\ Amazonプライムデー先行セール開催中! /

RTX 4060 Ti(8GB)は売れない?性能レビューで分かったメリットとデメリット

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

2023年5月24日午後22時から、RTX 4060 Ti(8GB)の販売が開始されましたが、販売当日はほとんど売れなかったようです。

日本に限らず海外でも売れていなかった様子。

なぜここまで評価が悪いか気になりませんか?

私もNVIDIA RTX4060Ti(8GB)の購入を見送ろうか迷っていましたが、あまりにも評価が低いため逆に興味が出てきました。

けっきょく、MSI GeForce RTX 4060 Ti VENTUS 2X BLACK 8G OCを自腹で購入。

実際に使ってみた感想と、評価がよくない理由をまとめました。

ナオ

結論:RTX 4060 Tiは言うほど悪くないよ!

RTX 4060 Tiが気になっている方がこの記事を読めば、期待した性能かそうでないかわかります。ぜひ参考にしてください。

この記事でわかること
  • RTX 4060 Tiが売れないと言われる理由。
  • RTX 4060 Tiはどんなグラボなのか。
  • RTX 4060 Tiの仕様。
  • RTX 4060 Tiのベンチマーク。
  • RTX 4060 Tiのメリット・デメリット。

>>RTX 4060 Ti搭載のゲーミングPCを見たい方はこちら

目次(見たいところからチェック!)
Amazon プライムデー 先行セール
  • Amazonプライムデー開催!
  • 7月15日(月)23:59まで!
  • 最大15%ポイントアップキャンペーン!

RTX 4060 Ti(8GB)が売れないと言われる理由

RTX 4060 Ti(8GB)の評価がよくない、売れないと言われる理由は以下です。

  • メモリ(VRAM)容量が8GBで期待外れ。
  • メモリバス幅が128-bit。
  • メモリ帯域幅が288GB/sと狭い。
  • 期待していた性能に達していなかった。
  • 価格が高い(特に日本)。

それぞれ説明します。

メモリ容量が8GBで期待外れ

RTX 4060 Tiに搭載されているメモリはGDDR6 8GB。RTX 3060 Tiも同じく8GBです。

RTX4070は12GBを搭載しており、価格面を見てもメモリ容量が増加されることが期待されていました。

最近の処理が重たいゲームではフルHDでもメモリ使用量が8GBを超えると言われています。

RTX 4060 Tiの情報が出たとき、メモリが8BGであることに海外レビュワーからも落胆の声が。

ナオ

メモリ8GBあればフルHDゲームプレイで問題は起こりにくいんだけどね。

ただし、大きな画像の加工や動画編集、AIイラスト作成などクリエイティブ作業ではメモリ不足を起こす可能性が高まります。

メモリバス幅が128bitと大幅に縮小

旧世代のRTX 3060 Tiはメモリバス幅が256bitでした。

RTX 4060 Tiが128bitと半分に減らされているため、処理性能が低いのでは?と予想されました。

メモリバス幅が狭くなることでメモリ帯域幅も狭くなり、高い解像度の処理が不利になることが想像ができます。

ナオ

これには驚き。半分に減らされると、性能が落ちたようにしか見えないよね・・・

メモリ帯域幅が288GB/sで狭すぎ

RTX 3060 Tiはメモリ帯域幅が448GB/sでした。

RTX 4060 Tiは約35%低い288GB/sになっており、高解像度の処理に弱い印象があります。

NVIDIAはL2キャッシュを32MBに増加させることで、計算上は554GB/s同等の性能が出せていると公表しています。(RTX 3060 TiのL2キャッシュは4MB)

