\ Amazonプライムデー先行セール開催中! /

RTX 4070 TiとRTX 4070 Ti SUPERどっちがいい?性能比較とベンチマーク解析!

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
RTX 4070 TiとRTX 4070 Ti SUPERどっちがいい?性能比較とベンチマーク解析!

「RTX 4070 TiとRTX 4070 Ti SUPERはどっちがいいの?」

「RTX 4070 TiとRTX 4070 Ti SUPERの性能差が知りたい。」

「おすすめゲーミングPCは?」

RTX 4070 TiとRTX 4070 Ti SUPERは、どちらも10万円以上する高価なグラボなので、間違った買い物をしたくないですよね。

今回、RTX 4070 TiとRTX 4070 Ti SUPERのグラボ性能や価格、どんな人向けかなど、わかりやすくまとめました。

この記事を読むことで、どちらが自分に合っているかわかり、グラボやゲーミングPCを迷うことなく購入できるようになります。

ナオ

この記事の情報を元に、満足いくPC環境をそろえてくださいね。

目次(見たいところからチェック!)
Amazon プライムデー 先行セール
  • Amazonプライムデー開催!
  • 7月15日(月)23:59まで!
  • 最大15%ポイントアップキャンペーン!

RTX 4070 TiとRTX 4070 Ti SUPERの仕様比較

RTX 4070 TiRTX 4070 Ti
SUPER
GPUコアAD104AD103
CUDAコア数76808448
ブーストクロック2610 MHz2610 MHz
ベースクロック2310 MHz2340 MHz
VRAM12GB GDDR6X16GB GDDR6X
メモリスピード21Gbps21Gbps
メモリバス幅192-bit256-bit
メモリ帯域幅 504 GB/s672 GB/s
L2キャッシュ48MB48MB
アーキテクチャAda LovelaceAda Lovelace
インターフェースPCI-E 4.0 X16PCI-E 4.0 X16
DLSSDLSS 3DLSS 3
ポートHDMI 2.1a x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1a x1
DisplayPort 1.4a x3
最大消費電力285W285W
システム
電源容量
700W700W
補助電源
コネクタ
12VHPWR
PCIe x2変換
または
PCIe x2
12VHPWR
PCIe x2変換
または
PCIe x2
発売日2024年1月24日2024年1月24日

RTX 4070 Ti SUPERのGPUコアはRTX 4080と同じ「AD103」を採用。

RTX 4070 Ti SUPERのCUDAコア数は、RTX 4070 Tiより768増加しています。

メモリバス幅が256-bitになったことで、WQHD~4Kなどの高解像度に強くなりました。

ナオ

消費電力を変えず性能アップしているところは、大きな進化ポイントですね!

今回購入したPalitのグラボは、RTX4070TiとSUPER共に補助電源に12VHPWRコネクタが採用されています。

電源から直接12VHPWRコネクタ出力できない場合、PCIe 8pin2本から変換するアダプターでグラボに電源供給できます。

変換コネクタ
Palitのグラボに付属していた変換コネクタ

新品購入の場合、基本的に変換コネクタが付属されていると思われますが、購入前に付属するか確認をしておきましょう。

Palit公式サイトのスペックシート

RTX 4070 TiとRTX 4070 Ti SUPERどっちが優れている?

RTX4070TiとRTX4070TiSUPER
手前がRTX4070Ti、奥がRTX4070TiSUPER
  • RTX 4070 TiよりRTX 4070 Ti SUPERの方が約8%高いゲーム性能を持っている
  • RTX 4070 Tiより、RTX 4070 Ti SUPERの方が高解像度で力を発揮。
  • 画像生成AIの処理速度は、高解像度になると約35%も高速化される。
  • RTX 4070 Ti SUPERの方がWQHD~4K性能は確実に進化している。
  • DLSS 3と組み合わせると、とても4Kでも快適にゲームプレイが可能。

2つのグラボは基本的にWQHDがターゲットです。

RTX 4070 Ti SUPERはCUDAコア数とメモリバス幅が強化されており、全体的に RTX4070 Tiより高速化されています。

ゲームによってバラつきはありますが、WQHD~4K解像度でRTX 4070 Ti SUPERの方が10fps~20fpsほど速くなっています。※fps:フレームレート

ナオ

RTX4070 Ti SUPERの方が全体的に性能が高くなっています。

RTX 4070 TiとRTX 4070 Ti SUPERどっちを選べばいい?

