\ Amazonプライムデー先行セール開催中! /

NEXTGEAR JG-A7G6Tのレビュー 手が届きやすいコスパ重視のゲーミングPCの紹介

【PR】当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。
NEXTGEAR JG-A7G6T レビュー記事

mouseの新しいゲーミングPCブランド「NEXTGEAR」。

PCゲームを楽しみたい人が手に届きやすい、コスパ重視のブランドです。

今回はグラボにRTX 4060 Ti(8GB)が搭載された、NEXTGEAR JG-A7G6Tを実機レビューしていきます。

主にフルHDをターゲットとしたゲーミングPCで、価格に対して装備されているパーツは満足度が高く、ゲーミング性能も申し分ありません。

ナオ

結論から言うと、価格も性能もNEXTGEARがいい!

JG-A7G6T本体の仕様やベンチマークの結果を見てもらえれば、満足できることがわかります。

ハイコストパフォーマンスのJG-A7G6T。性能をぜひご覧ください。

マウスコンピューター様からNEXTGEAR JG-A7G6Tの実機をお借りしてレビューさせていただきました。

手に届きやすい価格でハイコストパフォーマンス!

NEXTGEARのゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A7G6T

参考価格:179,800円(税込み、送料無料)

AMD Ryzen7 5700XとRTX4060Tiの組み合わせ。フルHDで快適にPCゲームが楽しめます。この価格にして水冷CPUクーラー搭載。ケースも冷却効率が高い構造で熱対策もバッチリ。3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポートが付いているので、トラブルが起きても安心です。

送料無料!

NEXTGEARはEC限定販売です
3年間センドバック修理保証
24時間×365日電話サポート付き!

目次(見たいところからチェック!)
Amazon プライムデー 先行セール
  • Amazonプライムデー開催!
  • 7月15日(月)23:59まで!
  • 最大15%ポイントアップキャンペーン!

NEXTGEAR JG-A7G6Tを簡単にまとめると

  • フルHDでサクサクゲームができるゲーミングPC。
  • CPUはAMD Ryzen7 5700X プロセッサー
  • グラボにRTX 4060 Ti搭載。
  • なんと!この価格で水冷CPUクーラー搭載!
  • 光るLEDファン付きケースも選択可能。
  • 吸気口が多いので、音が大き目。その代わり、冷却性能は高い。
  • 手が届きやすい価格のゲーミグPC。
  • 3年間のセンドバック保障と24時間電話サポートは健在。
NEXTGEAR JG-A7G6T

NEXTGEAR JG-A7G6Tは、RTX 4060 Tiが搭載されたフルHDがメインターゲットのPC。

RGBライティングが不要な人は、ライティング無しのケースが選べます。そして少し安くなるのが嬉しい!

ゲーミング性能は同社のG-Tune DG-I5G6Tとほぼ同等。

それなのに価格は約5万円も安い。しかも水冷CPUクーラー搭載。

どうやってコストカットしているのか不思議なぐらい安い。

G-Tuneシリーズと同じく、3年間のセンドバック保障と24時間電話サポートが標準で付いているので、初心者にも安心のゲーミングPCです。

ナオ

この価格はどうやって実現しているのか・・・

NEXTGEAR RTX 4060 Ti搭載モデル一覧

NEXTGEARのRTX 4060Ti搭載モデルは、いくつかバージョンがあります。

Ryzen 5
4500
Ryzen 7
5700X
Ryzen 5
7500F
Ryzen 7
7700
型番JG-A5G6TJG-A7G6TJG-A5G6TJG-A7G6T
CPUクーラー空冷
リテールクーラー
簡易水冷
240mm
空冷
リテールクーラー
簡易水冷
240mm
GPUGeForce RTX 4060 Ti
チップセットB550A620
メモリDDR4-3200 16GB
(8GB×2)
DDR5-4800 16GB
(8GB×2)
ストレージ1TB M.2 SSD Gen31TB M.2 SSD Gen4
OSWindows 11 Home
電源750W(80PLUS BRONZE)
価格
税・送料込
154,800円179,800円179,800円209,800円

今回レビューしたRyzen 7 5700X搭載のJG-A7G6TとRyzen 5 7500F搭載のJG-A5G6Tが同じ価格です。

CPUはRyzen 5 7500Fの方が少しだけ性能が高く、SSDもGen4。

どちらもゲーミング性能の体感は変わりませんが、少しでも処理性能にこだわるならJG-A5G6Tを選択してもいいですね。(ただし、CPUクーラーは空冷リテールクーラーになります。)

\手に届きやすい価格!さらに送料無料!/

NEXTGEARはEC限定販売です!