数字的に見て大幅削減されてしまったメモリ帯域幅の印象が悪く、評価が下がったといったところでしょうか。

ナオ

実際に高解像度になればなるほどフレームレートが出にくくなるんだよな。やっぱメモリの影響だよね・・・

期待していた性能に達していなかった

RTX4000シリーズの販売が始まった当初、RTX4090が圧倒的な性能を見せつけるスタートを切りました。

ミドルエンドのグラフィックボードとして人気があった、RTX 3060 Tiより大幅に性能アップが期待されていましたが、実際には10%ほどの性能アップで期待より低かったことが評価を下げる原因の一つ。

さらにメモリ周りの強化がされず、フルHD向けとして仕上げられたRTX 4060 Tiにがっかりした人が多かったようです。

また、インターフェースが「PCI-E 4.0 X8」という点が性能低下されているように見えてしまいます。

フルHDでゲームをしたとき、影響はほとんど感じませんが、PCI-E 4.0 X16が一般的になっている中、レーン数が減っている点にも引っかかりを感じます。

ナオ

RTX4090がブチ抜きすぎた結果かな。

価格が高い

RTX 4060 Tiの価格は399ドルと発表されました。

発売当時、日本では69,800円からで、RTX 3060 Tiが5万円前半から購入できることから、価格が高い印象になったようです。

RTX3060や3060Tiを使っているユーザーから見れば、約7万円出して交換するほどの魅力はありません。

RTX2000シリーズやGTXシリーズを使っているユーザーからしても、RTX3060Tiの方が価格的にも性能的にも魅力があるように見えたと考えられます。

ナオ

発売当初は高かったね。2023年10月現在、5.5万円前後まで落ちてきてるよ。

フルHDメインで価格が落ち着けば優秀なグラボです

RTX 4060 Ti(8GB)の評価はよくなく、販売も賑わっていません。

RTX3060TiやRTX3070に近いゲーミング性能。これに対し7万円前後を出すメリットは少ないです。

でも、フルHDでは高い性能を発揮しています。

販売から時間がたち、価格も落ち着いてきました。

RTX 4060 Ti(8GB)は6万円前半なら買っても満足なレベルになります。

ナオ

2023年10月現在、価格は5万円台に乗っています。性能を考えてもぜんぜん有りなグラボです。

>>RTX 4060 Ti搭載のゲーミングPCを見る

RTX 4060 Ti(8GB)はどんなグラボ?

MSI RTX4060Ti 8GB

RTX 4060 TiはフルHDがターゲットのGPUです。

フルHDでゲームをプレイする人に合っています。

特に、FPSシューター(ApexやCod)や音ゲーなど、高いfps(フレームレート)が求められるゲームプレイに最適。

解像度がWQHDでもそこそこ快適で、処理負荷が軽ければ144fps以上出せるゲームもあります。

DLSS3に対応したゲームなら、より高いfpsが出せる次世代GPUです。

RTX 4060 Ti(8GB)の仕様

RTX 4060 Tiの仕様を見ていきます。参考にRTX 3060 Tiの仕様と並べました。

RTX 4060 TiRTX 3060 Ti(参考)
CUDAコア数43524864
ブーストクロック2540 MHz1670 MHz
ベースクロック2310 MHz1410 MHz
メモリタイプ8GB GDDR68GB GDDR6X
メモリスピード18Gbps14 Gbps
メモリバス幅128-bit256-bit
メモリ帯域幅 288 GB/s448 GB/s
レイトレーシングコア第3世代第2世代
Tensorコア第4世代第3世代
NVIDIA アーキテクチャAda LovelaceAmpere
インターフェースPCI-E 4.0 X8
接続スロット:
PCI Express x16
PCI-E 4.0 X16
DLSSDLSS 3DLSS 2
ポートHDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDMI 2.1 x1
DisplayPort 1.4a x3
HDCP2.32.3
最大消費電力160W200W
システム電源容量550W600W
補助電源コネクタ12VHPWR(12+4ピン)
PCIe x 1変換コネクタ
または
PCIe x 1
PCIe x 1
発売日2023年5月24日2020年12月2日
価格6万円前後5.5万円前後
AmazonRTX4060TiRTX3060Ti