  • RTX 4070 Ti:ゲームメインで使いたい。少しでもコストを抑えたい人。
  • RTX 4070 Ti SUPER:画像生成AIやクリエイティブ作業もやりたい人。

RTX 4070 Ti:ゲームプレイがメインなら

RTX4070Ti GamingProの箱

WQHDがターゲットで、ほとんどのゲームが快適にプレイ可能です。

消費電力が285WでRTX3080の320Wより省電力。DLSS3が使えるため、対応したゲームでは高いfpsを出すことを実現しています。

DLSS3に対応したゲームが増えてきているので、ますますRTX 4070 Tiの能力が発揮できますね。

ナオ

SUPER発売により、今後RTX4070Tiは品薄になっていくことが予想されています。ゲームメインの人は少し急いだ方がいいかも。

RTX 4070 Ti SUPER:クリエイティブ作業もやるならこれ

WQHD~4Kがターゲットで、かなり快適にゲームプレイができます。

消費電力はRTX4070Tiと同じく285W。

メモリバス幅が256-bitに広がったことで、WQHDや4Kの高解像度に強くなりました。

RTX 4070 Ti以上からは、AV1エンコーダーが2基搭載されているので、デュアルAV1エンコードが可能。

ゲームはもちろん、動画編集や画像生成AIなどのクリエイティブ作業にも強いGPUです。

FPSシューター系をWQHDや4Kでプレイする人高リフレッシュレートのモニターを使うなら、RTX 4070 Ti SUPERを選択することで、満足度の高いPC環境がそろえられます。

ナオ

GPUがRTX4080と同じAD103。実質、RTX4080の機能制限版と言えるグラボですね。

グラボ価格の比較

GPU中間価格最安値
RTX 4070 Ti SUPER148,000円139,800円
RTX 4070 Ti138,800円109,980円
2024年3月12日現在の価格帯です

RTX 4070 Ti SUPERの最安値は139,800円

RTX 4070 Tiの最安値が109,980円で約30,000円の差です。

最安値だけで見るとかなり差がありますが、中間価格では1万円の差に縮まります。

各メーカーの動向を見る限り、RTX 4070 Tiの販売は縮小されると想像しています。(すでに一部のBTOメーカーは4070Tiの取り扱いを止めています。)

そうなると、RTX 4070 Ti SUPERの価格調整が入るのか?それとも、RTX 4070 Tiに置き換わるだけなのか?

価格の変動はしばらく様子を見ていきます。

RTX4070TiとRTX4070Ti SUPERのゲーム別ベンチマーク

ベンチマークの検証環境はこちら。

CPUIntel Core i7-13700F
メモリDDR5 32GB(16GB × 2)
電源1000W

ベンチマーク計測したゲームは、以下の6つです。

ベンチマーク計測には、MSI AFTERBURNERというfps(フレームレート)やCPU温度を記録するソフトを使いました。

パーツ構成やゲームのアップデート、プレイスタイルによってベンチ結果は変動します。ここでの結果は参考としてご覧ください。

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ
出典:Apex Legends

FPSゲームの中では処理負荷が低めのApex。

公平なベンチマークを取るために、訓練場で約3分間、走る・撃つ・ウルト使用などで計測しました。

GPUごとの差が多きい4Kで見ると、RTX 4070 Tiからは約6%性能アップになります。

スクロールできます
Apex RTX4070TiSUPERの結果
Apex RTX4070TiSUPERの結果
Apex RTX4070TiSUPERの結果
解像度RTX4070TiRTX4070Ti
SUPER
FHD
1920×1080
低:298fps
高:282fps
低:298fps
高:298fps
WQHD
2560×1440
低:298fps
高:277fps
低:298fps
高:298fps
4K
3840×2160
低:245fps
高:177fps
低:256fps
高:194fps

