\ Amazonプライムデー先行セール開催中! /

VALORANTで144fps出すPCスペックはこれ!ゲーミングノートPCでも快適です!

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
VALORANTで144fpsを出すPCスペックを紹介 グラボ別にfps計測しています
  • VALORANTをやってみたいけど、どれぐらいのスペックがあればいいの?
  • VALORANTにおすすめのゲーミングPCは?

VALORANT(ヴァロラント)はFPSゲームの中でも処理が軽いゲームです。RTX 3060のグラフィックボードがあれば144fpsどころか300fps以上出すことも可能です。

VALORANTはゲーミングノートPCとも相性がいいので、省スペースで遊びたい方も参考にしてください。

この記事では、VALORANTのfps計測結果や設定、快適にプレイできるゲーミングPCの紹介をしていきます。

すぐにパソコンが見たい方はこちらからどうぞ

目次(見たいところからチェック!)
Amazon プライムデー 先行セール
  • Amazonプライムデー開催!
  • 7月15日(月)23:59まで!
  • 最大15%ポイントアップキャンペーン!

VALORANTの必要スペック

VALORANTの必要PCスペック
出典:VALORANT公式

ヴァロラントの最低スペック(30fps)

項目最低スペック
OSWindows 10/11 64ビット版
CPUIntel Core2 Duo E8400
AMD Athlon 200GE
メモリ4GB
GPUItel HD 4000
Radeon R5 200
グラフィックメモリ1GB

もはやこのスペックのパソコンを探す方が大変です。また、一瞬を争うFPSゲームを30fpsでプレイするのは無謀と言っても過言ではありません。

腕前以前に、パソコンの処理速度で負ける確率が上がります。最低スペックでのプレイは止めましょう。

ヴァロラントの推奨スペック(60fps)

項目推奨スペック
OSWindows 10/11 64ビット版
CPUIntel Core i3-4150
AMD Ryzen 3 1200
メモリ4GB
GPUGeforce GT 730
Radeon R7 240
グラフィックメモリ1GB

最低でも推奨スペック以上でプレイすることをおすすめします。

推奨スペックと言っても、かなり貧弱なスペックです。最近のPCなら、このスペックを上回るものばかり。よほど古いパソコンを使わないかぎり問題はないでしょう。

ヴァロラントのハイエンドスペック(144fps)

項目ハイエンドスペック
OSWindows 10/11 64ビット版
CPUIntel i5 9400F
AMD Ryzen 5 2600X
メモリ4GB
GPUGTX 1050Ti
Radeon R7 370
グラフィックメモリ1GB

144fpsでもこのスペック。かなり動作が軽いゲームということがわかります。

いま、このぐらいのパソコンを準備しようとしても中古でしか手に入らなくなってきました。VALORANT以外のゲームも遊ぶことを考えるとRTX3060以上のパソコンを準備しておきたいですね。

VALORANTはPC版しかありません。PS4やPS5、Switchでは遊べません。

\すべて無料で遊べます!/

VALORANTのfps計測結果

VALORANT fps計測時のプレイ画像

グラボ別にfps計測をしました。

fps計測には、MSI AFTERBURNERを使っています。

  • ゲームモードはアンレート。
  • キャラクターはフェイドを使用。
VALORANT グラボ別fps計測結果

4K解像度以外はどれも似たような平均fpsになりました。

解像度が高くなるにつれてバトル中のfps変動が大きくなってきますが、プレイに支障があるような差はありませんでした。

ここから、グラボ別バトル中fps変動のグラフと説明をしていきます。

RTX3060のfps計測結果

VALORANTは動作が軽いFPSゲームなので、RTX 3060で快適にプレイが可能です。

4K解像度でグラフィックの設定を高くするとfpsは落ちますが、それでも150fps前後は出るのでプレイに支障はありません。

RTX3060 fps計測結果のまとめ

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定 :未計測
  • 高設定 :300fps(200fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定 :未計測
  • 高設定 :271fps(228fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:295fps(280fps)
  • 高設定:147fps(139fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3060のフルHD(1920 x 1080)の結果