RTX 3060 TiからRTX 4060 Ti(8GB)にどのような進化があったかまとめると以下のようになります。

  • ブーストクロックが52%アップ。
  • ベースクロックは62%アップ。
  • メモリバス幅が50%ダウン。
  • メモリ帯域幅は35%ダウン。
  • L2キャッシュが4MBから32MBに大幅増量。
  • DLSS3.5に対応。
  • 消費電力が160Wと省電力。(RTX3060Tiは200W)
  • フルHDがメインターゲットのGPU。

RTX 3060 Tiと比べCUDAコア数は少なくなっていますが、ベースクロック、ブーストクロックは大幅に早くなっています。

NVIDIAによるとメモリバス幅が128bitと狭いですが、L2キャッシュを32MBに大幅増加。メモリ帯域幅は実質554GB/sになる設計だと主張しています。

仕様だけ見ると、このような設計になっていると知ることができず、メモリ幅が狭い印象が強く見えてしまいますよね。

実際は解像度が高くなると少なからず影響がでるのではないかと考えますが、後ほどベンチマークを紹介しながら解説します。

NVIDIAはRTX 4060 Tiを「The Ultimate Graphics Cards for 1080p Gaming」と言っています。つまり、RTX 4060 TiはフルHDゲーム用の究極のグラフィックカードであるということです。(NVIDIA公式サイト

>>RTX 4060 Ti搭載のゲーミングPCを見たい方はこちら

ゲーム別ベンチマーク

専用ベンチマークソフトが無いゲームは、実際にプレイしてfps計測をしています。

計測には、MSI AFTERBURNERというfps(フレームレート)やCPU温度を記録するソフトを使いました。

ここで紹介しているベンチマークは、ゲーム中の状況やアップデートによって数値が変わる可能性があります。参考値としてご覧ください。

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ
出典:Apex Legends

Apexは処理の軽いゲームです。グラフィック設定を低くすれば、多少古いグラフィックボードでも快適に遊べます。

Apexはグラフィック設定にプリセットがありません。ゲーム内のグラフィック設定を一番軽くした低設定と、全ての設定を高くした高設定で計測しました。

Apex RTX4060Tiのベンチマーク

ApexはWQHDまでなら快適にプレイできました。

RTX3070よりもフレームレートが高く出ており、引っかかりなども感じません。

Apexは、もともと処理の軽いゲームでDLSSにも対応していないことから、必ずしもグレードの高いGPUが必要とは言えません。RTX3060Tiでも十分快適にプレイが可能です。

>>RTX 4060 Ti搭載のゲーミングPCを見る

ファイナルファンタジー14

ff14 暁月の終焉
出典:ff14 暁月の終焉

MMO RPGのFF14。画面上にたくさんのキャラやエフェクトが描画されますが、動作は軽いゲームです。

RTX4060Ti(8GB)は、RTX3060Tiと同じぐらいのベンチマーク結果となりました。

スコア15000以上で「非常に快適」判定になります。

FF14 RTX4060Tiのベンチマーク

気になるところは、高解像度になるとベンチマークの伸びが悪くなる点。

4Kになると、急にベンチマークが悪くなるところを見ると、メモリバス幅の影響が出ているように見えます。

フルHDやWQHDでプレイするなら全く影響なく、快適にプレイが可能です。

>>RTX 4060 Ti搭載のゲーミングPCを見る

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077 メインイメージ
出典:Cyberpunk 2077

PCゲームの中では最強クラスの重さを持つCyberpunk 2077。

Cyberpunk 2077では、RTX4060TiとRTX3070がほぼ同等のベンチマークとなりました。

スクロールできます
サイバーパンク RTX4060Tiのベンチマーク
サイバーパンク RTX4060Tiのベンチマーク
サイバーパンク RTX4060Tiのベンチマーク