テルミットを大量に投げられたり、スモークやウルトが重なるような特殊な状況になるとフレームレートは落ち込みますが、通常プレイでは4Kでも快適です。

こちらはRTX4070TiSUPERで4K(3840×2160)低設定にしたプレイ中の画像です。このぐらい近距離戦でも262fps出ています。試合中、200fpsを切ることがありませんでした。

RTX4070 Ti SUPERでApexをプレイ 4K解像度
4K低設定でプレイ中
ナオ

Apexは設定を低くしても、ゲーム中の体感はあまり変わらないので、低設定がオススメです!

FORTNITE

fortnite チャプター5

フォートナイト(チャプター5)はDirectX12で計測しました。

差が多きい4Kで見ると、RTX 4070 Tiからは約8%性能アップになります。

スクロールできます
FORTNITE RTX4070TiSUPERの結果
FORTNITE RTX4070TiSUPERの結果
FORTNITE RTX4070TiSUPERの結果
解像度RTX4070TiRTX4070Ti
SUPER
FHD
1920×1080
低:278fps
最高:107fps
低:287fps
最高:115fps
WQHD
2560×1440
低:278fps
最高:106fps
低:284fps
最高:106fps
4K
3840×2160
低:210fps
最高:79fps
低:230fps
最高:83fps
DX12の平均フレームレート

DirectX12の最高設定は重たいです。低設定でプレイすることをおすすめします。

ナオ

FORTNITEは低設定でも違和感なく遊べます。サクサクプレイするなら、設定を下げることをおすすめします。

FORTNITEは、バトルの状況やマップによってフレームレートが大きく変化します(30~50fps変わることもある)。また、バージョンアップやドライバーバージョンの影響が大きいため、ここでの結果は参考としてご覧ください。

ファイナルファンタジー14

ff14 暁月の終焉
出典:ff14 暁月の終焉

FF14は処理が軽めのMMOゲームです。4K高画質設定でも「非常に快適」となりました。

4Kで見ると、RTX 4070 Tiからは約8%性能アップでした。

スクロールできます
FF14 RTX4070TiSUPERの結果
FF14 RTX4070TiSUPERの結果
FF14 RTX4070TiSUPERの結果

15000以上で「非常に快適」

FF14RTX 4070 TiRTX 4070 Ti
SUPER
FHD
(標準)
非常に快適
34757
(142fps)
非常に快適
33791
(145fps)
FHD
(高画質)
非常に快適
31612
(136fps)
非常に快適
31152
(139fps)
WQHD
(標準)
非常に快適
34140
(143fps)
非常に快適
33191
(145fps)
WQHD
(高画質)
非常に快適
27656
(138fps)
非常に快適
28286
(140fps)
4K
(標準)
非常に快適
25306
(134fps)
非常に快適
26814
(142fps)
4K
(高画質)
非常に快適
17992
(102fps)
非常に快適
20135
(119fps)
()内はバトルシーン直後のfpsを抜き出しました

全ての解像度で「非常に快適」判定になっており、ゲーム中のフレームレートも100fps以上でています。

RTX 4070 Ti SUPERが、FHDとWQHDでRTX 4070 Tiよりスコアが低いのは気になるところですが、4Kでも20,000点以上のスコアが出ているのは素晴らしいですね。