NEXTGEAR JG-A7G6Tの仕様

NEXTGEAR JG-A7G6Tの仕様と、比較用として同社のG-Tune DG-I5G6Tを並べました。

NEXTGEAR
JG-A7G6T
G-Tune
DG-I5G6T
CPUAMD Ryzen7 5700X
8コア16スレッド 3.4GHz
Intel Core i5-13400F
Pコア6/Eコア4/16スレッド 2.5GHz
CPUクーラー水冷CPUクーラー 240㎜サイドフロー
空冷CPUクーラー
グラボGeForce RTX 4060 Ti
GDDR6 8GB
GeForce RTX 4060 Ti
GDDR6 8GB
SSD1TB NVMe500GB
(NVMe Gen4×4)
メモリDDR4-3200 16GB
空きスロット 2
※最大64GBまで搭載可能。
DDR5-4800 16GB
空きスロット 0
※最大64GBまで搭載可能。
マザーボードASRock B550 PRO4ASRock B760 DDR5
入出力ポート■上面
USB3.0 (5Gbps) x 2
POWER S.W x 1
ヘッドホン端子 x 1
マイク入力端子 x 1

■背面
USB 2.0 x 2
USB3.0 (5Gbps) x 4
USB3.1(10Gbps) x 1
USB Type-C x 1
LAN x 1
Audio Connectors
■前面
USB3.0 (5Gbps) x 2
POWER S.W x 1
ヘッドホン端子 x 1
マイク入力端子 x 1
HDMIポート x 1
※延長が必要。

■背面
USB 2.0 x 2
USB3.0 (5Gbps) x 2
USB Type-C x 1
LAN x 1
Audio Connectors
無線通信無しWi-Fi 6E
Bluetooth 5
電源750W(80PLUS BRONZE)750W(80PLUS BRONZE)
ケースサイズ幅220×高さ424×奥行410幅205×高さ411×奥行400
参考価格179,800円239,800円
こんな人に合う純粋にゲームを楽しみたい。
PCの価格を抑えたい。
音が静かなPCがほしい。
無線が使えるPCがいい。
VRで遊びたい人。
>>G-Tune DG-I5G6Tの記事

送料無料!

NEXTGEARはEC限定販売です
3年間センドバック修理保証
24時間×365日電話サポート付き!