RTX4060TiはWQHDのグラフィック高設定まで快適にプレイでき、それ以上を狙うならグラフィックボードのグレードを上げる必要があります。

Cyberpunk 2077はDLSS3に対応しており、RTX4000シリーズであればDLSSフレームジェネレーションが使えます。

グラフィック設定を「レイトレーシング・ウルトラ」にして、DLSSフレームジェネレーションを使ってみました。

DLSSフレームジェネレーション
解像度OFFON
フルHD73fps115fps
WQHD55fps82fps
4K33fps44fps
RTX4060TiのDLSS結果

上記のように、DLSSフレームジェネレーションを使うことでfpsを上げることができました。

ナオ

DLSS3の効果すごい!これならWQHDでも快適に遊べる!

しかし、4Kなど解像度が高いときはゲーム中の操作にモタツキが出たり、メニュー画面が重たかったりします。

特にレイトレーシングの処理が重たく、解像度が高いときにDLSSを使っても完全に処理負荷の解消にならないことがあります。

fpsを上げたいときはレイトレーシングを低めの設定にするか、オフにすることをおすすめします。

フレームジェネレーションとは、フレームの間をAIで作られた画像で補完することで、fpsが高く出るように見せる技術です。

ナオ

DLSSがすごいと言っても、万能ではないということだね。

>>RTX 4060 Ti搭載のゲーミングPCを見る

Call of Duty MW2

Cod MW2 メインイメージ
出典:Call of Duty MW2

Cod MW2は処理が重たく、フルHDでもRTX 3060Ti以上が理想のゲームです。

プレイ時間が長くなりがちな、ドミネーションで計測を行っています。

Cod MW2 RTX4060Tiのベンチマーク

RTX4060Tiは、WQHDのグラフィック最低設定までなら特に不自由なくプレイできました。

フルHDでは全体的にフレームレート(fps)が高めに出ていて快適です。

WQHD以上になるとfpsが出にくくなり、4Kではプレイ不可能と言っていいほどカクツキが目立ちます。

Cod MW2はDLSS3に対応しているので、さらにfpsを高くすることができますが、遠くの敵がボヤっとして見えにくくなるデメリットがあります。

RTX4060TiはフルHDで使うことを前提に使うことをおすすめします。

>>RTX 4060 Ti搭載のゲーミングPCを見る

ファイナルファンタジー15

FF15 メインイメージ
出典:Final Fantasy XV

FF15は発売当時からグラフィックが重たいゲームと言われてきました。

FF15専用ベンチマークソフトで計測しています。

スコアが12000以上で非常に快適の判定になります。

FF15 RTX4060Tiのベンチマーク

フルHDなら、グラフィック高設定でもスコアが12000を上回ります。

RTX 3060 Tiよりも高いスコアが出ていて、快適にプレイできることがわかります。

4K解像度ではRTX 3060 Ti同等のスコアになります。FF15をプレイするならフルHDがターゲットと考える方がよさそうです。

>>RTX 4060 Ti搭載のゲーミングPCを見る

ゲーム別ベンチマーク結果まとめ

ゲームによってスコアの伸びはまちまちですが、基本的にフルHDでは高いスコアが出せています。

4Kになるとスコアの伸びはストップし、RTX 3060 Ti同等かそれ以下に落ち着きます。

ゲーム別ベンチマークの結果から、やはりフルHDがメインターゲット。ゲームによってはWQHDでも快適に遊べるといった性能であることがわかります。

RTX 4060 TiはRTX 3060 Tiにとてもよく似た特徴を持っていて、RTX3060Tiを使っているなら乗り換えるメリットはほとんど無いですね。

ナオ

新規で買うならRTX 4060 Tiを選ぶ方がメリットは大きいと言えます。

>>RTX 4060 Ti搭載のゲーミングPCを見る

3DMarkのベンチマーク結果

3DMarkのロゴ

3DMarkでRTX4000シリーズの性能比較をします。

ベンチマークの結果をそれぞれ表にまとめているので、参考にしてください。

Speed Way

3DMark Speedway

DirectX 12 Ultimateの性能をテストするベンチマークです。