ナオ

FF14はRTX4070Tiがあれば、どの解像度でもハイクオリティーな画質で遊べます。

ファイナルファンタジー15

FF15 メインイメージ
出典:Final Fantasy XV

FF15は処理負荷が高いRPGです。ビジュアルが綺麗なので、少しでも画質設定は高くしたいところ。

4Kで見ると、RTX 4070 Tiからは約12%性能アップ

スクロールできます
FF15 RTX4070TiSUPERの結果
FF15 RTX4070TiSUPERの結果
FF15 RTX4070TiSUPERの結果

12000以上で「非常に快適」

FF15RTX 4070 TiRTX 4070 Ti
SUPER
FHD
(標準)
非常に快適
23147
(202fps)
非常に快適
23358
(203fps)
FHD
(高画質)
非常に快適
19411
(183fps)
非常に快適
20759
(186fps)
WQHD
(標準)
非常に快適
19976
(182fps)
非常に快適
21581
(188fps)
WQHD
(高画質)
非常に快適
15742
(135fps)
非常に快適
17476
(146fps)
4K
(標準)
とても快適
10402
(83fps)
非常に快適
12132
(118fps)
4K
(高画質)
快適
8763
(68fps)
とても快適
10145
(87fps)

どの解像度でも快適にプレイできるので、画質は高めに設定しましょう。

ナオ

背景が綺麗なので、高画質で楽しみたいゲームです。4Kでもこれだけ動くのは、素直にすごいですね!

サイバーパンク2077

Cyberpunk2077 メインイメージ

PCゲームの中では最重量級のサイバーパンク2077(Ver2.1)。

fps計測はゲームに実装されているベンチマークで計測しました。

4KでRTX 4070 Tiから8%性能アップしています。

スクロールできます
サイバーパンク RTX 4070 Ti SUPERの結果
サイバーパンク RTX 4070 Ti SUPERの結果
サイバーパンク RTX 4070 Ti SUPERの結果

FHDでは差がでませんが、WQHD以降で差が広がってきます。

4Kのレイトレーシング・ウルトラでも60fps以上出るのは圧巻ですね。

フレームジェネレーションONにするとさらに快適

さらにフレームレートを上げるために、RTX 4070Ti SUPERのフレームジェネレーションをオンにしてみました。

サイバーパンクをフレームジェネレーションONでプレイ
フ1レームジェネレーションをONにしてプレイ中
4K・レイトレウルトラ平均 64fps
4K・レイトレ・ウルトラ
フレームジェネレーションON
平均 92fps
ゲームプレイ中のフレームレート

フレームジェネレーションを使うと、30fps前後もフレームレートが上がります。

RTX 4070 Tiシリーズの性能だと、4Kプレイもサクサクでした。

ナオ

サイバーパンク2077は、4Kでもサクサクプレイできます。RTX 4070 Tiシリーズ強い!

アサシンクリード ミラージュ

アサシンクリード ミラージュ

アサシンクリードシリーズはビジュアルが綺麗な分、処理が重たいゲームです。

1フレームを争うようなゲームではないので、基本的に60fps出ていれば快適にプレイできます。

今回は、4Kの最高設定のみ計測しています。

アサシンクリード ミラージュ RTX4070SUPERの4Kベンチマーク結果

4K最高設定でも60fps以上出ます。かなり快適にプレイ可能でした。

ナオ

街中や高いところからの景色も楽しみたいゲームなので、ビジュアル優先で設定したいです。

ゲーム別ベンチマークの総評

  • RTX 4070 TiからRTX 4070 Ti SUPERは約8%性能アップ
  • RTX 4070 Ti SUPERよりRTX 4080の方が性能は高く約10%の性能差がある。
  • RTX 4070 Ti SUPERは、高解像度でRTX 4070 Tiより高い性能を発揮する。
  • WQHD~4K性能が確実に進化している。
  • DLSS 3と組み合わせると、とても快適にゲームプレイが可能。