CPUはAMD Ryzen7 5700X。ゲームメインなら十分な性能を発揮するミドルクラスのCPUです。

メモリは4本刺せますが、最大64GBまで。

動画作成や重たいクリエイティブ作業をしないなら、初期搭載の16GBで問題ありません。

RTX 4060 TiはフルHDに最適なGPUで消費電力が160Wと省電力。処理が重たいゲームも快適にプレイ可能なバランスが非常に優れたグラフィックボードです。

電力比較RTX 4060 TiRTX 3060 Ti
グラボ消費電力160W200W
推奨システム電力550W750W

もう一つのポイントはUSBポートの多さ。背面に8個もポートがあり、とても助かります。

また、標準では光らないケースファンが前面と背面に1つずつ付いていますが、有料でLEDファンを選ぶことも可能です。

JG-A7G6TのRGBライティング
JG-A7G6TのLEDケースファン
ナオ

SSDは標準で1TB NVMeが搭載されているので、急いで増設する必要ありませんね。

NEXTGEAR JG-A7G6Tの外観とパーツ類

JG-A7G6Tの正面は大きなX型のデザイン。今までのmouseにはない独特のケースデザインになっています。

正面の上下はメッシュになっていて、吸気口の役割を持っています。

NEXTGEAR JG-A7G6T

上面の大部分は吸気・排気口になっていて、ホコリの侵入を防ぐメッシュが付いています。

NEXTGEAR JG-A7G6Tの上面

上面に電源ボタンやUSB、ヘッドホンとマイク端子。USBはどちらも3.0です。

NEXTGEAR JG-A7G6Tのボタン類

左側には強化ガラスのパネル。中が見えますが、標準ではLEDファンが無いため暗くてはっきり見えません。

NEXTGEAR JG-A7G6Tの左側面

今回はお借りしているPCなので、ガラスパネルのシートを外していません。

ケース内のファンは前面に1つ、背面に1つの計2つ。オプションでLEDファンにすると、前面に3つファンが付いてきます。

NEXTGEAR JG-A7G6Tのフロントファン
NEXTGEAR JG-A7G6Tのリアファン

上面の内側には水冷CPUクーラーのラジエーターとファンが付いています。

NEXTGEAR JG-A7G6TのCPUクーラー

右側面はシンプルにパネルのみ。

NEXTGEAR JG-A7G6Tの右側面

右側面のパネルを外したところ。ケーブルは綺麗にまとめられています。

電源がモジュラータイプではないので、使っていない電源ケーブルは下の方にまとめられていました。

NEXTGEAR JG-A7G6Tのパネルを開けたところ

2.5インチSSDが2つ付けられるブラケットもあります。後から容量追加するときに使いましょう。

NEXTGEAR JG-A7G6Tのブラケット

背面で注目すべきは背面のUSBポート。USBが8個も付いているので、拡張性が高い仕様になっています。(上面と合わせると10個)

NEXTGEAR JG-A7G6Tの入出力ポート

底面にはフィルターが付いていて、PC内部へホコリの侵入を最小限にします。

フィルター簡単に取り外せるので、掃除も楽ですね。

NEXTGEAR JG-A7G6Tの底面
ナオ

前、後ろ、上、底から空気の流れを作る構造。冷却効果を高めていますね。

搭載されているパーツ

JG-A7G6Tで確認できた、主なパーツを紹介。

  • マザーボード(ASRock)
  • メモリ(ADATA)
  • グラボ(恐らくGALAX)

マザーボードはASRockのB550M。メモリはDDR4で最大64GBまで拡張可能。

NEXTGEAR JG-A7G6Tのマザーボード

メモリはADATA DDR4-3200 16GB(8GBx2)。ADATAは信頼度の高いメーカーですね。

NEXTGEAR JG-A7G6Tのメモリ

グラフィックボードはGeForce RTX 4060 Ti 8GBを搭載。

メーカーは恐らくGALAXで、2連ファンモデルです。

2.5スロットという微妙な厚みがありますが、これにより冷却効果が高められているそうです。

NEXTGEAR JG-A7G6Tのグラボ

付属品

DG-I5G6Tの付属品
  • 電源ケーブル
  • マニュアル類

付属品は超シンプル!基本構成では電源ケーブル以外にケーブルやパーツ類は付いてきません。

※キーボードやマウスが必要な方は、購入時のカスタマイズ画面で選択できます。

>>NEXTGEAR JG-A7G6Tを見る

静音性

JG-A7G6Tのデスクトップ画面とゲーム中の音を測定ました。

デスクトップ画面を表示しているときも、少しファンの音が気になります。

NEXTGEAR JG-A7G6Tの音確認

ゲームを開始するとファンが強めに回転するため、けっこう音が目立ちます。

PCを床や少し離れた場所に置くなら気になりませんが、机の上に置くと気になる音量でした。

ナオ

ケースに空気が入る穴がたくさん開いているから、ファンの音はもれちゃうよね。その分、冷却効果は高くなるから性能重視ってところですね。

NEXTGEAR JG-A7G6Tのゲーミング性能

ベンチマーク専用ソフトで計測、もしくは実際にゲームプレイをしてfps(フレームレート)を計測しました。

ゲームプレイ中のfps計測にはMSI AFTERBURNERというfpsやCPU温度を記録するソフトを使っています。

fpsはマップやゲームの戦況、ゲームプレイの内容によって大きく変動します。ここで紹介するfpsは参考値としてご覧ください。

Apex Legends

Apex Legends メインイメージ

FPSゲームの中では処理負荷の低いApex。訓練場を周回プレイして計測しています。

Apexのベンチマーク
Apex RTX 4060 Tiの平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 低:284fps(181fps)
  • 高:201fps(131fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 低:245fps(129fps)
  • 高:161fps(92fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 低:136fps(80fps)
  • 91fps(57fps)