VALORANT_RTX3060_High
RTX3060 フルHD 高設定 fps計測結果

ゲーム中は300fps以上出ており、処理落ちは一瞬たりとも感じませんでした。

RTX 3060のWQHD(2560 x 1440)の結果

RTX 3060 WQHD 高設定 fps計測結果
RTX3060 WQHD 高設定 fps計測結果

WQHD解像度でグラフィックを高設定にしても200fps以上出ていました。

非常に快適にプレイができています。

RTX 3060Tiの4K(3840 x 2160)の結果

RTX 3060 4K 低設定 fps計測結果
RTX3060 4K 低設定 fps計測結果
RTX 3060 4K 高設定 fps計測結果
RTX3060 4K 高設定 fps計測結果

4K解像度でも低設定なら200fps以上出ていました。

高設定になるとfpsが落ちてきますが、バトル中は140fps前後出るので支障はないでしょう。

VALORANTはグラフィックを低設定にすれば、グラフィックボードはRTX 3060で十分快適にプレイできます。

>>RTX3060が搭載されたパソコン一覧を見る

RTX 3060Tiのfps計測結果

WQHD解像度まではバトル中に200fpsを切ることがほぼありませんでした。

4Kになるとスキルのエフェクトが表示されたときなど、180fpsぐらいまで落ち込みましたが、カクツキなどは無く快適にプレイができました。

RTX3060Ti fps計測結果のまとめ

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定 :342fps(232fps)
  • 高設定 :308fps(214fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定 :337fps(210fps)
  • 高設定 :293fps(178fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:290fps(208fps)
  • 高設定:203fps(181fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3060TiのフルHD(1920 x 1080)の結果

RTX 3060Ti フルHD 低設定 fps計測結果
RTX 3060Ti フルHD 低設定 fps計測結果
VALORANT RTX 3060Ti フルHD 高設定のfps
RTX 3060Ti フルHD 高設定 fps計測結果

RTX 3060Tiの計測結果です。RTX 3060より最高fpsは高く出ていました。

使うモニターが360Hzになると効果はあるかもしれませんが、240Hzまでのモニターであれば十分すぎるfpsが出ています。

RTX 3060TiのWQHD(2560 x 1440)の結果

VALORANT RTX 3060Ti WQHD 低設定のfps
RTX 3060Ti WQHD 低設定 fps計測結果
VALORANT RTX 3060Ti WQHD 高設定のfps
RTX 3060Ti WQHD 高設定 fps計測結果

WQHDの解像度でもRTX 3060Tiは快適にプレイができました。

図をみてもらうとわかるように、低設定では購入フェーズ以外で200fpsを切ることがほとんどなくプレイに集中することができます。高設定でも170fps以上出ているため、処理落ちを感じることはありませんでした。

RTX 3060Tiの4K(3840 x 2160)の結果

VALORANT RTX 3060Ti 4K 低設定のfps
RTX 3060Ti 4K 低設定 fps計測結果
VALORANT RTX 3060Ti 4K 高設定のfps
RTX 3060Ti 4K 高低設定 fps計測結果

RTX 3060Tiで4Kモニターを使った場合、高設定でもプレイ中は200fps以上出ていました。

スキルを使ったときエフェクトによってfps低下が起こりますが、それでも180fps前後は出ていたのでプレイに集中することができます。

グラフィック設定を全て「低」にすることでより安定したfpsが出せるので、RTX 3060Tiであれば4Kモニターをお考えの方でも問題はないでしょう。

>>RTX3060Tiが搭載されたパソコン一覧を見る

RTX 3070のfps計測結果

RTX3070 fps計測結果のまとめ

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定 :341fps(281fps)
  • 高設定 :300fps以上(270fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定 :328fps(278fps)
  • 高設定 :315fps(259fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:336fps(180fps)
  • 高設定:232fps(166fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3070 フルHD(1920 x 1080)の結果

VALORANT RTX3070 フルHD 低設定のfps結果
VALOEANT RTX 3070 フルHD 低設定の結果
RTX3070でVALORANTをプレイした結果
VALOEANT RTX 3070 フルHD 高設定の結果

バトル中は240fps~380fps出ていました。つねに200fps以上出ているので、処理落ちは全く感じません。

グラフで一定間隔でfpsが落ちているところは、購入フェーズで武器購入画面を開いた時です。購入フェーズでは180fps程度まで落ち込みますが、バトルには影響ありません。

