\ Amazonプライムデー先行セール開催中! /

GALLERIA XA7C-R47レビュー ゲームも配信もサクサク可能な万能PC!

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

サードウェーブ様からGALLERIA XA7C-R47の実機をお借りしてレビューさせていただきました。

GALLERIA XA7C-R47は、ドスパラの中で人気No2のゲーミングPCです。(執筆当時)

グラボにRTX 4070搭載されていて、フルHD~WQHDのゲームがサクサク。

ゲームやライブ配信、動画編集など、この1台でいろいろこなせるハイエンドマシンです。

ゲーム別ベンチマークやライブ配信をした様子など、わかりやすく紹介しますので参考にしてください。

ナオ

特にガチプレイしたい人に最適なゲーミングPCですよ!

GALLERIA XA7C-R47が14世代CPUにモデルチェンジしました。公式サイトのリンクはモデルチェンジ後のページにしています。

WQHDゲームがサクサク!仕事にも活躍するPC!

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA XA7C-R47

参考価格:259,980(税込み、送料無料)

14世代CPUにモデルチェンジしました!

CPU:Core i7-14700F
グラボ:RTX4070
メモリ:DDR4 32GB
SSD:M.2 SSD 1TB
電源:650W

メインターゲットはWQHD。フルHDで使うと高いfpsを維持できる、超快適環境になります。

ゲームだけでなく、動画編集やライブ配信もこなせる万能スペック。XA7C-R47は静音性が高く、ゲームやクリエイティブ作業の邪魔をしません。

ドスパラは納期が早く、すぐにPCを使い人にもおすすめです。

\マイクラとXbox Game Pass同梱

目次(見たいところからチェック!)
Amazon プライムデー 先行セール
  • Amazonプライムデー開催!
  • 7月15日(月)23:59まで!
  • 最大15%ポイントアップキャンペーン!

XA7C-R47の特徴

XA7C-R47の特徴を簡単にまとめると、このようになります。

XA7C-R47の特徴
  • Core i7-13700FとRTX 4070搭載。
  • フルHD~WQHDのゲームがサクサク動作。
  • ゲームも配信も、動画編集もこなせる万能PC。
  • 音が静かでゲームに集中できる。
  • PCケースが大きく、拡張性がある。
  • 初心者からガチプレイしたい人まで、満足できるゲーミグPCです。

GALLERIA XA7C-R47はCore i7-13700FとRTX 4070が搭載されている、ハイエンドなゲーミングPCです。

RTX 4070のメインターゲットはWQHD。フルHDで使うと、より高く安定したfpsが出せてゲームが超快適になります。

XA7C-R47は静音性が高く、アイドル時は耳を近づけないとファンが回っているかわからないレベル。ゲーム中も静かで、プレイの邪魔をしません。

ナオ

ライブ配信や動画編集も快適で、この1台があればすべてが完結できるゲーミングPCです!

XA7C-R47の仕様

XA7C-R47 メイン画像
項目仕様
商品コードXA7C-R47
CPUIntel Core i7-13700F
2.10GHz-5.20GHz/16コア/24スレッド
CPUクーラー空冷サイドフロー
DEEPCOOL製
グラボGeForce RTX 4070
GDDR6 12GB
SSD1TB (NVMe Gen3)
メモリDDR4-3200 32GB
空きスロット 2
マザーボードASRock B760 DDR4
入出力ポート■前面
USB 3.2 Gen1 Type-A x4
ヘッドホン出力 x1
マイク入力 x1
■背面
USB 2.0 x2
USB 3.2 Gen1 Type-A x3
USB 3.2 Gen1 Type-C x1
オーディオ入出力
電源650W(80PLUS BRONZE)
ケースサイズ幅220×奥440×高480 mm
その他Minecraft: Java & Bedrock Edition for PC
Xbox Game Pass同梱
参考価格259,980円(税込み、送料別)

2023年12月30日現在、マイクラとXbox Game Passが同梱されています。

メモリが32GB、SSDが1TB搭載されているので、急いで増設する必要はありません。

RTX4070の消費電力は200Wで、システム推奨電源が650Wなので、電源容量も問題ありませんね。

ナオ

PCが届いたら、すぐにゲームで遊べて嬉しいです!

