お知らせ内容をここに入力してください。

【超簡単】エポスカードはタッチ決済が可能!ストレスなしでお買い物

【PR】本記事はプロモーションを含みます
エポスカードタッチ決済

「エポスカードでタッチ決済できるの?」

「タッチ決済をするために必要な設定方法を知りたい」

「タッチ決済をお店で使う方法を教えて!」

こんな悩みを解決する記事です。

結論からいうと、エポスカードでタッチ決済は可能です!

那須

エポスカードのタッチ決済はとても簡単に使えます。

タッチ決済ができれば、財布を出さずにスムーズな支払いができますよ。

この記事を読めば、エポスカードのタッチ決済の使い方や注意点、設定方法までわかります。

ぜひ最後まで読んで、タッチ決済を使ってみてくださいね。

この記事は投資収益の保証または特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資や契約の決定はご自身でご判断ください。

目次

簡単で便利!エポスカードはタッチ決済できる

簡単で便利!エポスカードはタッチ決済できる

エポスカードならタッチ決済が可能です。

エポスカード本体、またはカードを登録したスマホでレジの端末にかざすだけで支払いが完了します。

1万円未満の支払いならサインや暗証番号の入力が不要なため、スムーズにお買い物できますよ。

はるか

コンビニや飲食店、ショッピングモールなど、多くの店舗で利用できるわ。

エポスカードは2つの方法でタッチ決済が使える

エポスカード2つの方法でタッチ決済が可能です。

2つのタッチ決済方法
  • Visaのタッチ決済
  • 電子マネーのQUICPay

それぞれのタッチ決済方法について詳しく見ていきましょう。

Visaのタッチ決済が使える

エポスカードVisaのタッチ決済が可能です。

Visaのタッチ決済が利用できる店舗かは、レジ近くにあるマークを見ればわかります。

エポスカード本体、またはApple PayやGoogle Payにカードを登録したスマホでタッチすると、支払いが完了します。

国内だけでなく、200以上の国と地域で利用できるので、海外旅行にも便利な支払い方法です。

電子マネーのQUICPayが使える

エポスカード電子マネーのQUICPayでタッチ決済ができます。

全国205万か所以上のQUICPayマーク、またQUICPay+マークがあるお店で利用可能です。

使えるマーク画像

QUICPayとQUICPay+の違い

QUICPay+はQUICPayの機能をより便利に使いやすくした支払い方法です。

エポスカードでQUICPayを使う場合は、QUICPay+になります。

QUICPayマークとQUICPay+マークがあるお店でタッチ決済が可能で、店舗がどちらに対応しているかで1回あたりの利用金額の上限が変わります。

QUICPayQUICPay+
1回あたりの利用上限額2万円まで※上限なし

※支払いに指定したカードおよびご利用の店舗等により異なります。詳細はご利用のカード発行会社または店舗にお問い合わせください。

QUICPayで支払う前に、店舗がどちらに対応しているか確認しておきましょう。

ただし、エポスカードでQUICPayを使えるのはiPhoneやApple Watchのみで、カード本体やAndroidでのタッチ決済には利用できません。

カード本体やAndroidを利用している方はVisaのタッチ決済を利用しましょう。

はじめ

QUICPayは国内で使える店舗が多いが、香港やインドネシアなどの一部地域以外は海外で使えない点に気をつけよう。

【使いすぎ防止】楽天EdyまたはモバイルSuicaもおすすめ!

Visaのタッチ決済やQUICPay以外にも、楽天EdyやモバイルSuicaでもタッチ決済が可能です。

それぞれスマホにアプリをダウンロードして、エポスカードからチャージして支払う方法です。

たとえば、モバイルSuicaにエポスカードから5,000円チャージすると、5,000円までタッチ決済で支払えます。

チャージした分以上は使えないので、使いすぎが気になる方は楽天EdyやモバイルSuicaにチャージしてタッチ決済を利用しましょう。

はるか

モバイルSuica楽天Edyの詳細は公式サイトで確認してね。

Visaのタッチ決済やQUICPayとの違い

Visaのタッチ決済やQUICPayと、モバイルSuicaや楽天Edyは支払い方法に違いがあります。

Visaのタッチ決済・QUICPayモバイルSuica・楽天Edy
支払い方法後払い式
(後日引き落とし)
前払い式
(チャージ分から引き落とし)
メリット残高を気にせず使える
(クレジットカード利用枠分)
使いすぎを防止できる
デメリット使いすぎに注意が必要チャージする手間がかかる

