\ Amazonプライムデー先行セール開催中! /

G-Tune DG-I5G6Tのレビュー RTX4060Ti搭載ゲーミングPC

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
G-Tune DG-I5G6T実機レビュー RTX4060Ti搭載のゲーミングPC

グラボにRTX 4060 Ti搭載された、G-Tune DG-I5G6Tのホワイトカラー実機レビューです。

ミニタワーサイズですが、機能が詰まったゲーミングPCになっています。

この記事では、実機の外観や各ベンチマークの測定結果、DG-I5G6Tのメリット・デメリットを紹介します。

ナオ

ボディは小さいけど、機能は充実しています!

RTX4060Ti搭載でフルHDゲームに最適!

マウスコンピューター G-Tune ミニタワー白

G-Tune DG-I5G6T

参考価格:226,800円(税込み、送料無料)

13世代Core i5-13400FとRTX4060Tiの組み合わせ。フルHDで快適なゲーム環境が作れます。Wi-FiとBluetoothが標準搭載されているので、LAN線が引けないお部屋でも無線で接続が可能。3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポートが付いているので、トラブルが起きても安心です。

送料無料!

3年間センドバック修理保証
24時間×365日電話サポート付き!

マウスコンピューター様からG-Tune DG-I5G6Tの実機をお借りしてレビューさせていただきました。

目次(見たいところからチェック!)
Amazon プライムデー 先行セール
  • Amazonプライムデー開催!
  • 7月15日(月)23:59まで!
  • 最大15%ポイントアップキャンペーン!

DG-I5G6Tの簡単なまとめ

  • Core i5-13400FとRTX 4060 Ti搭載。
  • フルHD向けゲーミングPC。
  • 無線のWi-FiとBluetoothが標準搭載。
  • 音が静かでゲームに集中できる。
  • 3年間のセンドバック保障と24時間電話サポート。
  • 初心者にも安心のゲーミグPC。
DG-I5G6T

この記事で紹介するDG-I5G6Tは、RTX 4060 Tiが搭載されたモデルでフルHDがメインターゲット。

装飾やRGBライティングは必要最低限で、見た目はシンプルでスッキリしたゲーミングPCです。

3年間のセンドバック保障と24時間電話サポートが標準で付いているので、初心者にも安心のゲーミングPCです。

\送料無料!/

3年間センドバック修理保証
24時間×365日電話サポート付き!

DG-I5G6Tの仕様と特徴

DG-I5G6T
項目仕様
商品コードDG-I5G6T
CPUIntel Core i5-13400F
Pコア6/Eコア4/16スレッド 2.5GHz
CPUクーラーサイドフロー
空冷CPUクーラー
グラボGeForce RTX 4060 Ti
GDDR6 8GB
SSD500GB (NVMe Gen4×4)
メモリDDR5-4800 16GB
空きスロット 0
※最大64GBまで搭載可能。
マザーボードASRock B760 DDR5
入出力ポート■前面
USB3.0 (5Gbps) x 2
POWER S.W x 1
ヘッドホン端子 x 1
マイク入力端子 x 1
HDMIポート x 1

■背面
USB 2.0 x 2
USB3.0 (5Gbps) x 2
USB Type-C x 1
LAN x 1
Audio Connectors
通信Wi-Fi 6E
Bluetooth 5
電源750W(80PLUS BRONZE)
ケースサイズ幅205×高さ411×奥行400
DG-I5G6Tの仕様

CPUは13世代のIntel Core i5-13400F。ゲームメインなら十分な性能を発揮する、ミドルクラスのCPUです。

メモリは最大64GBまでですが、ゲームメインなら16GBで問題ありません。クリエイティブ作業でも、よほど長編動画の編集をしない限り32GBあれば十分です。

RTX 4060 TiはフルHDに最適なGPUで消費電力が160Wと省電力。処理が重たいゲームも快適にプレイ可能なバランスが非常に優れたグラフィックボードです。

電力比較RTX 4060 TiRTX 3060 Ti
グラボ消費電力160W200W
推奨システム電力550W750W

DG-I5G6TにはWi-Fi 6Eが標準搭載されているので、LAN線が引けない部屋でも子機を追加するこなく無線通信が可能なところはポイントですね。

ナオ

標準のSSDが500GBなので、ゲームをたくさんインストールしたい人は1TBぐらい増設しておくといいですね!

\送料無料!/

3年間センドバック修理保証
24時間×365日電話サポート付き!