\マイクラとXbox Game Pass同梱

参考価格は執筆当時のものです。価格は常に変動するため、最新情報は公式サイトを確認してください。

XA7C-R47の外観と内部

まずは全体のサイズ感。24インチモニターの横に置くと、PC本体が大きいことがわかります。重さが14kgあるので、持ち運ぶときは腰を痛めないように気を付けましょう。

XA7C-R47のサイズ

XA7C-R47を机の下に置いたところ。机の広さによっては、本体を床に置くことを検討した方がよさそうです。

XA7C-R47を机の下に置いてみる

XA7C-R47はGALLERIAオリジナルケース。ガンメタリックでカッコいい。

XA7C-R47

正面はGALLERIAのロゴと、DVDドライブなどの増設などができる拡張用のフタが付いています。

XA7C-R47の正面

電源やUSBなどインターフェイスは、本体上部の斜めにカットされた部分に配置。PCを床に置いても、アクセスしやすい場所です。

XA7C-R47のスイッチ類
PCを床に置いてもアクセスしやすい

左サイドに中が少し見える窓があり、PC内部を見ることができます。

XA7C-R47 右側

左のサイドパネルを開けてみると、前面に140㎜のPCケースファンが1つ。

XA7C-R47のフロントファン

背面と、上面に140㎜のファンが1つずつ付いています。しっかり熱を逃がせるようになっているので、熱対策は問題ないでしょう。

XA7C-R47 背面ファン
XA7C-R47 上部のファン

標準の「静音パックまんぞくコース」では、DEEPCOOL製のCPUクーラーが付いています。AK400とは違いました。ドスパラオリジナル製品かな?

CPUクーラーのファンが白くて、RGBで光りそうな雰囲気ですが、光りませんでした。

XA7C-R47 CPUファン

グラボはPalitのRTX 4070。このサイズのグラボには、GPUサポートは不要です。

XA7C-R47 RTX4070

グラボの下に3.5インチドライブベイが2つ付いているので、HDDを増設したときに設置できます。

XA7C-R47 3.5インチベイ

マザーボードはASRock製。チップセットはB760です。

このマザーボードは、グラボの下あたりにM.2 SSDがもう一つ付けられます。容量不足の時はここに増設しましょう。

メモリはSamsung製 DDR4 16GBを2枚搭載。32GBのメモリは、ゲームはもちろん動画編集などでも十分な容量。よほど大きなデータを扱わなければ、増設する必要はありません。

PC本体の右側は裏配線。ケーブル類が綺麗にまとまっています。

XA7C-R47 裏配線

右側には2.5インチのSSDが2つ付けられるシャドウベイがあるので、増設するときに利用可能。

XA7C-R47 2.5インチ SSDシャドウベイ

電源はフルモジュラーではありません。機器を増設したときは、結束バンドでまとめられた電源ケーブルをバラして、必要なケーブルを使います。

XA7C-R47 電源ケーブル

PCケースの天面は全面的にメッシュ状になっていて、排気口として使われます。

天面に物を置いて塞ぐのはNG。まちがっても飲み物を置かないようにしなければいけません。

XA7C-R47 天面はメッシュ

底面の電源部分にはフィルター。簡単に取り外せるので、定期的に掃除をしてあげるといいですね。

XA7C-R47 底面

ちなみに、PCケース前面にあるRGBのラインは、色を変えることができます。グラデーション表現も可能です。

XA7C-R47 RGB
RGBのラインを変えてみた

今回お借りしたPCは、ASRock製のマザーボードだったので、こちらの方法で色を変えてみました。

BIOSからも色変更ができますが、初心者の方は難しいかもしれません。

ASRock製のマザーボードでは、Windows上で使える制御アプリの「Polychrome RGB」でも変更できるので、こちらの方がおすすめです。

XA7C-R47 PolychromeRGB
Polychrome RGBの画面
ナオ

ちょっとした色変更ですが、自分の好きな色に変えると愛着がわきますね!

WQHDゲームがサクサク!仕事にも活躍するPC!

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA XA7C-R47

参考価格:259,980(税込み、送料無料)

14世代CPUにモデルチェンジしました!