RTX 3070 WQHD(2560 x 1440)の結果

VALORANT RTX3070 WQHD 低設定のfps結果
VALOEANT RTX 3070 WQHD 低設定の結果
VALORANT RTX3070 WQHD 高設定のfps結果
VALOEANT RTX 3070 WQHD 高設定の結果

WQHDになると、ポイズンクラウドのようなスキル発動したとき少し幅広めにfpsが落ちました。

それでもバトル中のほとんどで200fpsが出ているので、カクツキやプレイに支障がでることはありませんでした。

購入フェーズに入ると一時的にfpsが低下しますが、バトルへの影響は無いので心配いりません。

RTX 3070 4K(3840 x 2160)の結果

VALORANT RTX3070 4K 低設定のfps結果
VALOEANT RTX 3070 4K 低設定の結果
VALORANT RTX3070 4K 高設定のfps結果
VALOEANT RTX 3070 4K 高設定の結果

4K解像度の低設定はfpsも高く維持され、とても快適です。

高設定になるとエフェクトが表示されたときにfpsが低下しますが、それでも144fpsより落ちることはなかったので非常に快適と言っていいでしょう。

RTX3060でも十分快適ですが、RTX3070にするとさらに高いfpsが得られました。

>>RTX3070が搭載されたパソコン一覧を見る

RTX 3080のfps計測結果

RTX 3080とフルHD、4Kの計測結果です。

どの解像度でも200fps以上出ており、快適にプレイができました。

RTX3080 fps計測結果のまとめ

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低設定 :300fps以上(254fps)
  • 高設定 :300fps以上(272fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低設定 :374fps(212fps)
  • 高設定 :331fps(249fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:371fps(273fps)
  • 高設定:287fps(199fps)

※平均値です。()内は最低fps。

RTX 3080 フルHD(1920 x 1080)の結果

VALORANT RTX3080 フルHD 低設定のfps結果
VALOEANT RTX 3080 フルHD 低設定の結果
VALORANT RTX3080 フルHD 高設定のfps結果
VALOEANT RTX 3080 フルHD 高設定の結果

フルHDでは500fpsオーバーしているところが多く、RTX 3080はオーバースペックと言えます。

RTX 3080 WQHD(2560 x 1440)の結果

VALORANT RTX3080 WQHD 低設定のfps結果
VALOEANT RTX 3080 WQHD 低設定の結果
VALORANT RTX3080 WQHD 高設定のfps結果
VALOEANT RTX 3080 WQHD 高設定の結果

WQHDでも高いfpsを維持することができています。

購入フェーズ以外は200fps以上出ていたので、まったくストレスを感じることはありませんでした。

RTX 3080 4K(3840 x 2160)の結果

VALORANT RTX3080 4K 低設定のfps結果
VALOEANT RTX 3080 4K 低設定の結果
VALORANT RTX3080 4K 高設定のfps結果
VALOEANT RTX 3080 4K 高設定の結果

4K(3840 x 2160)とグラフィック品質が高設定にもかかわらず、ゲーム中は常に240fps以上出ており、処理落ちは一瞬たりとも感じませんでした。

>>RTX3080が搭載されたパソコン一覧を見る

RTX4070の4Kでも計測してみた

RTX4070で4K(3840 x 2160)解像度の計測をしてみました。

4Kで240fps~300fps出ているので、WQHDやフルHDでも高いfpsが出ます。

CPUはCore i5-13400Fを使っています。

RTX4070 fps計測結果のまとめ

■4K(3840 x 2160)

  • 低設定:322fps(282fps)
  • 低設定:287fps(264fps)

※平均値です。()内は最低fps。

VALOEANT RTX 4070 4K 低設定の結果
VALOEANT RTX 4070 4K 低設定の結果
VALOEANT RTX 4070 4K 高設定の結果
VALOEANT RTX 4070 4K 高設定の結果

RTX 4070とCore i5-13400Fの組み合わせでも、余裕で240fpsを超えてきます。

>>RTX4070が搭載されたパソコン一覧を見る

RTX 3080の販売が終了してきているので、次の候補を考えるならRTX 4070を検討してみてはいかがでしょか。

RTX 4070の実機レビューもしていますので、こちらの記事も参考にしてください。

ゲーミングノートPCでプレイしてみた

ドスパラの10万円で買えるゲーミングノートPC「GALLERIA RL5R-G165」でプレイをしてみました。

GALLERIA RL5R-G165

グラフィック設定を低くすれば最低170fps。平均200fpsを超える結果に。

グラフィック設定を高くしても平均144fps以上出せていました。

VALORANT RL5R-G165のfpsグラフ
VALORANTの平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低:221fps(171fps)
  • 153fps(139fps)