DG-I5G6Tの外観とパーツ類

DG-I5G6Tの正面に電源ボタンがあります。細くい白い枠は光学ドライブをオプションで付けたときに搭載される場所。

DG-I5G6T 前面

USBやヘッドホン端子などは斜めにカットされた面に設置。足元にPCを置いたとき、端子類にアクセスしやすくなっています。

DG-I5G6T インターフェイス

左側から見たところ。

前のファン2つ、後ろのファン1つが光ります。RGBの色は落ち着いた青でカッコいいです。

DG-I5G6T RGBの色

ガラスパネルはワンタッチで簡単に取り外せるので、パーツ交換や掃除のときにとても便利。

DG-I5G6T ガラスパネルを外す

電源を上部に設置してグラボを下部に持ってくることで、底面から直接吸気する仕組み。

小さい容積の中で最大限のエアフロー効率が考えられた構造ですね。

DG-I5G6T パネルを外したところ

右上部分にはHDDやSSDを増設するブラケットが格納されています。

DG-I5G6TのSSD格納場所

右側面はハニカム形状の吸気口。GTUNEのロゴがプレスされていてカッコいいデザインですね。

DG-I5G6T 右側面

ちなみに、前面の角にあるスリットは穴が開いていません。ここは吸気口としての機能を持っていませんが、側面にあるハニカム形状の穴から吸気をしています。

DG-I5G6Tのスリット

右側面のパネルを外したところ。ケーブルはほとんど見えません。SSDの増設をするときは、電源付近にまとまったケーブルを引っ張ってきます。

DG-I5G6T 右側面の中

右側パネルの4辺には、クッションが付いていました。

静音性やガタツキを抑えるためだと思われますが、こういった細かいところの配慮が素晴らしいですね。

DG-I5G6T 右側面パネル

背面はオーソドックスなデザイン。背面の上部にHDMIのケーブルが格納されています。

DG-I5G6Tの背面

格納されたHDMIケーブルを引き出し、グラボのHDMIに差すことで前面に設置されたHDMI出力端子が使えます。

DG-I5G6T HDMIケーブルの延長

前面にあるHDMI出力端子は、HDMIケーブルで接続が必要なVRゴーグルを使うときを想定して付けられたそう。モニターに接続するだけなら背面からで問題はありません。

DG-I5G6T インターフェイスのアップ

底面にはフィルターが付いていて、PC内部へホコリの侵入を最小限にします。

フィルターは磁石で付いているので掃除も簡単ですね。

DG-I5G6T 底面のフィルター
ナオ

吸気口と排気口の穴が全てハニカム形状。デザインに統一感があってカッコいい!

DG-I5G6Tに搭載されているパーツ

DG-I5G6Tで確認できた、主なパーツのメーカー3つを紹介。

どれも有名メーカーばかりで、パーツに手抜きはありません。

  • ASRock(マザーボード)
  • ASUS(グラボ)
  • Samsung(メモリ、SSD)

マザーボードはASRockのB760M。メモリはDDR5で最大64GBまで拡張可能。

DG-I5G6Tのマザーボード

メモリはSamsung DDR5-4800 16GB(8GBx2)。SamsungはメモリやSSDで信頼度の高いメーカーです。

DG-I5G6Tのメモリ

グラフィックボードはASUS Dual GeForce RTX 4060 Ti OC Edition 8GB GDDRを搭載。

2.5スロットという微妙な厚みがありますが、これにより冷却効果が高められているそうです。

DG-I5G6Tのグラボ
項目仕様
メーカーASUS
GPUNvidia Geforce RTX 4060 Ti
ブーストクロック2565MHz
メモリ8GB GDDR6X
メモリスピード18Gbps
メモリバス幅128-bit
メモリ帯域幅288 GB/sec
補助電源8-pin x1
消費電力200W
システム推奨電源650W
補助電源コネクタ PCIe 8-pin x 1
ポートHDMI 2.1a x1
DisplayPort 1.4a x3
サイズ227.2 x 123.24 x 49.6 mm
3スロット分占有します。
ナオ

グラボは55℃以下になるとファンが止まるのでとても静かです。

DG-I5G6Tの静音性

DG-I5G6Tのデスクトップ画面とゲーム中の音を測定してみました。

デスクトップ画面を表示しているとき、ファンの音はほとんど気になりません。

DG-I5G6Tの静音性

ゲームを開始するとファンが強めに回転しだしますが、それでも爆音になることはありませんでした。

PCを床や少し離れた場所に置くなら、全くと言っていいほどファンの音が気にならないでしょう。

ナオ

すごく静かで驚きました!