CPU:Core i7-14700F
グラボ:RTX4070
メモリ:DDR4 32GB
SSD:M.2 SSD 1TB
電源:650W

メインターゲットはWQHD。フルHDで使うと高いfpsを維持できる、超快適環境になります。

ゲームだけでなく、動画編集やライブ配信もこなせる万能スペック。XA7C-R47は静音性が高く、ゲームやクリエイティブ作業の邪魔をしません。

ドスパラは納期が早く、すぐにPCを使い人にもおすすめです。

\マイクラとXbox Game Pass同梱

XA7C-R47のゲーミング性能

XA7C-R47で、どれぐらい快適にゲームがプレイできるか検証。

ベンチマーク計測したのはこちらの7種です。

フルHD・WQHD・4Kの解像度と、グラフィック設定を変えながら計測しています。

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ

FPSゲームの中では処理負荷が低めのApex。

公平なベンチマークを取るために、訓練場で約3分間、走る・撃つ・ウルト使用などで計測しました。

XA7C-R47 Apexの結果
平均fps結果

■フルHD(1920×1080)

  • 低:298fps(215fps)
  • 高:259fps(123fps)

■WQHD(2560×1440)

  • 低:288fps(123fps)
  • 高:225fps(88fps)

■4K(3840×2160)

  • 低:195fps(64fps)
  • 高:121fps(40fps)

※平均値です。()内はテルミットを4つ重ねた時の最低fps。

4Kの低設定まで快適にプレイできました。

WQHDの低設定では、テルミットを4つ重ねた高負荷でも123fps出ていて快適です。

少しでも高いfpsで安定させるなら、WQHDでのプレイがオススメですね。

ナオ

Apexは設定を低くしても、ゲーム中の体感はあまり変わらないので、低設定がオススメです!

FF14

FF14 ベンチマーク ソフト

FF14は処理が軽めのMMOゲームです。高画質設定でも快適にプレイが可能な結果となりました。

XA7C-R47 FF14の結果

15000以上で「非常に快適」

FF14標準高画質
フルHD非常に快適
32705
(126fps)
非常に快適
28852
(116fps)
WQHD非常に快適
31597
(126fps)
非常に快適
23899
(115fps)
4K非常に快適
22270
(124fps)
とても快適
14807
(86fps)
()内はバトルシーン直後のfpsを抜き出しました

高画質にしてもフレームレートは十分に出ていました。

XA7C-R47なら、4KでもFF14は快適にプレイ可能です。

ナオ

ここまでスコアが高いなら、自由に画質調整してプレイできますね。

FORTNITE

fortnite チャプター5

フォートナイト(チャプター5)の計測はパフォーマンスモードとDirectX12で計測しました。

スクロールできます
XA7C-R47 FORTNITE フルHDの結果
XA7C-R47 FORTNITE WQHDの結果
XA7C-R47 FORTNITE 4Kの結果
平均fps結果

■フルHD(1920×1080)

  • パフォーマンス:288fps
  • DX12 低:186fps
  • DX12 高:88fps

■WQHD(2560×1440)

  • パフォーマンス:267fps
  • DX12 低:172fps
  • DX12 高:78fps

■4K(3840×2160)

  • パフォーマンス:254fps
  • DX12 低:131fps
  • DX12 高:56fps

※平均値です。

パフォーマンスモードで平均200fps以上。DX12の低設定で140fps以上が狙えます。

DX12の高設定は、フルHDでも100fpsに届きません。

FORTNITEをプレイするときは、パフォーマンスモードか、DX12の低設定でのプレイがおすすめです。

ナオ

FORTNITEはパフォーマンスモードでも違和感なく遊べます。

VALORANT

VALORANT Sage

VALORANTはグラボよりCPU性能に影響を受けるゲームです。

十分なfpsが出るため、4Kのみで計測。

低設定、高設定で実際にチームデスマッチをプレイをして計測しました。

VARORANTの結果
平均fps結果

■フルHD(1920×1080)