RTX 4070 Ti SUPERはRTX 4070 Tiより高解像度に強いことは間違いありません。

RTX 4070 Tiと同じ消費電力285Wですが、性能は確実に進化しています。

ベンチマークを見る限り、RTX 4080の制限版と考えて間違いないでしょう。

RTX 4070 Tiシリーズは、WQHD以上で快適プレイをしたい、ガチプレイをしたい人におすすめのGPUであることがわかりました。

3DMarkのベンチマーク

ゲーミング性能を計測するベンチマークの定番、Time SpyとFire Strikeの結果です。

ゲームに関係するDirectX11とDirectX12のテストをしました。

どちらもRTX 4070 Ti SUPERの方が高いスコアを出しています。

Port Royal

Port Royalはリアルタイムレイトレーシングのテストです。

RTX 4070 Tiとの差は約10%。

RTX 4070 Ti SUPER Port Royalの結果

Time Spy

Time SpyはDirectX 12ベンチマークテストから。

RTX 4070 Tiとの差は約10%。

RTX 4070 Ti SUPER Time Spyの結果

Fire Strike

Fire StrikeはDirectX 11ベンチマーク。

RTX 4070 Tiとの差は約7%。

RTX 4070 Ti SUPER Fire Strikeの結果

ベンチマークを総合すると、RTX 4070 Ti SUPERはRTX 4070 Tiから約9%性能アップです。ゲーム別ベンチマークの8%とほぼ同じ結果となりました。

ナオ

4070Tiシリーズは同じ消費電力なのにこの性能差。すごいですね!

Stable Diffusionで画像生成速度計測

GPU処理速度の影響が大きい、画像生成AIのStable Diffusionで生成時間を計測。

画像サイズは4種類です。

  • 512×768
  • 1024×1536
  • 1536×2304
  • 2048×3072

生成した画像はこちら。

RTX 4070 Ti SUPERで画像生成 Stable Diffusion

画像生成時間の結果は以下のようになりました。(左右にスクロールできます)

スクロールできます
StableDiffusionで画像生成
StableDiffusionで画像生成
StableDiffusionで画像生成
StableDiffusionで画像生成

512×768などの小さい画像生成では差が出ませんが、画像サイズが大きくなるにつれ生成時間に差が出てきます。

RTX 4070 Ti SUPERは、生成速度がRTX 4080に近づきます。大きな画像になればなるほど、速度の開きがわかりやすくなりますね。

2048×3072の画像では、RTX4070TiとRTX4070Ti SUPERで約2分も生成時間に差ができています。

RTX 4070 Ti SUPERは画像生成でも高いパフォーマンスを発揮できるGPUであることがわかります。

RTX 4070 Tiシリーズ搭載のゲーミングPCとグラボ検索

RTX 4070 TiとRTX 4070 Ti SUPER搭載のゲーミングPCを紹介します。

グラボをお探しの方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

RTX 4070 Ti 搭載ゲーミングPC

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様ゲーム
/配信
デザイン静音性サポート備考
納期が早く
すぐ遊べる

ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA
XA7C-R47T

参考価格:
313,980
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX4070Ti
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:750W
80PLUS GOLD
送料:3,300円
沖縄・離島は6,600円
公式サイトを見る
何でもそつなくこなせる。
PCファンの音が少し気になるが、
机の下に置けばOK。
電源やUSBは操作しやすい位置にあります。
ドスパラは納期が早い。
マイクラとXBOX Game Pass付き。
到着してすぐに遊びたい人におすすめです。
送料無料!
PC工房 Level PCケース
LEVEL
R776-137F-ULX

参考価格:
284,700円
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:空冷
グラボ:RTX4070Ti
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR5 16GB
電源:700W
80PLUS BLONZE
送料無料!
公式サイトを見る
24時間365日対応サポートセンターがあり、
初心者でも安心できます。
デザインはシンプルでオーソドックス。
メモリが16GBなので、WQHDまでがおすすめ。
会員登録(無料)で、2,200円の送料が無料
になるのは助かります。
新界シリーズ
裏配線モデル

STORM 新界
STORM
PZ-KFSTi47

参考価格:
330,000円
CPU:Core i7-13700F
CPUクーラー:
STORMオリジナル
画像表示機能付き水冷240mm
グラボ:RTX4070Ti
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W
80PLUS GOLD 
送料:2,200円
>>新界のレビュー記事はこちら
公式サイトを見る
デザインが抜群。
画像表示機能付きCPUクーラーは、画面解像度が
とても高く、写真やアニメが綺麗に表示できます。
ファンの音が大き目で、配信のときに気になるかも。
使われているPCパーツや、ビルドクオリティがとても高く
持っているだけで高い満足感が得られます。