※()内はテルミットやウルトを使ったときの最低fps。

テルミットやウルトを使うと、100fps前後落ち込みました。一時的にfpsが下がりますが、画面がカクつくほどではありません。

4K(低)は100fps以上出ていました。

現実的なところでいくと、WQHDまでかなと言う印象でした。

ナオ

フルHDなら165Hzモニターの性能も引き出せます!

>>NEXTGEAR JG-A7G6Tを見る

FF14

FF14 ベンチマーク ソフト

FF14は処理が軽めのMMOゲームです。4K標準まで非常に快適にプレイが可能な結果となりました。

FF14のベンチマーク

15000以上で「非常に快適」

FF14標準高画質
フルHD非常に快適
29554
非常に快適
23914
WQHD非常に快適
25015
非常に快適
19340
4K非常に快適
17038
快適
10295
FF14 ベンチマーク
ナオ

FF14はグラフィック設定を高くして、綺麗な映像でゲームを楽しむことができます!

Cyberpunk 2077

Cyberpunk2077 メインイメージ

PCゲームの中では最重量級のCyberPunk 2077。fps計測はゲームに実装されているベンチマークで計測しました。

サイバーパンク2077のベンチマーク
RTX 4060 TiフルHD
1920 x 1080
WQHD
2560 x 1440
4K
3840 x 2160

(レイトレ無)
平均:132
最低:70
平均:133
最低:62
平均:101
最低:71

(レイトレ無)
平均:131
最低:73
平均:126
最低:63
平均:83
最低:67

(レイトレ無)
平均:121
最低:62
平均:98
最低:58
平均:51
最低:41
ウルトラ
(レイトレ無)
平均:104
最低:56
平均:71
最低:53
平均:33
最低:27
レイトレーシング:低平均:101
最低:46
平均:79
最低:52
平均:46
最低:35
レイトレーシング:中平均:74
最低:46
平均:59
最低:45
平均:32
最低:
15
レイトレーシング:
ウルトラ
平均:68
最低:40
平均:57
最低:40
平均:33
最低:15
Cyberpunk 2077 ベンチマーク計測

フルHDでプレイするなら、レイトレーシングのウルトラでもそこそこ快適にプレイできます。

DLSSのフレームジェネレーションをONにすれば、もっと高いfpsが出せるので、WQHDまで快適にプレイ可能です。

ナオ

私はレイトレ中とDLSSフレームジェネレーションの設定でプレイしてます!

>>NEXTGEAR JG-A7G6Tを見る

Cod MW2

Cod MW2 メインイメージ

FPSゲームの中でも処理負荷の高いCod MW2。付属のベンチマークで測定をしました。

Cod MW2のベンチマーク
Cod MW2 RTX 4060 Tiの平均fps結果

■フルHD(1920 x 1080)

  • 最低:186fps(130fps)
  • 極限:111fps(62fps)

■WQHD(2560 x 1440)

  • 最低:136fps(94fps)
  • 極限:79fps(41fps)

■4K(3840 x 2160)

  • 最低:76fps(53fps)
  • 極限:46fps(19fps)

※()内は最低fps。

Cod MW2はフルHDの低設定でプレイした方がよさそうです。

一瞬で勝負が決まるFPSゲームなので、少しでも高いfpsでライバルとの差を縮めておきたいですね。

Cod MW2もDLSSが使えますが、少しボヤっとした画面になるのでオススメしにくいのが正直なところです。

ナオ

私もRTX4060Tiを使うときはフルHD低設定でプレイしてます!