※グラフの最後が高めの音ですが、スマホ画面にタッチしたときの雑音です。

DG-I5G6Tの付属品

DG-I5G6Tの付属品
  • 電源ケーブル
  • マニュアル類

付属品は超シンプル!基本構成では電源ケーブル以外にケーブルやパーツ類は付いてきません。

※キーボードやマウスが必要な方は、購入時のカスタマイズ画面で選択できます。

>>G-Tune DG-I5G6Tを見る

DG-I5G6Tのゲーミング性能をベンチマーク

ベンチマーク専用ソフトで計測、もしくは実際にゲームプレイをしてfps(フレームレート)を計測しました。

ゲームプレイ中のfps計測にはMSI AFTERBURNERというfps(フレームレート)やCPU温度を記録するソフトを使っています。

fpsはマップやゲームの戦況、ゲームプレイの内容によって大きく変動します。ここで紹介するfpsは参考地としてご覧ください。

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ

FPSゲームの中では処理負荷の低いApex。チームデスマッチをプレイして計測しています。

Apex DG-I5G6Tのfps計測結果
Apex RTX 4060 Tiの平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低:283fps(233fps)
  • 高:228fps(153fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低:256fps(159fps)
  • 高:169fps(114fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低:157fps(85fps)
  • 99fps(67fps)

※()内は最低fps。

テルミットやウルトを使うと、100fps前後落ち込みました。一時的にfpsが下がりますが、画面がカクつくほどではありません。

接敵が少ないシーンでは4Kでも高いfpsが出ています。とくにカクツキなど感じることなく、快適にプレイできていました。

ナオ

ApexはWQHD低設定まででプレイすることが推奨ですね。

>>G-Tune DG-I5G6Tを見る

FORTNITE

fortnite シーズン4 メインイメージ

FORTNITEの計測は実際にゲームをプレイした後、リプレイ機能を使って各解像度のfps計測をしました。

※グラフィック設定はDirectX 11を選択。3D解像度は全て100%に再設定しています。

FORTNITE DG-I5G6Tのfps計測結果
FORTNITE RTX 4060 Tiの平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低:238fps(147fps)
  • :187fps(95fps)
  • 高:150fps(83fps)
  • 最高:125fps(61fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低:236fps(146fps)
  • :172fps(97fps)
  • 高:126fps(83fps)
  • 最高:94fps(60fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低:171fps(102fps)
  • :100fps(38fps)
  • 高:70fps(53fps)
  • 最高:47fps(35fps)

※()内は最低fps。

FORTNITEは競技性の高いTPSゲームなので、少しでもfpsを高めたいところ。低設定でプレイするなら、144fps張り付きも狙えるレベルです。

4Kになるとfpsがガクっと下がるので、基本的にはフルHDでのプレイを推奨します。

ナオ

FORTNITEはけっこう重め。できるだけ負荷をかけない設定にしましょう。

建物の中に入っているときと遠くの景色を見ているときで、かなりfps値に差が出ます。状況によって40fps~100fps程度上下することがあるので、ここで紹介しているfps値は参考としてご覧ください。

>>G-Tune DG-I5G6Tを見る

VALORANT

VALORANT Sage

VALORANTはスパイクラッシュで計測しました。

VALORANTはとにかく処理が軽いので、4Kだけ計測しています。

VALORANTのfps計測結果
VALORANT RTX 4060 Tiの平均fps結果

■4K(3840 x 2160)

  • 最低:430fps(266fps)
  • 極限:363fps(249fps)

※()内は最低fps。

4Kでこのfps。もう何も言うことはありません。

ナオ

VALORANT軽すぎ!

>>G-Tune DG-I5G6Tを見る

Cod MW2

Cod MW2 メインイメージ

FPSゲームの中でも処理負荷の高いCod MW2。付属のベンチマークで測定をしました。

Cod MW2 DG-I5G6Tのfps計測結果
Cod MW2 RTX 4060 Tiの平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 最低:195fps(135fps)
  • 極限:109fps(62fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 最低:142fps(98fps)
  • 極限:77fps(41fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 最低:79fps(55fps)
  • 極限:45fps(21fps)

※()内は最低fps。

Cod MW2はフルHDの低設定でプレイした方がよさそうです。

一瞬で勝負が決まるFPSゲームなので、少しでも高いfpsでライバルとの差を縮めておきたいですね。

ナオ

私もRTX4060Tiを使うときはフルHD低設定でプレイしてます!

>>G-Tune DG-I5G6Tを見る

Starfield

Starfieldのロゴ

Starfieldは街の中と外で、かなりfpsに違いが出ました。街の中を歩き回るのと惑星を歩き回る2種類で計測をしています。

スクロールできます
Starfield DG-I5G6Tのfps計測結果
Starfield DG-I5G6Tのfps計測結果

街の中は処理が重たいようです。フルHDの低設定でも平均85fps程度しか出ません。

惑星探査は処理が軽く、フルHDでも100fps以上出ていて快適でした。

Starfieldをプレイするなら、フルHDの中設定までにしておきましょう。

ナオ

今後のアップデートを期待!

