【2024年最新】Cheeeseの出金方法|もらったビットコインを送金する手順

【PR】本記事はプロモーションを含みます
Cheeeseからビットコインを送金/出金する方法
悩む人

Cheeeseの出金手順を教えて欲しい。
注意点はあるの?

このような悩みを解決します。

Cheeese (チーズ)はニュース記事の閲覧、ショッピングなどでビットコインを貯めることができるアプリ。

貯まったビットコインをそろそろ送金したい方向けに解説記事を作成しました。

結論、Cheeeseアプリ内でビットコインを日本円に交換をする機能がないので、コインチェック等の暗号資産取引所を経由する必要があります。

一定以上ログインのないアカウントは消失します。消失してしまうと貯めたビットコインもなくなることになりますので、忘れないうちに済ませておきましょう!

Cheeeseから送金/出金を行う流れ

こちらをタップして今すぐ『Cheeeseからビットコインを送金/出金する方法』にジャンプ!

目次

Cheeeseから出金する時の注意点

Cheeeseから送金/出金する時の注意点

Cheeeseから送金/出金するための条件ときの注意点として以下の項目について解説をしていきます。

  • 最低出金数量
  • 送金額の調整はできない
  • 暗号資産取引所の口座が必要
  • アドレスの入力方法
とし

順番に解説をしていきます!

最低出金数量

Cheeeseから送金するには最低出金数量まで貯める必要があるので注意。

最低送金額0.00002 BTC
送金手数料0.00001 BTC

送金手数料と合わせると『0.00003 BTC以上』貯めるようにしてください。

送金額の調整はできない

Cheeeseアプリ内で送金手続きを行うと、保有しているBTC (ビットコイン)は全て送金されます。

送金数量を調整することはできませんので、覚えておきましょう。

暗号資産取引所の口座が必要

ビットコインを受け取るためには暗号資産取引所の口座が必要です。

GMOコインはGMOインターネットグループの取引所で、暗号資産の取引や日本円の出金手数料などでお得になります。

とし

損をしたくない方は手数料に着目してみよう!

スクロールできます
項目GMOコインコインチェックビットフライヤー
BTC 取引手数料取引所:
−0.01〜0.05%
販売所:
スプレッド
取引所:
0.01〜0.15%
日本円 出金手数料無料407円220円〜770円
手残り

せっかく稼いだビットコインをアカウント消失などで失ってしまう前に無料口座開設を済ませておきましょう。

\無料10分・スマホでかんたん/

アドレスの入力方法

Cheeeseで送金する時には暗号資産取引所の口座が必要でした。

送金時には『アドレス』と呼ばれる、取引所が発行している文字列を入力しないといけません。

入力時に絶対してはいけないこととして、アドレスを手入力をしてしまうことです。

手入力をしてしまうことで考えられるリスクとして以下が考えられます。

・アドレスの入力間違い
・アドレスを間違えて送金してしまうとBTCは受け取れない
・誤って送金したBTCは戻ってこない

せっかく貯めたBTCを無駄にしてしまわないためにも、アドレスは必ずコピー&ペーストするようにしてください。

Cheeeseからビットコインを出金する方法

Cheeeseからビットコインを送金/出金する方法

Cheeeseから送金する方法は以下の5ステップです。

  1. 暗号資産取引所の口座を開設
  2. Cheeeseアカウントを開く
  3. 取引所のアドレスを取得
  4. 送金する
  5. ビットコインの受け取り手続き

暗号資産取引所の口座を開設

ビットコインを受け取るには、暗号資産取引所の口座が必要でした。
開設がまだの方は済ませておきましょう。

GMOコインはGMOインターネットグループの取引所で、暗号資産の取引や日本円の出金手数料などでお得になります。

とし

損をしたくない方は手数料に着目してみよう!