RTX 3060 Tiより10%ほど高い結果となりました。

SpeedWay RTX4060Tiのテスト

Port Royal

3DMark Port royal

リアルタイムレイトレーシングのパフォーマンステストです。

RTX 3070より高い結果が出ました。

RTX4000シリーズからレイトレーシングコアが第3世代になり、性能が上がっていることがわかります。

PortRoyal RTX4060Tiのテスト

Time Spy

3DMark TimeSPy

DirectX 12ベンチマークテストです。

Time SpyとTime Spy Extreme、どちらもRTX3070より高い結果になりました。

RTX3070より結果は良いですが、Time Spy Extremeはフレームレートが出ていません。画面のカクツキがひどいため、実用レベルではなかったです。

TimeSpy  RTX4060Tiのテスト

Time SpyはWQHD(2560×1440)、Time Spy Extremeは4K(3840×2160)でテストします。

Fire Strike

3DMark Firestrike

Fire Strikeは高性能ゲーミングPCや、オーバークロックしたシステム用のDirectX 11ベンチマークです。

Fire Strike Ultra(4Kでテスト)になるとRTX3070に負けます。他はRTX3070より高い値が出ていますが、やはりメモリ帯域幅の影響が出ていると考えられます。

FireStrike  RTX4060Tiのテスト

DirectX Raytracing feature test

3DMark dxr11

処理負荷の高いレイトレーシングのテスト。fps(フレームレート)で計測します。

レイトレーシングコアのバージョンアップにより、レイトレーシング性能が高くなっていることがわかります。

DirectX Raytracing RTX4060Tiのテスト

NVIDIA DLSS feature test

3DMark dlss

NVIDIA DLSSは画質調整とAIでfpsを向上させる技術です。

今後、DLSSに対応するゲームが増えてくるため、注目されている技術です。

DLSS  RTX4060Tiのテスト

DLSS 3のテスト

4000番台からDLSS 3に対応しています。以下はDLSS 3のテスト結果。

3DMarkのDLSS 3は4K解像度でテストを行います。

DLSS3  RTX4060Tiのテスト

3DMarkの結果まとめ

  • RTX 4060 TiはRTX 3060 Tiより10%~20%性能が高い。
  • フルHDではRTX 3070を超える性能がでることがある。
  • WQHD以上になるとRTX 3060 Tiに近い結果になる。

解像度が高くなればなるほどベンチマークの結果が下がっていくことから、RTX4060TiはフルHDがメインターゲットとなることは間違いなさそうです。

特に4K解像度ではRTX 3060Tiより結果が低くなることがあり、性能はフルHD~WQHDに限定されている感じがありますね。

ナオ

RTX 3060 Tiと比べると、ちゃんと進化してるのがわかるよね。

>>RTX 4060 Ti搭載のゲーミングPCを見る

MSI GeForce RTX 4060 Ti VENTUS 2X BLACK 8G OCの紹介

MSI RTX4060Ti 8GB

今回レビューしたグラボは、MSI GeForce RTX 4060 Ti VENTUS 2X BLACK 8G OCです。

オーバークロックモデルなので、RTX 4060 Tiの基本仕様より少しだけブーストクロックが高くなります。

製品名MSI GeForce RTX 4060 Ti
VENTUS 2X 8G OC
GPUNVIDIA GeForce RTX 4060 Ti
CUDAコア4352ユニット
メモリ8GB GDDR6
メモリインターフェース128-bit
ブーストクロック2565MHz
メモリクロック18Gbps
バスインターフェースPCI Express 4.0 x8
ディスプレイ出力端子DisplayPort 1.4a×3
HDMI 2.1a×1
補助電源8ピン×1
消費電力160W
システム電源容量550W
外形寸法約199×120×42mm
重さ約546g