FF15

FF15 メインイメージ

FF15は処理負荷が高いRPGです。WQHD標準まで「非常に快適」の判定になりました。

FF15のベンチマーク

12000以上で「非常に快適」

FF15標準高画質
フルHD非常に快適
17995
非常に快適
12797
WQHD非常に快適
12294
とても快適
9428
4K快適
6207
やや快適
5164
FF15 ベンチマーク
ナオ

FF15を高画質で楽しむならWQHDまでにしましょう。4Kでもプレイは可能ですが、画質調整をしてください。

>>NEXTGEAR JG-A7G6Tを見る

3DMarkのベンチマーク結果

3DMarkのロゴ

JG-A7G6Tを3DMarkで計測しました。

ベンチマークの結果をそれぞれまとめたので、参考にしてください。

Speed Way

3DMark Speedway

DirectX 12 Ultimateの性能をテストするベンチマークです。

RTX 3060 Tiと比べて性能が上がっていることがわかります。

Speed Wayのベンチマーク
GPUスコア
RTX 3060 Ti2754
RTX 4060 Ti
JG-A7G6T
3180

Port Royal

3DMark Port royal

リアルタイムレイトレーシングのパフォーマンステストです。

Speed Wayと同じく、スコアが高くなっていますね。

Port Royalのベンチマーク
GPUスコア
RTX 3060 Ti6513
RTX 4060 Ti
JG-A7G6T
8098

Time Spy

3DMark TimeSPy

DirectX 12ベンチマークテストです。

Time SpyはWQHD(2560×1440)、Time Spy Extremeは4K(3840×2160)でテストします。

Time Spyのベンチマーク
GPUTime SpyTime Spy
Extreme
RTX 3060 Ti108685366
RTX 4060 Ti
JG-A7G6T
129465936

Fire Strike

3DMark Firestrike

Fire Strikeは高性能ゲーミングPCや、オーバークロックしたシステム用のDirectX 11ベンチマークです。

Fire Strikeのベンチマーク
GPUFire StrikeFire Strike
Extreme
Fire Strike
Ultra
RTX 3060 Ti23288125526804
RTX 4060 Ti
JG-A7G6T
27577151437469

NVIDIA DLSS feature test

3DMark dlss

NVIDIA DLSS は画質調整とAIでfpsを向上させる技術です。

DLSSに対応するゲームが増えてきており、注目されている技術です。

DLSS 2のベンチマーク
GPUDLSS2 オン
RTX 3060 Ti104 fps
RTX 4060 Ti
JG-A7G6T
134 fps

DLSS 3のテスト

以下はDLSS 3のテスト結果。DLSS 3は4K解像度でテストを行います。

DLSS 3のテストの結果、fpsが大幅に向上しました。

DLSS 3のベンチマーク

DLSS 3に対応したゲームはこれからどんどん増えてきます。DLSS 2に比べ画質も向上しており、4Kゲームプレイに強力な機能になりますね。

CINEBENCH R23でCPU性能を計測

AMD Ryzen7 5700XのCPU性能を計測しました。

Cinebench R23の結果

Intel Core i5-13400Fに近い性能です。

NEXTGEAR JG-A7G6Tのメリット・デメリット

NEXTGEAR JG-A7G6Tのメリット・デメリットをまとめました。

ナオ

正直、ほとんどデメリットを感じませんでした。

JG-A7G6Tのメリット

  • 価格が安い。
  • フルHDでサクサクゲームがプレイができる。
    RTX4060TiはWQHDまでなら快適にプレイ可能。
  • この価格で水冷CPUクーラー搭載。
    CPUをしっかり冷やせる。
  • USBポートが合計10個付いている。
    USBハブが不要なほど使える。
  • 光らないケースと光るケースが選べる。
    コスト重視なら標準の光らないケースでOK。
  • 24時間電話サポートと3年間保証付き。
    mouseの大きな特徴。初心者でも安心できます。

JG-A7G6TはフルHDをメインターゲットとしたゲーミングPCです。

フルHDならほとんどのゲームが快適にプレイできました。

PCは光らなくていい。価格を抑えてしっかりゲームを遊びたいと言う人にとても合ったゲーミングPCです。

ナオ

フルHDでのパフォーマンスは申し分なく、快適なゲームライフが送れます!