※平均値です。()内は最低fpsです。

ゲーム中のfps変動グラフ(ここを押すと開きます)

グラフィック設定を低すると200fpsを超えてきます。VALORANTはグラフィック設定を下げても見た目の差がわかりにくく、プレイへの影響もありません。

RL5R-G165でVALORANT グラフィック低設定
VALORANT 低設定

グラフィック設定を高くしても平均144fps以上。液晶が144Hzなので、グラフィック設定を高くしても性能を引き出せています。

RL5R-G165でVALORANT グラフィック高設定
VALORANT 高設定

高設定でVsyncをオンにしてみました。バトル中は、ほぼ144fpsになります。ところどころfpsが落ちているところは、ターン切替の間にある購入フェーズ。バトル中は高いfpsが維持できています。

RL5R-G165でVALORANT グラフィック高設定とVsyncオン
VALORANT 高設定とVsyncオン

GALLERIA RL5R-G165でグラフィック設定を高くしても140fps以上出すことができました。

他のFPSと違いゆったりとゲームが進行するので、ノートPCのキーボードでも操作に影響が少なくプレイできます。

今回検証したゲームの中で、GALLERIA RL5R-G165に一番マッチしたゲームはVALORANTだと感じました。

>>GALLERIA RL5R-G165のレビュー記事はこちら

VALORANTにおすすめのゲーミングPCを紹介

この記事で紹介したようにグラフィックボードをRTX3060以上にすることで、VALORANTを144FPS以上で快適に遊べます。

各社比較して導き出した、コストパフォーマンスが良いゲーミングパソコンを紹介しますので、参考にしてください。

RTX3060 搭載ゲーミングPC(設定次第でほとんどのゲームが快適!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様評価備考
送料無料
LEVEL ミニタワー
LEVEL
M77M-134F-RBX

icon
CPU:Core i5-13400F
グラボ:RTX3060
チップセット:B760
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR5 16GB
電源:700W
(80PLUS BRONZE)
参考価格:145,800円
無料会員は送料無料。
ツクモ ゲーミングパソコン
G-GEAR
GA5J-C230/B3
CPU:Core i5-13400F
グラボ:RTX3060
チップセット:B660
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 16GB
ドライブ:DL対応

DVDスーパーマルチ
電源:750W

(80PLUS GOLD)
参考価格:147,800円
送料2,200円~4,400円。
RTX3060搭載ゲーミングパソコン

無料会員で送料無料!少し拡張性もあるミニタワー!

LEVEL ミニタワー

LEVEL-M77M-134F-RBX

参考価格:145,800円

パソコン工房のLEVELシリーズ。電源が700Wあるので、将来のグラボアップグレードやSSDの増設など、問題なありません。LEVELのミニタワーはシンプルなデザインですが高級感があり、インテリアとしてお部屋においておけます。eスポーツにスポンサーとして参加しているLEVEL。ゲーミングPCのクオリティは高いです。

将来の拡張性を考えるならこれ!

ツクモ ゲーミングパソコン

G-GEAR GA5J-C230/B3

参考価格:147,800 

ケースの大きさと電源750Wが将来の拡張性を持っています。グラボのアップグレードやパーツの増設にも対応可能。DVDマルチドライブが標準搭載されているので、CDやDVDの視聴もできます。まずはコストを抑えてRTX3060からスタート。将来的にグラボ交換でアップグレード!が実現できるゲーミングPCです。

RTX3060 Ti 搭載ゲーミングPC(ほとんどのゲームが快適!)

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様評価備考
会員は送料無料!
LEVEL ミニタワー
パソコン工房
LEVEL-M77M

134F-SAX
CPU:Core i5-13400F
グラボ:RTX3060Ti
チップセット:B760
SSD:500GB NVMe
メモリ:DDR4 16GB
電源:700W
(80PLUS BRONZE)
参考価格:163,700円
送料2,200円。
沖縄・離島は
送料6,600円。
会員は送料無料。
RTX3060Ti搭載ゲーミングパソコン

無料会員登録で送料無料!