MSI GeForce RTX 4060 Ti VENTUS 2X BLACK 8G OCは説明書以外に付属品が無く、とてもシンプルでした。

外観

MSI GeForce RTX 4060 Ti VENTUS 2X BLACK 8G OCはツインファンモデルでサイズは小さめ。スリムなPCケースでなければ、問題なく搭載することが可能です。

グラボにはLEDが付いていないので、光らせることはできません。

MSI RTX4060Ti 8GB fan

裏面は黒いプラスチックの板が付いています。右側に放熱板が見える形状。

MSI RTX4060Ti 8GB 裏面

側面にPCIe8ピンの電源コードを差すコネクタがあります。

PCIe 8ピン一本で電源供給できるので、電源ケーブルがかさばることがありません。

MSI RTX4060Ti 8GB電源

グラボの重さは約544g。この重さならグラフィックボードをマザーボードに取り付けたときのサポートも必要ありません。

RTX4060Ti グラボの重さ

RTX 4090とRTX 4070を並べてみました。RTX 4070を見たとき、小さい!と思いましたが、RTX 4060 Tiはもっと小さいですね。

最近のグラボは巨大化が進んでいるので、2連ファンモデルというだけで小さいと感じてしまいます。

MSI RTX4060Ti 8GB 他のグラボと大きさ比較
ナオ

RTX4090でかすぎ・・・

>>RTX 4060 Ti搭載のゲーミングPCを見たい方はこちら

RTX 4060 Ti(8GB)のメリット・デメリット

MSI GeForce RTX 4060 Ti VENTUS 2X BLACK 8G OC
総合評価
( 3.5 )
メリット
  • フルHDで高いフレームレートを出せ、サクサクでゲームが遊べる。
  • ゲームによってはWQHDでもサクサクプレイが可能。
  • DLSS3に対応。解像度が高いモニターでも、高フレームレートが出せる。
  • グラボ本体が小さく、ほとんどのPCケースに入る。
  • 電源ケーブルが8ピン1本で済むので、配線がスッキリする。
  • 省電力設計で、大きなPC電源が不要。
デメリット
  • 価格の割に飛びぬけた性能がない。
  • メモリの搭載量が少ないため、クリエイティブ作業で使いにくい。
  • 4Kになったとたん、急激にフレームレートが出なくなる。
  • RTX3000シリーズを使っている人が乗り換えるメリットがほとんど無い。

フルHDのゲームをメインとしたグラボと考えれば、性能的には十分と言えます。

ほんとうに価格だけが問題で、6万円前半まで値下がりすることを期待しています。

ナオ

2023年10月現在、価格は5万円台に乗りました。今の価格ならコスパは悪くありません。

RTX 4060 Ti(8GB)搭載のゲーミングPCとグラボ検索

グラボを探したい方は、ゲーミングPCリストの下にある検索用リンクをご利用ください。

スクロールできます
メーカー
商品名
仕様ゲーム
/配信
デザイン静音性サポートこんな人向け
迷ったらこれ!
【高コスパ】
高冷却性能!
NEXTGEARのゲーミングPC
mouse
NEXTGEAR
JG-A7G6T

参考価格:
179,800円
CPU:AMD Ryzen7 5700X
CPUクーラー:
水冷CPUクーラー240mm
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B550
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 16GB
電源:750W BRONZE
送料無料
>>レビュー記事はこちら
公式サイトを見る
高冷却性能&サポート充実で初心者に最適。
マウスコンピューターのNEXTGEARは
コスパ重視のPCブランドです。
安いからと言って性能が低いことは無く、
快適なゲームプレイが可能です。
3年保障でサポートが充実しているので、
初心者にも安心です。
SSD1TB搭載
FRONTIER
FRGKB760
WS501/NTK