>>G-Tune DG-I5G6Tを見る

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077 メインイメージ

PCゲームの中では最重量級のCyberPunk 2077。

fps計測はゲームに実装されているベンチマークで計測しました。

サイバーパンク2077 DG-I5G6Tのfps計測結果
RTX 4060 TiフルHD
1920 x 1080
WQHD
2560 x 1440
4K
3840 x 2160

(レイトレ無)
平均:141.09
最低:82.92
平均:136.56
最低:65.49
平均:100.81
最低:73.29

(レイトレ無)
平均:139.42
最低:75.00
平均:128.21
最低:71.57
平均:83.11
最低:64.91

(レイトレ無)
平均:133.61
最低:79.89
平均:98.95
最低:67.63
平均:51.07
最低:51.07
ウルトラ
(レイトレ無)
平均:117.06
最低:81.48
平均:71.66
最低:50.56
平均:33.07
最低:26.99
レイトレーシング:低平均:108.91
最低:65.60
平均:83.42
最低:61.09
平均:48.59
最低:38.77
レイトレーシング:中平均:81.96
最低:65.31
平均:61.49
最低:48.30
平均:36.44
最低:
36.44
レイトレーシング:
ウルトラ
平均:78.37
最低:59.45
平均:55.76
最低:28.51
平均:35.37
最低:26.15
Cyberpunk 2077 ベンチマーク計測

フルHDでプレイするなら、レイトレーシングのウルトラでもそこそこ快適にプレイできます。

DLSSのフレームジェネレーションをONにすれば、もっと高いfpsが出ます。

ナオ

私はレイトレ中とDLSSフレームジェネレーションの設定でプレイしてます!

>>G-Tune DG-I5G6Tを見る

FF14

FF14 ベンチマーク ソフト

FF14は処理が軽めのMMOゲームです。4K標準まで非常に快適にプレイが可能な結果となりました。

15000以上で「非常に快適」

FF14 DG-I5G6Tのfps計測結果
FF14標準高画質
フルHD非常に快適
26803
非常に快適
23221
WQHD非常に快適
24856
非常に快適
19209
4K非常に快適
17052
快適
10417
FF14 ベンチマーク
ナオ

FF14はグラフィック設定を高くして、綺麗な映像でゲームを楽しむことができますね!

>>G-Tune DG-I5G6Tを見る

FF15

FF15 メインイメージ

FF15は処理負荷が高いRPGです。WQHD標準まで「非常に快適」の判定になりました。

12000以上で「非常に快適」

FF15 DG-I5G6Tのfps計測結果
FF15標準高画質
フルHD非常に快適
17844
非常に快適
12871
WQHD非常に快適
12603
とても快適
9569
4K快適
6263
やや快適
5278
FF15 ベンチマーク
ナオ

FF15を高画質で楽しむならWQHDまでにしましょう。4Kでもプレイは可能ですが、画質調整をしてあげてください。

>>G-Tune DG-I5G6Tを見る

3DMarkのベンチマーク結果

3DMarkのロゴ

DG-I5G6Tを3DMarkで計測しました。

ベンチマークの結果をそれぞれまとめたので、参考にしてください。

Speed Way

3DMark Speedway

DirectX 12 Ultimateの性能をテストするベンチマークです。

RTX 3060 Tiと比べて性能が上がっていることがわかります。

Speed way DG-I5G6Tのfps計測結果
GPUスコア
RTX 3060 Ti2754
RTX 4060 Ti
DG-I5G6T
3179

Port Royal

3DMark Port royal

リアルタイムレイトレーシングのパフォーマンステストです。

Speed Wayと同じく、スコアが高くなっていますね。

Port Royal DG-I5G6Tのfps計測結果
GPUスコア
RTX 3060 Ti6513
RTX 4060 Ti
DG-I5G6T
7819

Time Spy

3DMark TimeSPy

DirectX 12ベンチマークテストです。

Time SpyはWQHD(2560×1440)、Time Spy Extremeは4K(3840×2160)でテストします。

Time Spy DG-I5G6Tのfps計測結果
GPUTime SpyTime Spy
Extreme
RTX 3060 Ti108685366
RTX 4060 Ti
DG-I5G6T
134416359

