする
    • 目が疲れて読破できない場合が多い

    紙の本の評判・口コミ

    良い評判・口コミ
    • 紙の本は手に持ったときの感触やページをめくるときの感覚が魅力的です。
    • 電子書籍と比べて紙の本は、長時間読んでも目が疲れにくいです。
    • 紙の本を読むときスマホ通知に邪魔されず、集中しやすい。
    • 紙の本をコレクションすると満足感や喜びがあります。お気に入りの本を所有するのが楽しみです。
    悪い評判・口コミ
    • 複数の本を持ち運ぶときは重くかさばります。旅行や通勤時には不便かなぁ
    • 収納スペースが必要なため、保管場所の確保が悩みです。
    • 電子書籍と比べ流通コストがかかり、価格が高いのが気になります。

    ↑目次に戻る

    電子書籍と紙の本 どちらを選ぶ?のまとめ

    電子書籍は紙の本と比較し複数の本を持ち運べ、移動中や外出先でいつでも本を読める利便性があります。

    • スマホを見続けることによる目の疲れや集中力の低下
    • 同じ姿勢を取り続けることによる肩こり・筋肉痛
    • 暗いところで読めない

    電子書籍のデメリットを克服する読書方法は下記の3点です。

    • 電子書籍の文字を拡大して読む
    • Kindleデバイスを購入して読む
    • 電子書籍の読み上げ機能で聴く

    とくに文字を一切読む必要がない「聴く読書」はオススメです。

    12万冊聴き放題がたっぷり30日間

    オーディオブックとは?効果的使い方や聴き方のコツ【おすすめサービスも紹介】

    オススメ度:★★★★★

    本を聴くなら「Amazon オーディブル」

    • 小説、ビジネス書、自己啓発書など、あらゆる分野を取り揃え!
    • 聴き放題で気になる本を制限なく楽しめ、お財布にもやさしい!
    • 混雑した電車でも目を使わず、快適な読書環境を実現!
    • プロのナレーターによる朗読で臨場感溢れる読書体験で感動!
    • 目の疲労から解放され、読めないから読めるへ好転!

    12万冊がスマホで聴き放題

    30分/日でも3冊/月読める

    3ステップ3分で完了

    1,500円/月のサービスが使い放題

    オーディブルをたっぷり試せる「初回限定特典」の30日間無料をスマホで利用する権利が、手に入ります。

    AudibleとKindle Unlimitedの比較の詳しい解説は下記記事を参考にしてください

    保存して音声で聴く
    目次