おすすめRTX4070Ti搭載パソコン

チップセットにB760を採用。安定感のあるゲーミングPCです。

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA XA7C-R47T

参考価格:313,980

チップセットにB760、DDR4メモリー32GB。SSDが1TBと、メモリもSSDも初期容量は十分にあります。

ゲームをたくさんインストールしたいなら、2つ目のSSDを増設しておくとよいでしょう。

マイクラとXbox Game Passが同梱されているので、手元に届いたらすぐに遊べます。

ドスパラは納期が早いので、少しでも早くゲームで遊びたい人におすすめです。

\納期が早くてすぐに遊べる!/

マイクラとXbox Game Pass同梱!

送料無料でお安くゲット!!

PC工房 Level PCケース

LEVEL-R776-137F-ULX

参考価格:284,700円

Core i7-14700FとDDR5 16GB、チップセットにB760。

1TBのSSDを搭載しているので、とりあえずコストを抑えたゲーミングPCを手に入れるには最適な機種です。

CPUクーラーがトップフロー型なので、高負荷がかかると静音性に不安があります。その点は注意してください。

無料のWEB会員登録をすると、通常2200円かかる送料が無料になります

\無料会員登録で2,200円の送料が無料!/

背面配線で美しい!白いゲーミングPCで、オシャレにカッコいい!

STORM 新界

STORM PZ-KFSTi47

参考価格:330,000円

270°ピラーレスの新界シリーズ!

13世代Core i7-13700FとDDR5 32GB(16Gx2)。チップセットはB760でSSD 1TB搭載。

ゲームのみならず、配信やクリエイティブ作業にも強い!RTX 4070Ti搭載で魅せながらもゲーミング性能が高いPCです。

性能はもちろん、綺麗でずっと見ていたいゲーミングPCです!

>>新界のレビュー記事はこちら

ナノダイアモンドグリス にアップグレード中!

RTX4070Tiグラボ検索

RTX 4070 Ti SUPER 搭載ゲーミングPC

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様コスパゲーム
/配信
デザイン静音性サポート備考
ゲームに強い
Ryzen7 7800X3D
搭載!

NEXTGEARのゲーミングPC
mouse
NEXTGEAR
JG-A7G7A

参考価格:
319,800円
CPU:AMD Ryzen7 7800X3D
CPUクーラー:水冷240mm
グラボ:RTX 4070 Ti SUPER
チップセット:A620
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR5 16GB
電源:750W
80PLUS BLONZE
送料:無料
公式サイトを見る
サポートがとても充実。
24時間電話対応や3年保障なので、
特に初心者は安心です。
少しファンの音が大きめ。
配信などで音を拾わないように気を付けましょう
MSIコラボ
モデル!

FRONTIER MSIモデル
FRGLB760
WS610

参考価格:
314,980円
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:
MSI 水冷クーラー
グラボ:RTX 4070 Ti SUPER
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:850W
80PLUS GOLD
送料:2,200円~4,400円
公式サイトを見る
価格を抑えられる。
購入時にカスタマイズはできません。
パーツの増設は自分でする必要があるため、
ある程度PCの知識があった方が良いでしょう。
マイクラ同梱!
納期が早い!