  • 低:289fps
  • 高:264fps

※平均値です。

どちらも200fps以上出ていて快適にプレイできました。

ナオ

VALORANTはCore i7搭載のPCなら何も問題なくプレイできますね。

サイバーパンク2077

Cyberpunk2077 メインイメージ

PCゲームの中では最重量級のサイバーパンク2077(Ver2.1)。

fps計測はゲームに実装されているベンチマークで計測しました。

スクロールできます
CyberPunk 2077のベンチマーク
CyberPunk 2077のベンチマーク
CyberPunk 2077のベンチマーク

サイバーパンク2077のグラフィックプリセットは、WQHDまでならレイトレ・ウルトラでも快適です。

4Kでレイトレーシングを使うと、60fpsを切ることが多くなります。

そこで、RTX 4070はフレームジェネレーションが使えるのでONにして計測してみました。

4K・レイトレウルトラ50fps
レイトレウルトラ
フレームジェネレーションON
63fps

レイトレウルトラで平均63fps。4Kでもかなり快適にプレイできるようになります。それでも少し動作はもたつくので、もっと設定を下げるかWQHDでのプレイがおすすめです。

ナオ

サイバーパンク2077は、WQHDまでが快適にプレイできる範囲と考えてよさそうですね。

アサシンクリード ミラージュ

アサシンクリード ミラージュ

アサシンクリードシリーズはビジュアルが綺麗な分、処理が重たいゲームです。

1フレームを争うようなゲームでは無く、基本的に60fps出ていれば快適にプレイできます。

XA7C-R47 アサシンクリード ミラージュのベンチマーク

WQHDで平均100fps。4Kでも60fps以上出ていて快適にプレイ可能です。

ナオ

街中や高いところからの景色も楽しみたいゲームなので、ビジュアル優先で設定したいです。

FF15

FF15 メインイメージ

FF15は処理負荷が高いRPGです。

ビジュアルが綺麗なので、少しでも画質設定は高くしたいところ。

XA7C-R47 FF15のベンチマーク結果

12000以上で「非常に快適」

FF15標準高画質
フルHD非常に快適
19738
(164fps)
とても快適
15467
(131fps)
WQHD非常に快適
16119
(144fps)
非常に快適
12352
(98fps)
4K快適
8617
(77fps)
快適
7308
(61fps)
()内はバトル演出中の平均fps

FF15はRPGで、60fps出ていれば快適にプレイできます。

高画質でも快適にプレイできるので、画質は高めに設定しましょう。

ナオ

背景が綺麗なので、高画質で楽しみたいゲームですね。

ゲーム別ベンチマークの総評

GALLERIA XA7C-R47でベンチマークや実際にゲームをプレイしてみましたが、どのゲームもとても快適に遊べました。

WQHDまでなら全体的に100fps以上。

ApexやFORTNITEなどのFPSシューター系のゲームで、設定を低くすると200fps以上出せています。

GALLERIA XA7C-R47は、ガチプレイをしたい人が満足できるゲーミングPCです。

WQHDゲームがサクサク!仕事にも活躍するPC!

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA XA7C-R47

参考価格:259,980(税込み、送料無料)

14世代CPUにモデルチェンジしました!

CPU:Core i7-14700F
グラボ:RTX4070
メモリ:DDR4 32GB
SSD:M.2 SSD 1TB
電源:650W

メインターゲットはWQHD。フルHDで使うと高いfpsを維持できる、超快適環境になります。

ゲームだけでなく、動画編集やライブ配信もこなせる万能スペック。XA7C-R47は静音性が高く、ゲームやクリエイティブ作業の邪魔をしません。

ドスパラは納期が早く、すぐにPCを使い人にもおすすめです。

\マイクラとXbox Game Pass同梱

Youtubeでライブ配信テスト

GALLERIA XA7C-R47のみで、OBSを使ってApexの配信テストをしてみました。モードはコントロールです。

  • 画面解像度:WQHD
  • グラフィック設定:低
  • ソフト:OBSで配信
  • ビットレート:8,000kbps

バトル中、常に200fps以上出ていて快適にプレイできました。

ナオ

XA7C-R47が1台あれば、ゲームも配信も快適に行えます!