Visaのタッチ決済・QUICPayは利用した分を後から合算して支払う方式です。

たとえば、4月10日に5,000円利用、4月20日に10,000円QuickPayを利用すると、クレジットカードの引き落とし日に15,000円がまとめて銀行口座から引き落としになります。

一方モバイルSuicaや楽天Edyは事前にチャージした残高からその場で引き落としです。

楽天Edyに2万円チャージして5,000円の支払いをすると、その場で残高が15,000円になります。

はじめ

メリット・デメリットを見て、自分に合う支払い方法にしよう。

エポスカードのタッチ決済に必要なもの

エポスカードのタッチ決済に必要なもの

エポスカードでタッチ決済をするには、タッチ決済機能付きのエポスカードが必要です。

また、スマホでタッチ決済を利用するなら、タッチ決済に対応したスマホが必要になります。

自分のエポスカードやスマホがタッチ決済に対応しているのか、確認しておきましょう。

タッチ決済機能付きエポスカード

エポスカードにタッチ決済機能がついているかは「券面にあるマーク」を見ればわかります。

このマークがついているエポスカードならタッチ決済を利用できます。

お手持ちのエポスカードにタッチ決済機能付きのマークがない場合、エポスNetやエポスアプリから切り替え申請が必要です。

タッチ決済機能が使えるのか、自分のカードの券面を確認してみてくださいね。

タッチ決済できるスマートフォンなど

スマホでタッチ決済をするには、Apple PayやGoogle Payに対応したスマホが必要です。

Apple PayやGoogle Payにエポスカードを登録して、タッチ決済に使うからです。

【対応機種】
・iPhone→iPhone 7以降の機種
・Apple Watch→Apple Watch Series 2以降の機種
・Android→おサイフ機能付きの機種

お手持ちのスマホがApple PayやGoogle Payに対応しているか、確認しておきましょう。

スマホでエポスカードのタッチ決済をする設定方法

スマホでエポスカードのタッチ決済をする設定方法

スマホでエポスカードのタッチ決済をするには、事前にカードの登録が必要です。

iPhoneまたはApple Watchを利用する方はApple Payへの登録、Androidの方はGoogle Payへの登録が必要です。

それぞれの登録方法を見ていきましょう。

Apple Payへの登録方法

Apple Payにエポスカードを登録するには3つの方法があります。

【3つの方法】
・エポスアプリから登録
・ウォレットアプリから登録
・Watchアプリから登録

今回はウォレットアプリから登録する流れを見ていきます。

STEP
ウォレットアプリを開く
STEP
登録するカードを追加する
STEP
クレジットカード情報の入力と利用規約の確認
STEP
カード認証して設定完了

Google Payへの登録方法

Google Payにエポスカードを登録するには2つの方法があります。

【2つの方法】
・エポスアプリから登録
・Google Payアプリから登録

今回はGoogle Payから登録から登録する流れを見ていきましょう。

STEP
Google Payアプリを開いて支払い方法を選択
STEP
クレジットカード情報の入力
STEP
利用規約を確認してSMSメッセージを送信
STEP
届いた確認コードを入力して設定完了

【事前にチェック】タッチ決済の注意点

【事前にチェック】タッチ決済の注意点

タッチ決済をする前に2つ注意点があります。

2つの注意点
  • 一定額を超えるとタッチ決済できない
  • Visa加盟店でもタッチ決済に対応していない店舗がある

事前に注意点をチェックしてから、タッチ決済を実践してみましょう。

一定額を超えるとタッチ決済できない

一定額を超えるお買い物の場合、タッチ決済ができない場合があります。

【タッチ決済の上限金額】
・Visaのタッチ決済・・・原則1万円まで
・QUICPay・・・QUICPayのマークのみの店舗は上限2万円(QUICPay+のマークがある店舗は上限なし)