スクロールできます
項目GMOコインコインチェックビットフライヤー
BTC 取引手数料取引所:
−0.01〜0.05%
販売所:
スプレッド
取引所:
0.01〜0.15%
日本円 出金手数料無料407円220円〜770円
手残り

せっかく稼いだビットコインをアカウント消失などで失ってしまう前に無料口座開設を済ませておきましょう。

\無料10分・スマホでかんたん/

Cheeeseアカウントを開く

Cheeeseアプリを開いて『アカウント』をタップ。
送金タブを選択してください。送金先BTCアドレス欄に取引所アドレスをコピペしていきます。
画面はそのままにしておいてください。

取引所のアドレスを取得

続いてのステップは取引所のアドレスの取得です。

GMOコインアプリを開いて『保有/履歴』のタブから『預入/送付』をタップ。
表示されている銘柄から『BTC (ビットコイン)』を選択してください。

預入』のタブからビットコイン(BTC)が選択されていることを確認して、『預入用のビットコインアドレスの作成』をタップしてください。

ビットコインのアドレスが表示されます。
ビットコインアドレスをコピー』をタップしてください。

通貨ごとに専用のウォレットアドレスがあるのでビットコインを必ず選択してください。
ウォレットアドレスは手入力はせずに必ずコピー&ペーストをするようにしましょう。

送金する

取引所のアドレスをコピーできたら、Cheeeseアプリに戻ってください。
送金先BTCアドレス欄にペーストできたら『BTCを送金する』をタップします。

内容を確認して問題なければ『はい』をタップしてください。

OK』をタップしてください。

これで送金手続きは完了です。

とし

5営業日以内とありますが、筆者の場合は約4時間後に着金を確認できました。

ビットコインの受け取り手続き

2023年6月より暗号資産取引所でトラベルルールが導入されるようになりました。

トラベルルールとは?

暗号資産・電子決済手段の取引経路を追跡することを可能にするため、暗号資産・電子決済手段の移転時に送付人・受取人の情報を通知する義務があるというものです。

マネーロンダリングやテロ資金供与、反社会的勢力などにも利用を防ぐために、利用ユーザーは送付元の情報を入力することが必要になりました。

とし

不正な使用をしていないことの証明として、送付元情報を入力しなければいけません!

送付元の情報を入力することではじめて口座に反映されます。
GMOコインではCheeeseから出金した後に以下の連絡が届きます。

とし

受け取りまであと少しです。
もう少しなのでがんばりましょう!

GMOコインのアプリを開いて『預入/送付』をタップ。

上のメニューから『未反映リスト』を選択します。

確認』をタップしてください。

送付元情報を入力』をタップすると登録画面に移動します。

取引所・サービス指定のウォレット』>『ご本人さま』を選択。

送付元情報の登録画面へ』をタップしましょう。

預入目的の欄は『暗号資産の売買・交換』を選択。画面を下にスクロールしてください。

送付元の名称は『その他』を選択して『Cheeese』と入力しました。

入力内容を確認して問題なければチェックを入れていき『登録する』をタップ。

送付元情報の登録が完了しました。

預け入れ審査が完了すると以下のようなメールが届きます。

とし

この入力方法で口座に反映されたので参考にされてみてください。

Cheeeseでよくある質問

Cheeese(チーズ)に関するよくある質問をまとめました。

  • Cheeeseに招待コードはあるの?
  • Cheeeseでログインできない理由は?

Cheeeseに招待コードはあるの?

cheeeseは招待コードを入力して、アカウント登録することで『0.00001 BTC』を無料で手に入れるキャンペーンを行っています。

招待コード『74df25b0c3596f08』を入力すれば『0.00001 BTC』を入力してお得に始めてみましょう。

\ 招待コード入力でビットコインをゲット! /

Cheeeseでログインできない理由は?

一定期間以上ログインをしていない場合は、アカウントが削除されるようです。

  • 仮登録アカウント…30日以上ログインがない場合
  • 本アカウント…365日以上ログインがない場合

Cheeeseからビットコインを出金する方法まとめ

Cheeeseからビットコインを送金/出金する方法まとめ

本記事ではCheeeseからビットコインを出金する手順を解説しました。

送金/出金する手順は以下の通りでした。

  1. 暗号資産取引所の口座を開設
  2. Cheeeseアカウントを開く
  3. 取引所のアドレスを取得
  4. 送金する
  5. ビットコインの受け取り手続き

冒頭で説明した注意点も気をつけながら実施するようにしてください。

こちらをタップして『Cheeeseからビットコインを送金/出金する方法』に戻る!

ビットコインを受け取ることができたら、日本円へ換金が可能です。

以下の記事で詳しく解説をしているので、参考にしてみてください。

以上、Cheeeseの出金・換金手順に関する記事でした。

目次