CINEBENCHでCPU性能を計測

GALLERIA XA7C-R47が14世代CPUにモデルチェンジしました。ここで紹介するCINEBENCHの結果は、古い情報です。

Cinebench R23のマルチスレッド、シングルスレッドを10分間のテストで計測。

XA7C-R47 CINEBENCHの結果

マルチコア性能が通常のCore i7-13700より大幅にスコアが落ちているのは、CPUが定格電圧に制限されているからです。

シングルコア性能は大きな差がありません。

ゲームはシングルコア性能の影響が大きい場合が多いため、ゲームプレイに影響を感じることは無いと言っていいレベルです。

マルチコア性能は、動画のエンコード時間などに多少影響が出てきますが、プロフェッショナルな使い方でないなら大きな問題にはならないでしょう。

CPU消費電力の定格制限は、BTOメーカーのPCで一般的に行われます。Intelの仕様にある定格電圧に合わせた結果であり、あえて性能を落とそうとした結果ではありません。

動画のエンコードをテスト

Youtube用の動画をエンコードして、どれぐらい時間がかかるかテストしました。

エンコードした動画はこちら。

使用ソフトはゆっくりMovieMaker4

  • 動画の時間:約11分
  • ハードウェアエンコードはオン。
  • エンコードにかかった時間:6分35秒

11分の動画エンコードが6分半で終わりました。

とても早いエンコードで、Youtube動画など作成するときに助かりますね。

動画編集もスムーズで、まったくストレスを感じることなく作業ができました。

ナオ

動画編集は全く問題なく行えましたよ!

XA7C-R47の静音性

FF15のベンチマークを10分間継続し、ファンの音がどのように変化するか計測をしました。

アイドル平均 36~39dB
高負荷平均 48dB~50dB

アイドル時はPC本体に近づいても静かです。PCケースのRGBが光っていないと、電源が入っているかわからないレベル。

負荷が高くなると多少ファンの音は聞こえますが、ゲームプレイを邪魔するようなことはありません。

スピーカーやヘッドホンで音を聞いていると、PCの音に気付かないレベルです。

PCを机の下に置いたら、まったくと言っていいほど音が気にならない静音性です。

ナオ

XA7C-R47は本当に静か。静音性に優れたPCですよ!

XA7C-R47のメリット・デメリット

GALLERIA XA7C-R47
総合評価
( 4 )
メリット
  • フルHD~WQHDまで、快適にゲームプレイが可能。
  • ゲームプレイを邪魔しない静音性。
  • PCケースが大きく、拡張性が高い。
  • SSD、メモリの容量が大きく、急いで増設する必要がない。
  • マイクラとXboxゲームパスが付いていて、すぐに遊べる。
デメリット
  • 他メーカーと比べても、価格が少し高い。
  • 本体サイズが大きいため、置く場所を選ぶ可能性がある。

XA7C-R47はゲームも配信もこなせる万能PC

XA7C-R47の特徴
  • Core i7-13700FとRTX 4070搭載。
  • フルHD~WQHDのゲームがサクサク動作。
  • ゲームも配信も、動画編集もこなせる万能PC。
  • 音が静かでゲームに集中できる。
  • PCケースが大きく、拡張性がある。
  • 初心者からガチプレイしたい人まで、満足できるゲーミグPCです。

GALLERIA XA7C-R47は、ゲームだけなく、動画編集やライブ配信もこなせる万能PCです。

特にガチプレイをしたい人や、ゲームの実況配信をしたい人は満足できる性能を持っています。

フルHDなら最強クラスの快適さ。WQHDでもガチプレイ可能なレベルのfpsが出せるPCです。

ゲームや配信など、いろいろできるPCを探している方はGALLERIA XA7C-R47を検討してみてください。

WQHDゲームがサクサク!仕事にも活躍するPC!

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA XA7C-R47

参考価格:259,980(税込み、送料無料)

14世代CPUにモデルチェンジしました!

CPU:Core i7-14700F
グラボ:RTX4070
メモリ:DDR4 32GB
SSD:M.2 SSD 1TB
電源:650W

メインターゲットはWQHD。フルHDで使うと高いfpsを維持できる、超快適環境になります。

ゲームだけでなく、動画編集やライブ配信もこなせる万能スペック。XA7C-R47は静音性が高く、ゲームやクリエイティブ作業の邪魔をしません。

ドスパラは納期が早く、すぐにPCを使い人にもおすすめです。

\マイクラとXbox Game Pass同梱

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

目次(見たいところからチェック!)