上限金額を超えるお買い物をする場合は、カードを挿して暗証番号を入力するか、カードのタッチ後にサインが必要になります。       

お買い物の金額が大きい場合、タッチ決済ができない場合があると頭に入れておきましょう。

Visa加盟店でもタッチ決済に対応していない店舗がある

Visaの加盟店でクレジットカード決済ができる店舗でも、タッチ決済に対応していない店舗があります。

タッチ決済には専用の端末が必要だからです。

Visaの加盟店でも、Visaのタッチ決済可能のマークがレジ付近にあるか事前に確認しておきましょう。

【実践】店頭でタッチ決済を利用する方法

【実践】店頭でタッチ決済を利用する方法

タッチ決済の準備ができたら、店舗で利用する方法を確認しておきましょう。

店舗で利用する方法
  • カード本体でタッチする場合
  • Androidのスマホでタッチする場合
  • iPhoneまたはApple Watchでタッチする場合
はじめ

使い方はとても簡単!自分が使う方法を見ておこう。

カード本体でタッチする場合

カード本体でタッチする場合は、エポスカード本体を用意して、レジの店員に「Visaのタッチで!」もしくは「クレジットカードのタッチ決済で!」と伝えます。

セルフレジの場合は「クレジットカード」を選択します。

レジの端末にエポスカードをかざすと決済音が鳴るので、以上で支払い完了です。

Androidでタッチする場合でタッチする場合

Androidのスマホでタッチ決済をする場合、レジの店員に「Visaのタッチ決済で!」もしくは「クレジットカードのタッチ決済で!」と伝えます。

セルフレジの場合は「クレジットカード」を選択します。

スマホ画面をオンにしてロックを解除してから、レジの端末にスマホをかざして決済音が鳴れば支払い完了です。

はるか

Google Payアプリを開かずに決済できるわ。

iPhoneまたはApple Watchでタッチする場合

「Visaのタッチ決済で!」もしくは「QUICPayで!」とレジの店員に伝えます。

セルフレジならVisaのタッチ決済は「クレジットカード」、QUICPayは「電子マネー」または「その他」を選択してください。

レジの端末にiPhoneかApple Watchをかざす際、操作に少し違いがあります。

タッチ決済音が鳴れば支払い完了です。

タッチ決済を沢山使うならポイント還元率の良いカードの検討も!

タッチ決済を沢山使うならポイント還元率の良いカードの検討も!

タッチ決済のポイント還元率が高いカードを使うと、ポイントが貯まりやすくてお得です。

タッチ決済のポイント還元率はカードごとに違うからです。

普段のお買い物でタッチ決済をよく使うなら、エポスカードよりもポイント還元率の高いカードを検討してみましょう。

エポスカードのタッチ決済還元率は0.5%

エポスカード200円(税込)につき1エポスポイントが貯まります。

決して低い還元率ではないので、ポイントを重視しない方はエポスカードのタッチ決済で十分です。

タッチ決済でもポイントを貯めたい!と考えている方は、ポイント還元率を比較してみましょう。

タッチ決済還元率の比較表

エポスカードと同様に年会費が無料でタッチ決済を使えるカードです。

タッチ決済時のポイント還元率と、使えるタッチ決済の種類を確認しておきましょう。

電子マネーのチャージはクレジットカードによってポイント還元の有無が変わるので、使いたい電子マネーがある方はポイントがつくカードを選んでくださいね。

エポスカード
リクルートカード
リクルートカード
楽天カード
セブンカード・プラス
三井住友カード(NL)
三井住友カード
タッチ決済の還元率
0.5%

1.2%

1%

0.5%

0.5%~7%※6
使えるタッチ決済Visaのタッチ決済QUICPay※JCBのタッチ決済
QUICPay※2
Visaのタッチ決済Mastercardのタッチ決済
JCBのタッチ決済QUICPay※
JCBのタッチ決済QUICPay
Visaのタッチ決済Mastercardのタッチ決済
iD
電子マネーチャージでの還元率0.5%0.75%~1.2%※30.5%0.5%0.5%
チャージでポイントがつく電子マネーモバイルSuica
楽天Edy
モバイルSuica
楽天Edy※4
SMARTICOCA※4
楽天Edy
楽天ペイのSuica※5
nanacoモバイルSuica※7
2024年3月時点