LEVEL ミニタワー

LEVEL-M77M-134F-SAX

参考価格:163,700円

チップセットにB760、DDR4メモリー16GB、SSD 500GB NVMe Gen3と、コストを抑えた構成です。電源が700Wあるので、将来的にグラボのアップグレードにも対応。無料会員登録すると送料無料にるのは大きいですね。

RTX3070 搭載ゲーミングPC(高fpsで快適に遊ぶならこれ!)

※ほとんどのRTX3070搭載PCは販売が終了しました。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様価格評価備考
FRONTIER GH Black
FRONTIER
FRGH670/Q3
CPU:Core i7-13700F
グラボ:RTX3070
チップセット:H670
SSD:1TB NVMe
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W
(80PLUS GOLD)
242,800円送料2200円~4400円。
RTX3070搭載ゲーミングパソコン

メモリ32GBと電源850W!クリエイティブ作業も快適です!

FRONTIER GH Black

FRONTIER FRGH670/Q3

参考価格:242,800円

チップセットにH670、DDR4 32GB、SSD 1TB NVMe。CPUクーラーにDeepcool AK400が採用されています。メモリが32GB搭載されているので配信や動画編集、画像加工など、クリエイティブ作業でも快適。電源が850Wあるので、パーツの増設やグラボアップデートにも対応できます。長く使えるゲーミングPCです。

RTX3080 搭載パソコン

各メーカーで販売終了しています。同等の性能なRTX4070を検討してください。

RTX4070 搭載パソコン(RTX3080同等の性能!)

RTX4070はRTX3080と同じぐらいの性能があります。しかも消費電力200Wと、RTX3080の320Wから大幅に省電力化されているところがポイントです。

RTX 4070を詳しく知りたい方は、こちの記事をご覧ください。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様ゲーム
/配信
デザイン静音性サポート特徴
光らない
落ち着いた
デザイン

ツクモ ミドルタワー
G-GEAR
GE7J-D242/B

参考価格:
269,980
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:空冷式
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR5 32GB
電源:750W 80PLUS GOLD
送料:2,200円
公式サイトを見る
光らないPCがほしい人向け。
落ち着いた雰囲気のPCケース。
どんなお部屋にも合うデザインです。
カスタマイズの幅が広く、好みのスペックにできます。
納期が早くて
すぐ遊べる

ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R47

参考価格:
269,980
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:650W 80PLUS BRONZE
送料:3,300円
沖縄・離島は6,600円
>>XA7C-R47レビュー記事
公式サイトを見る
何でもそつなくこなせる。
ドスパラは納期が早い。
マイクラとXBOX Game Pass付き。
到着してすぐに遊びたい人におすすめです。
Wifi搭載の
フル装備!

マウスコンピュータ ゲーミングパソコン
G-Tune
DG-I7G70

参考価格:
269,800円
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:水冷240mm
グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 32GB
(16GBx2)
無線:Wi-Fi 6E、Bluetooth5
電源:750W 80PLUS BRONZE
送料:無料
公式サイトを見る
ゲーム中でも、音がとても静か。
動画配信時も騒音が入らない。
ケースの見た目は若干古く感じるが、
24時間電話対応や3年保障などサポートが充実。
特に初心者は安心です。
鏡界シリーズ!
インテリアPC!

STORM 鏡界
STORM
PG-KFS47

参考価格:
278,000円
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:画像表示機能付き
水冷CPUクーラー

グラボ:RTX4070
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W 80PLUS GOLD

送料:2,200円
>>鏡界PCケースのレビュー記事
公式サイトを見る
デザインが抜群。
インテリアとして置け、部屋が明るくなる。
ファンの音が大き目で、配信のときに気になるかも。
使われているPCパーツや、ビルドクオリティがとても高く
持っているだけで高い満足感が得られます。

おすすめRTX4070搭載パソコン

光らない落ち着いたデザイン!

ツクモ ミドルタワー

G-GEAR GE7J-D242/B

参考価格:269,980

Core i7-14700FとメモリにDDR5 32GB、NVMe SSD 1Tを搭載。SSDの容量は余裕があります。

光らないPCケースで、落ち着いたデザイン。どんなお部屋にも合わせられます。

ツクモのPCはカスタマイズの幅が広く、好みのスペックに変更可能。

もちろん、標準構成で十分なスペックがあります。

初心者から上級者まで、満足いくPCです。

\満足スペックのPC!/

最短翌日出荷!マイクラとXbox Game Pass付き!