JG-A7G6Tのデメリット

  • ファンの音が大きめ。
    前、上、底、背面に吸気口があり、冷却性能を高めた結果ですね。
  • LEDライティングの色やパターンが変えられない。
    光らない標準ケースなら関係ありません。

デメリットは音が大き目なところ。

ケースの両サイド以外、空気を取り込むためのメッシュがあるため、ゲーム中はファンの音が大きく聞こえます。

ファンの音以外、特に大きなデメリットは感じませんでした。

価格はを抑えつつ、しっかり遊べるゲーミングPCでサポートも充実。

PCゲームを楽しみたい人には最適のゲーミングPCではないでしょうか。

ナオ

特にPC初心者の方は、24時間いつでも相談できる窓口があるのが心強いですね。

手に届きやすい価格でハイコストパフォーマンス!

NEXTGEARのゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A7G6T

参考価格:179,800円(税込み、送料無料)

AMD Ryzen7 5700XとRTX4060Tiの組み合わせ。フルHDで快適にPCゲームが楽しめます。この価格にして水冷CPUクーラー搭載。ケースも冷却効率が高い構造で熱対策もバッチリ。3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポートが付いているので、トラブルが起きても安心です。

送料無料!

NEXTGEARはEC限定販売です
3年間センドバック修理保証
24時間×365日電話サポート付き!

NEXTGEAR JG-A7G6Tのおさらい

今回、マウスコンピューター様からNEXTGEAR JG-A7G6Tをお借りして使わせていただきました。

JG-A7G6Tのおさらいをしておくとこんな感じ。

  • CPUはAMD Ryzen7 5700X プロセッサー
  • グラボにRTX 4060 Ti搭載。
  • なんと!この価格で水冷CPUクーラー搭載!
  • フルHDがメインターゲットのゲーミングPC。
  • 光るLEDファン付きケースも選択可能。
  • 吸気口が多いので、音が大き目。その代わり、冷却性能は高い。
  • 手が届きやすい価格のゲーミグPC。
  • 3年間のセンドバック保障と24時間電話サポートは健在。

JG-A7G6Tのパーツ構成としては、とにかく価格が安い。

ガラスパネルのケースや水冷CPUクーラーが付いたゲーミンぐPCなら、あと2万~3万円高くてもおかしくありません。

これだけ価格を抑えているのに、ゲーム性能はしっかり持っていて、快適なゲームライフが送れます。

購入後も長期的なサポートが提供されるため、安心して使用できますね。

JG-A7G6Tは手が届きやすい価格なのに、機能も性能もバッチリ。フルHDがターゲットで、快適なゲームライフが送れるゲーミングPCです。

ナオ

初めてのゲーミングPCとしても快適で安心ですよ!

手に届きやすい価格でハイコストパフォーマンス!

NEXTGEARのゲーミングPC

NEXTGEAR JG-A7G6T

参考価格:179,800円(税込み、送料無料)

AMD Ryzen7 5700XとRTX4060Tiの組み合わせ。フルHDで快適にPCゲームが楽しめます。この価格にして水冷CPUクーラー搭載。ケースも冷却効率が高い構造で熱対策もバッチリ。3年間センドバック修理保証・24時間×365日電話サポートが付いているので、トラブルが起きても安心です。

送料無料!

NEXTGEARはEC限定販売です
3年間センドバック修理保証
24時間×365日電話サポート付き!

mouseのG-Tune DG-I5G6Tのレビュー記事も優秀なPCです。無線LANとBluetoothが標準搭載。静音性に勝れたPCケースで、ほとんど音が聞こえません。ぜひ参考にしてください。

mouseの新ブランド、NEXTGEARのゲーミングノートPCもレビューしています。ノートPCをお探しの方は参考にどうぞ。

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

コメント

コメントする

目次(見たいところからチェック!)