※Apple Payのみ対応

※2JCBのみ対応

※3JCBは0.75%、Visa、Mastercardは1.2%

※4Visa、Mastercardのみ

※5Android™端末のみ対応

※7Google Payのみ対応

リクルートカード(JCB)ならタッチ決済でも1.2%の高ポイント還元

リクルートカード(JCB)はタッチ決済でも常時1.2%の高還元カードです。

コンビニ、飲食店、どこで使っても1.2%の高還元を受けられる年会費無料のカードは他にありません。

ただし、タッチ決済が使えるのは国際ブランドがJCBの場合のみです。

国際ブランドはJCBで構わない方は、リクルートカードを検討してみてくださいね。

業界トップクラスの高還元率!【リクルートカード】

ポイント還元率国際ブランド付帯保険※利用付帯
1.2%~Visa
Mastercard
JCB

海外旅行傷害保険
最高2000万円
年会費専用アプリ追加カード

永年無料

なし
ETCカード、家族カード
Good point
  • 公共料金の支払いでも1.2%の高還元
  • リクルートのサービスを利用で最大4.2%還元
  • 上限3万円まで電子マネーチャージで1.2%の高還元

常時1.2%の高還元で人気のクレジットカードです。

年会費は永年無料!公共料金や税金の支払いでも還元率が落ちないので固定費の支払いにピッタリ!

リクルートサービスを利用すれば、最大4.2%の高還元で外食、旅行、美容院、ネットショッピングを楽しめますよ。

楽天カードなら1.0%還元!使える国際ブランドも豊富

楽天カードなら1.0%の高還元でタッチ決済ができます。

楽天カードはVisa、Mastercard、JCBの3つの国際ブランドのタッチ決済に対応しているので、好きなブランドを選べます。

QUICPayにも対応しているので、スマホでのタッチ決済も可能です。

自分の好きな国際ブランドを選びたいなら、楽天カードを検討してみましょう。

【楽天カード】ポイントがザクザク貯まる!楽天市場で最大16.5倍のポイント還元

※1 特典(期間限定ポイント含む)の進呈には条件がございます。

※1 10,000ポイントのうち、入会特典2,000ポイントは、楽天カード会員様専用のオンラインサービス「楽天e-NAVI」に初回登録が完了した2日前後で進呈いたします。また、カード利用特典の8,000ポイント(6,000ポイントは期間限定ポイント、2,000ポイントは通常ポイント)については、対象期間にカードショッピングを1回以上ご利用、口座振替設定期限の時点で口座振替設定がされているなど所定の条件があります。
本企画は、途中で変更・中止する場合がございます。

還元率国際ブランド付帯保険
1%~VISA
Mastercard
JCB
American Express

海外旅行傷害保険
最高2,000万円
年会費専用アプリ追加カード

無料

楽天e-NAVI
家族カード
ETCカード
Good point
  • 楽天市場の買い物でポイント還元率常時3%以上、最大16.5倍
  • 新規入会&利用キャンペーンは5,000~8,000ポイントプレゼントが多く、ごくたまに10,000ポイントのことも

とにかく楽天ポイントが貯まりやすいカードで、ポイントの使い道も豊富です。

毎月のカード支払い額の1.0%がポイント還元されるので、使い分けが面倒な人におすすめですよ。

楽天カード決済で楽天証券の投信積立をすると、決済額に応じて楽天ポイントが付与されます。

楽天カード新規入会&利用でポイントGET

まとめ エポスカードのタッチ決済を使ってお買い物を楽しもう

ここまでエポスカードのタッチ決済について解説してきました。

今回の記事のまとめです。

エポスカードはVisaのタッチ決済とQUICPayの2つのタッチ決済を使える
・タッチ決済をするには、タッチ決済機能付きのエポスカードとスマホが必要
・エポスカードをApple PayもしくはGoogle Payに登録すればスマホでタッチ決済を使える
・買い物の金額が大きい場合や店舗がタッチ決済に非対応の場合は使えない
・タッチ決済をもっとお得に使いたいなら還元率の高いリクルートカード楽天カードがおすすめ