Fire Strike

3DMark Firestrike

Fire Strikeは高性能ゲーミングPCや、オーバークロックしたシステム用のDirectX 11ベンチマークです。

Fire Strike DG-I5G6Tのfps計測結果
GPUFire StrikeFire Strike
Extreme
Fire Strike
Ultra
RTX 3060 Ti23288125526804
RTX 4060 Ti
DG-I5G6T
26159148517427

NVIDIA DLSS feature test

3DMark dlss

NVIDIA DLSS は画質調整とAIでfpsを向上させる技術です。

DLSSに対応するゲームが増えてきており、注目されている技術です。

DLSS2 DG-I5G6Tのfps計測結果
GPUDLSS2 オン
RTX 3060 Ti104 fps
RTX 4060 Ti
DG-I5G6T
131 fps

DLSS 3のテスト

以下はDLSS 3のテスト結果。DLSS 3は4K解像度でテストを行います。

DLSS 3のテストの結果、fpsが大幅に向上しました。

DLSS3 DG-I5G6Tのfps計測結果

DLSS 3に対応したゲームはこれからどんどん増えてきます。DLSS 2に比べ画質も向上しており、4Kゲームプレイに強力な機能になりますね。

>>G-Tune DG-I5G6Tを見る

DG-I5G6Tのメリット・デメリット

G-Tune DG-I5G6Tのメリット・デメリットをまとめました。

DG-I5G6Tのメリット

  • フルHDで快適にゲームがプレイができる。
  • 音が静か。足元に置いたらファンの音が全然気にならない。
  • Wi-Fiが標準搭載。LANケーブルが引けない部屋でも使える。
  • シンプルなデザインで落ち着いた雰囲気。
  • 24時間電話サポートと3年間保証付き。

DG-I5G6TはフルHDをメインターゲットとしたゲーミングPCです。

フルHDならほとんどのゲームが快適にプレイできました。

ゲーム中も音が静かで、ファンの音が気にらずゲームに集中できます。

Wi-FiとBluetoothが標準搭載されているので、無線LANやお手持ちのBluetooth機器が接続できます。

ナオ

フルHDでのパフォーマンスは申し分なく、快適なゲームライフが送れます!

DG-I5G6Tのデメリット

  • 基本設定のSSD容量が500GB。
    ゲームをたくさんインストールするには1TBほしいです。
  • 拡張性に制限がある。
    フルHDでゲームメインなら十分な性能を持ってるけど。
  • RGBライティングの色やパターンが変えられない。
    デフォルトの青色で十分カッコいいですけど。
  • 近い構成のゲーミングPCに比べて、価格が少し高め。
    その分、3年保証や24時間電話サポートなど、とても安心感がある。

デメリットは拡張性に制限があること。

ケースがミニタワーなので、RTX4070Tiのような300mmを超えるグラボは入りません。

また、NVMeが1つまでやメモリが68GBまでなど制限があるので、将来パーツ交換や増設をしたいと考えている人には向いていないです。

価格は高めに見えますが、3年間のセンドバック保障や24時間電話サポートなど、夜間でもトラブルが起きたらすぐに相談できるのは嬉しいです。

ナオ

特にPC初心者の方は、24時間いつでも相談できる窓口があるのが心強いですね。

>>G-Tune DG-I5G6Tを見る

DG-I5G6Tのおさらい

今回、マウスコンピューター様からDG-I5G6Tをお借りして使わせていただきました。

DG-I5G6Tのおさらいをしておくとこんな感じ。

  • Core i5-13400FとRTX 4060 Ti搭載。
  • フルHD向けゲーミングPC。
  • 無線のWi-FiとBluetoothが標準搭載。
  • 音が静かでゲームに集中できる。
  • 3年間のセンドバック保障と24時間電話サポート。
  • 初心者にも安心のゲーミグPC。

コンパクトなゲーミングPCですが、機能は充実していてゲームは快適。

購入後も長期的なサポートが提供されるため、安心して使用できます。

DG-I5G6TはフルHDがターゲットで、快適なゲームライフが送れるゲーミングPCです。

ナオ

初めてのゲーミングPCでも快適で安心ですよ!

RTX4060Ti搭載でフルHDゲームに最適!

マウスコンピューター G-Tune ミニタワー白

G-Tune DG-I5G6T

参考価格:226,800円(税込み、送料無料)

13世代Core i5-13400FとRTX4060Tiの組み合わせ。フルHDで快適なゲーム環境が作れます。Wi-FiとBluetoothが標準搭載されているので、LAN線が引けないお部屋でも無線で接続が可能。3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポートが付いているので、トラブルが起きても安心です。

送料無料!

3年間センドバック修理保証
24時間×365日電話サポート付き!

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

目次(見たいところからチェック!)