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA XA7C-R47

参考価格:269,980

Core i7-14700FとメモリにDDR4 32GB、NVMe SSD 1Tを搭載。SSDの容量にも余裕があります。

M.2 SSDスロットが全部で3つあるので、将来の増設も安心。CPUとグラボは性能が高く、長く使えるゲーミングPCです。

ドスパラは納期が早く、すぐにゲームがしたい人におすすめです!

>>XA7C-R47レビュー記事はこちら

\最短翌日出荷!/

マイクラとXbox Game Pass付属ですぐに遊べる!

サポート充実!水冷とWifi搭載のフル装備!

マウスコンピュータ ゲーミングパソコン

G-Tune DG-I7G70

参考価格:269,800円

Core i7-14700FとDDR5 32GB(16Gx2)。SSDにNVMe Gen4 1TBを搭載。水冷240㎜を採用し、冷却効果を高めてCPUパワーを引き出します。Wi-Fi6EとBluetooth5を標準で内臓。LAN線が引けない部屋でも無線通信が可能です。

24時間電話サポートと3年間のセンドバック保障が付いているので、PC初心者の方も安心。さらに送料無料。

全てが詰まったオールインワンのゲーミングPCです。

\さらに送料無料/

24時間電話サポート!
3年間のセンドバック保障付き!

境界!270度ガラスで魅せるゲーミングPC!

STORM 鏡界

STORM PG-K14FS47

参考価格:278,000円

>>鏡界の実機レビュー記事はこちら

Core i7-14700Fとメモリ32GBを搭載。PCの中が透けて見える、魅せるゲーミングPCです。

画像表示機能付きCPUクーラーは、解像度が高く綺麗な画像やアニメーションを表示可能。

270度強化ガラスで、綺麗なインテリアPCとして仕上がっています。

中が見えるだけでなく、CPUクーラーやグラフィックボードなどが白で統一されています。綺麗でずっと見ていたいゲーミングPCです!

\ナノダイヤモンドグリスにアップグレード中!/

10万円で買えるゲーミングノートPC

VALORANTが快適にプレイできるGALLERIA RL5R-G165。価格が約10万円と、ゲーミングノートPCの中でも安い部類に入ります。

グラボにGTX 1650を搭載しており、Apexなども100fps前後でプレイ可能。

カジュアルにゲームをプレイしたい人に、価格や性能がマッチしたゲーミングノートPCです。

10万円で買えるゲーミングノートPC!Minecraft同梱ですぐ遊べる!

GALLERIA RL5R-G165

GALLERIA RL5R-G165

参考価格:99,980円

  • AMD Ryzen 5 6600H
  • NVIDIA GeForce GTX 1650 4GB
  • 144Hz液晶モニター
  • DDR5 16GB
  • SSD 500GB

ApexやVALORANTなど、処理の軽いゲームなら100fps以上だせる!手軽にゲームを楽しみたい方向けのゲーミングノートPCです!基本的に翌日出荷で納期が早い。少しでも早くゲーミングPCがほしい方におすすめです。

\翌日出荷ですぐに届く/

GALLERIA RL5R-G165のレビューをこちらの記事で紹介しています。VALORANTをゲーミングノートPCでプレイしたい方は参考にしてください。

VALORANTのQ&A

VALORANTはグラボなしのPCで遊べるの?

そこそこ遊べるが、快適に遊べないです。

VALORANTの最低システム要件では、グラフィックに関して以下のようになっています。

GPU: Itel HD 4000 / Radeon R5 200

VALORANTはCPUの性能に左右されることが多く、多少GPU性能が低くても動作します。

最低システム要件にあるように、CPU内臓グラフィックでも動作は可能。グラフィック設定を下げることで50~60fps前後でることもあります。

グラボが搭載されたPCだと144fpsどころか240fpsも出す事が可能なため、VALORANTのような競技性の高いシューターゲームの場合、グラボが搭載されたPCを使う方がスムーズな動作で有利になります。

FPSゲームは最低60fps。可能な限り120fps以上フレームレートが無いと、撃ち合いで負ける確率が高くなります。VALORANTは内臓GPUでもプレイできますが、勝負のことを考えるとおすすめはできません。

グラフィックボードが搭載されたPCで、快適にプレイすることをおすすめします。

VALORANTはグラボ(GPU)とCPUどっちが重要?