ドスパラ ゲーミングパソコン
GALLERIA XA7C-R47TS
参考価格:
338,980円
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:静音空冷式
グラボ:RTX 4070 Ti SUPER
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:750W
80PLUS GOLD
送料:3,300円~6,600円
公式サイトを見る
何でもそつなくこなせる。
納期が早くい。
マイクラとXBOX Game Pass付き。
到着してすぐに遊びたい人におすすめです。
高い満足感
美しいPC!
鏡界シリーズ

STORM 鏡界2
STORM
K2-147F47TiS

参考価格:
342,000円
CPU:Core i7-14700F
CPUクーラー:
画像表示機能付き水冷240mm
グラボ:RTX 4070 Ti SUPER
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 1TB
メモリ:DDR5 32GB
無線:Wi-Fi 6E+Bluetooth
電源:850W
80PLUS GOLD 
送料2,200円
>>境界のレビュー記事はこちら
公式サイトを見る
デザインが抜群。
インテリアとして置け、部屋が明るくなる。
ファンの音が大き目で、配信のときに
音が気になるかも。
画像表示ができるCPUクーラーが美しい!
ビルドクオリティも非常に高く、
持っているだけで高い満足感が得られるPCです。

ゲームに強いCPU搭載!水冷で冷却性能もバッチリ!

NEXTGEARのゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A7G7A

参考価格:319,800円(税込み、送料無料)

ゲームに強いAMD Ryzen 7 7800X3D搭載

どんなゲームもサクサクプレイが可能です。

CPUクーラーは水冷240mmでしっかり冷却できます。ケースも冷却効率が高い構造で熱対策もバッチリ。

3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心です。

送料無料!

NEXTGEARはEC限定販売です
3年間センドバック修理保証
24時間×365日電話サポート付き!

MSIパーツで構成されたコラボモデル!

FRONTIER MSIモデル

FRONTIER FRGLB760 WS417

参考価格:314,980

MSI製のパーツで構成され、信頼性が高いゲーミングPCです。

購入時のカスタマイズが不可能なため、SSDの増設は自分でやる必要があるので注意してください。

コストを抑えてPCを手に入れたい方におすすめです。

\コストを抑えたPCならこれ!/

すぐにPCが欲しい人、すぐに遊びたい人におすすめ。

ドスパラ ゲーミングパソコン

GALLERIA XA7C-R47TS

参考価格:338,980

チップセットにB760、DDR4メモリー32GB。SSDが1TBと、メモリもSSDも初期容量は十分にあります。

ゲームをたくさんインストールしたいなら、2つ目のSSDを増設しておくと、より良いでしょう。

マイクラとXbox Game Passが同梱されているので、手元に届いたらすぐに遊べます。

ドスパラは納期が早いので、少しでも早くゲームで遊びたい人におすすめです。

\納期が早くてすぐに遊べる!/

マイクラとXbox Game Pass同梱!

STORMの鏡界2!性能はもちろん、インテリアとしても魅せる!

STORM 鏡界2

STORM K2-147F47TiS

参考価格342,200円

Core i7-14700F搭載。B760、DDR4メモリー32GB、SSD 1TBなど、ゲームが快適に動作するために必要なパーツが搭載されています。

また、STORMのPCは電源に余裕を持たせてあるので、将来のアップグレードにも十分対応可能。

PCケースはもちろん、大型化された画像表示機能付き簡易水冷CPUクーラーの美しさには驚きます!

さらに、WifiとBluetoothが標準搭載されました!

性能にも見た目にもこだわった満足度が高いゲーミングPCです!

>>境界のレビューを見たい方はこちらから

\美しいインテリアPC!/

ナノダイヤモンドグリスにアップグレード中

RTX 4070 TiとRTX 4070 Ti SUPERの選び方まとめ

RTX 4070 TiとRTX 4070 Ti SUPERは、こちらを基準に選ぶと間違いありません。

  • RTX 4070 Ti:ゲームメインで使いたい。少しでもコストを抑えたい人。
  • RTX 4070 Ti SUPER:画像生成AIやクリエイティブ作業もやりたい人。

ゲームメインで使いたいならRTX 4070 Tiで十分な性能を発揮します。

動画編集や画像生成AIなど、クリエイティブ作業もしたいならRTX 4070 Ti SUPERを選んだ方が、後悔しないでしょう。

あなたが使いたい方法に合わせて、グラボやゲーミングPCの選択をしてください。

楽しいPCライフを!

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

目次(見たいところからチェック!)