参考価格:
179,800円
CPU:Core i5-14400F
CPUクーラー:空冷
Deepcool AK400
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe 1TB
メモリ:DDR4 32GB
電源:600W BRONZE
送料:2,200円~ 4,400円
公式サイトを見る
価格を抑えられる。
購入時にカスタマイズはできません。
パーツの増設は自分でする必要があるため、
ある程度PCの知識があった方が良いでしょう。
充実サポート!
LEVEL ミニタワー
LEVEL
M77M-144F-SLX

参考価格:
194,800円
CPU:Core i5-14400F
CPUクーラー:空冷
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 16GB
電源:700W BRONZE
WEB会員は送料無料
公式サイトを見る
サポート充実で初心者にも安心。
24時間電話対応で、夜間にトラブルが
あっても即相談できる安心感があります。
実店舗もあるので、初心者にも安心です。
納期が早い!
GALLERIA ミドルタワー
GALLERIA
RM5C-R46T

参考価格:
199,980円
CPU:Core i5-14400F
CPUクーラー:空冷
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen3 500GB
メモリ:DDR5 16GB
電源:650W BRONZE
マイクラとXBOX Game Pass付属
送料3,300円。
公式サイトを見る
早くPCが欲しい人向け。
ドスパラは最短翌日出荷で納期が早い。
すぐにPCが欲しい人は助かります。
実店舗もあるので、実際にPCを触ってから
購入をしても良いですね。
新界2!
魅せるPC!
STORM 新界2
STORM
S2-144F46Ti8G

参考価格:
235,000
CPU:Core i5-14400F
CPUグリス:
ナノダイアモンド
CPUクーラー:
STORM液晶付き水冷240mm
グラボ:RTX4060Ti(8GB)
チップセット:B760
SSD:NVMe Gen4 1TB
メモリ:DDR5 32GB
通信:Wifi、Bluetooth搭載
電源:850W GOLD 
送料:2,200円(離島は別途)
公式サイトを見る
見た目と性能を求める人向け。
STORMのPCは、見た目にこだわりがあります。
インテリアとしても部屋に置けるコンセプト。
性能はもちろん、オシャレなPCを販売しています。
見た目もこだわりたい人におすすめです。
RTX4060Ti搭載ゲーミングパソコン

【迷ったらこれ!】手に届きやすい価格でハイコストパフォーマンス!

NEXTGEARのゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A7G6T

参考価格:179,800円(税込み、送料無料)

AMD Ryzen7 5700XとRTX4060Tiの組み合わせ。フルHDで快適にPCゲームが楽しめます。

この価格にして水冷CPUクーラー搭載。ケースも冷却効率が高い構造で熱対策もバッチリ。

3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポートが付いているので、初心者の方でも安心です。

>>レビュー記事はこちら

送料無料!

NEXTGEARはEC限定販売です
3年間センドバック修理保証
24時間×365日電話サポート付き!

SSD1TBで容量も余裕!

FRONTIER

FRGKB760/WS501/NTK

参考価格:179,800円

Core i5-14400FとDDR4 32GB搭載。SSDが1TB搭載されています。M.2スロットは2つあるので、SSDの容量が足りないと感じたら後から増設も可能。

まずはコストを抑えてゲームを楽しみたい方むけのゲーミングPCです。

\安く買うならこれ!/

サポート充実!無料会員は送料無料!

LEVEL ミニタワー

LEVEL-M77M-144F-SLX

参考価格:194,800円

Core i5-14400FとRTX4060Tiの組み合わせ。DDR5メモリー、SSD 1TB NVMe Gen4が搭載されているので初期容量はバッチリです。

パソコン工房は24時間電話サポートをしているので、夜間のトラブルやPCに詳しくない人でも安心。

無料会員登録で送料(2,200円)が無料になります。

\無料会員登録で送料無料/

納期が早い!速くPCが欲しいならドスパラで!