那須

タッチ決済は使い方も簡単で1秒で決済を完了できます。

あなたも便利なタッチ決済を使ってお買い物を楽しんでくださいね。

最後まで記事を読んでいただき、ありがとうございました。

※記事内注釈

【三井住友カード(NL)】

ポイント還元率について

  • スマホのVisaのタッチ決済・Mastercard®タッチ決済で支払うことが条件です。
  • iD、カードの差し込み、磁気取引は対象外です。
  • 商業施設内にある店舗などでは、一部ポイント付与の対象となりません。
  • 一定金額(原則1万円)を超えると、タッチ決済でなく、決済端末にカードを挿しお支払いただく場合がございます。その場合のお支払い分は、タッチ決済分のポイント還元の対象となりませんので、ご了承ください。上記、タッチ決済とならない金額の上限は、ご利用される店舗によって異なる場合がございます。
  • 通常のポイントを含みます。
  • ポイント還元率は利用金額に対する獲得ポイントを示したもので、ポイントの交換方法によっては、1ポイント1円相当にならない場合があります

クレカ積立の付与率に関して

  • 2024年9月10日(火)積立設定締切分(2024年10月1日(火)買付分)までのポイント付与。以降は対象カードごとのカードご利用金額などに応じたポイント付与率になります。

発行スピードについて

  • 即時発行ができない場合があります。

特典について

  • 特典付与には条件・上限があります。詳細は三井住友カードのホームページをご確認ください。

【三井住友カード ゴールド(NL)】

年会費について

  • 年間100万円のご利用で翌年以降の年会費永年無料
  • 年間100万円利用の対象取引や算定期間等の実際の適用条件などの詳細は、三井住友カードのホームページを必ずご確認ください。

クレカ積立の付与率に関して

  • 2024年9月10日(火)積立設定締切分(2024年10月1日(火)買付分)までのポイント付与。以降は対象カードごとのカードご利用金額などに応じたポイント付与率になります。

【三井住友カード プラチナプリファード】

  • 2024年9月10日(火)積立設定締切分(2024年10月1日(火)買付分)までのポイント付与。以降は対象カードごとのカードご利用金額などに応じたポイント付与率になります。
  • 三井住友カードつみたて投資のご利用金額は、プラチナプリファードの新規入会&利用特典、継続特典の付与条件であるご利用金額の集計対象となりません。(2024年4月現在)

【セゾンカードインターナショナル】
【セゾンパール・アメリカン・エキスプレス®・カード】

還元率に関して

  • ご利用金額が年間合計30万円(税込)に達する引落月までが対象となります。
  • 永久不滅ポイントは通常1,000円(税込)のご利用毎に1ポイント貯まります。
  • 1ポイント5円相当のアイテムと交換の場合となります。
  • 交換商品によっては、1ポイントの価値は5円未満になります。

【JCBカードW】

発行スピードについて

カードのお申し込みから最短5分程度(※1)で審査が完了し、すぐにMyJCBアプリでカード番号等の確認ができます。カードを受け取る前に、ネットショッピングや店頭で利用できます。(※2)
(※1)モバ即の入会条件は以下2点になります。
【1】 9:00AM~8:00PMでお申し込み。
【2】 顔写真付き本人確認書類による本人確認。(運転免許証/マイナンバーカード/在留カード)
(※2 )モバ即での入会後、カード到着前の利用方法について、詳しくはHPをご確認ください。

還元率について

※最大還元率はJCB PREMOに交換した場合

エポスカードのタッチ決済についてよくある質問

エポスカードはタッチ決済を使えるの?

エポスカードは2種類のタッチ決済を使えます。詳しくは記事内を参照ください。

>> エポスカードは2つの方法でタッチ決済が使える

スマホでタッチ決済をするにはどうすればいい?

iPhoneならApple Payへの登録、AndroidならGoogle Payへの登録が必要です。登録方法は記事内で詳しく解説しています。

>> スマホでエポスカードのタッチ決済をする設定方法

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次