VALORANTはCPU性能の方が影響が大きいです。

この記事を見ていただいてもわかるように、グラボのグレードを上げてもfpsは上がりますが、古いCPUでは一定以上の能力が出せません。

Core i5-12400とRTX 3060以上が搭載されたゲーミングPCなら、かなり快適にプレイすることができます。

FPSゲームは、一瞬で勝負が決まります。

快適な環境があることでプレイ中のカクツキや相手とのfps差など実力以外で負ける確率を減らすことができ、プレイに集中することができるようになります。

>>VALORANTにおすすめのゲーミングPCを見る

VALORANTのfps計測時グラフィック設定

VALORANT ビデオ設定

ゲーム内の一般設定で解像度を変更して、fps計測をしています。

モニターの項目で「ACR073D(3840 x 2160)」という表示になっていますが、なぜこうなっているかわかりません。

グラフィック品質

VALORANT グラフィック設定

高設定でfps計測する時は、項目を全て「高」に設定。VSync以外をオンにしています。

低設定はマテリアル以下を全て「低」に設定。ビネット以下を全てオフにしています。

アンチエイリアスと異方性フィルタリングは変更していません。

fps計測以外、ゲームプレイ時もVSyncは必ずオフにします。オンにしているとティアリングは防げますが、モニターのリフレッシュレートと同期されてしまい、描画処理が遅くなります。

VALORANTの評価が高いポイント

  • VALORANTはPC版しかありません。PS4やPS5、Switchでは遊べません。
  • VALORANTはキーボードとマウス操作しかできません。ゲームパッドでは遊べません。
  • VALORANTにはエイムアシストがありません。
  • エイムは完全に自力なので、上手くなればなるほど実力が発揮できます。

上記のように、VALORANTはPCユーザー同士でしか戦いません。

別ゲームにあるようなCS機のエイムアシストが無い為、公平な対戦が可能となっています。

今のところチーターも少なく、エイムアシストの差もないところが評価の高いポイントの一つになっています。

VALORANTのfps計測に使ったゲーミングパソコン

STORM PG-WG12 ゲーミングパソコン

今回使用したのは、のゲーミングパソコンです。

PCのスペックはこちら。

項目内容
OSWindows 11 64ビット home
CPUIntel Core i5-12600KF(10コア/16スレッド 3.7GHz)
CPUクーラー水冷式クーラー(MSI)
メモリ16GB
マザーボードPRO B660-A DDR4(MSI)
GPUNvidia GeForce RTX 3060 / GDDR6 12GB
SSDM.2 Gen3 500GB
電源850W (80PLUS Gold)
備考マザーボードのM.2スロットは2つ。両方Gen4対応です。
型番STORM PG-WG12(販売終了しています)
STORMのゲーミングパソコン仕様

BTOパソコンショップ STORMのことが詳しく知りたいかたはこちらで詳しく紹介しています。

モニターはAcerのIPSパネルモニターを使っています。

  • 使用モニター:Acer VG270Sbmiipfx
  • 概要:27インチFullHD(1920×1080) リフレッシュレート165Hz

IPSパネルは発色が良く、視野角が広くて使いやすいですよ!

\Amazonプライムデー先行セール開催中!/
Amazon
\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場
\ポイント5%還元!/
Yahooショッピング

Hz(リフレッシュレート):1秒間に何回描画できるかの値。144Hzのモニターは1秒間に144回描画できる能力を持つ。モニターの表示能力。
fps(フレームレート):1秒間に何回画像を描画しているかの値。144fpsなら1秒間に144回描画している。パソコンの描画能力。

ゲーミングPCはRTX3060以上がおすすめ

今回、VALORANTをRTX3060のグラフィックボードで遊んだ場合のfps(フレームレート)を紹介しました。

もっと能力の低いグラフィックボードでも144fpsを出すことは可能ですが、ApexやFF15など他のゲームを遊ぶことを考えると、RTX3060以上のグラフィックボードが搭載されたパソコンを選んだ方が良いですね。

RTX3060、RTX3060Ti、RTX3070のグラフィックボードでApexやCod Vanguradを遊んだときのfps計測結果も紹介しているので、そちの記事も参考にしてください。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

目次(見たいところからチェック!)