GALLERIA ミドルタワー

GALLERIA RM5C-R46T

参考価格:199,980円

ドスパラで人気のゲーミングPC。グラボにRTX4060Tiが搭載されているので、フルHDゲームはサクサクプレイ可能。

マイクラやXBOX Game Passが同梱されているので、はじめてのゲーミングPCとしておすすめです。

SSDが500GBなので、たくさんゲームをインストールすると、すぐに容量不足になります。1TBに増設しておくと安心ですね。

ドスパラは最短翌日出荷なので、早くPCがほしい人におすすめです。

STORMの新界2!性能はもちろん、インテリアとしても魅せる!

STORM 新界2

STORM PZ-14KFS46Ti

参考価格:235,000円

Core i5-14400F搭載。B760、DDR5 32GB、SSD 1TB NVMeなど、ゲームが快適に動作するために必要なパーツが搭載されています。

電源にも余裕があるので、将来のアップグレードにも十分対応可能。

性能はもちろん、見た目にもこだわった満足度が高いゲーミングPCです!

ナノダイヤモンドグリスにアップグレード中

RTX4060Tiグラボ検索

RTX 4060 Ti(8GB)レビューのまとめ

RTX4060Ti(8GB)の特徴は以下になります。

RTX 4060 Ti(8GB)の特徴
  • フルHDがメインターゲットのGPU。
  • 基本的な性能はRTX3060Tiに近い。
  • フルHDなら、ゲームによってはRTX3070同等の性能。
  • フルHDならほとんどのゲームが快適にプレイできる。
  • メモリ帯域幅の影響か、4Kになると一気に性能が落ちる。
  • 消費電力が160Wと省電力。(RTX3060Tiは200W)
  • DLSS3にバージョンアップした。

市場で評価がよくない理由をまとめると、

  • 価格の割に飛びぬけた性能がない。
  • 価格が高い。(特に日本の発売価格)
  • メモリの搭載量が期待より少ない。
  • メモリバス帯域が狭く、フルHD以外で性能が出しにくい。
  • RTX3000シリーズを使っているユーザーは乗り換えるメリットが無い。

RTX4060Tiの基本性能はRTX3060Tiに近く、ゲームによってはRTX3070に近い性能が出せます。消費電力が160Wと省電力。高くなった電気代にも優しい設計は良かった点ですね。

メモリ帯域幅が狭いせいか、4Kなど解像度が上がるとRTX3060Tiよりも性能が落ちることがあります。

海外レビューサイトでは、この価格ならメモリを16GB積んで!とメモリ仕様に関する評価がよくありません。

海外レビューサイトの評価はこんな感じ
  • 4060Ti は、一部のレビュアーから「友好的な」歓迎を受けています。
  • ComputerBase: 「このクラスでは 8GB ではもはや十分ではありません」
  • ゲーマーズ ネクサス: 「購入しないでください」
  • HWU: 「400 ドルでは笑えるほどひどい」
  • PCGH: 「16 GiByte のバリアントを待ってください!」
  • PCWorld: 「400 ドルにしては残念」 TechSpot: 「絶対にダメだ」

省電力とDLSS3、AV1エンコードの対応などバージョンアップしているところはあるのですが、価格が高い。RTX3060Tiが5.5万円前後で販売されていることを考えると、RTX4060Tiの7万円はガッカリしますね。値段がさがって6万円前後になることを願います。

ナオ

2023年10月現在、価格は5万円台に乗りました。今の価格ならコスパは悪くないですね。

>>RTX 4060 Ti搭載のゲーミングPCを見る


WQHDモニターを使う方は、もう少しがんばってRTX 4070が搭載されたゲーミングPCを購入した方が満足度は高くなります。

RTX4070のレビューとベンチマークはこちらの記事で紹介しています。参考にしてください。

次に主力になるRTX 4000シリーズは消費電力が低く、DLSS3に対応したゲームが増えてくるので、性能が発揮できるシーンが多くなります。

これから新しくグラボやゲーミングPCの購入をされる方は、RTX 4000シリーズを視野に入れて検討してみてください。

RTX4000シリーズをこちらの記事でまとめているので参考にしてください。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

目次(見たいところからチェック!)