お知らせ内容をここに入力してください。

【超具体的】FXの1万通貨はいくら必要?100pips勝ちで1万円の利益

【PR】本記事はプロモーションを含みます

「FXで1万通貨を取引するのに必要な資金は?」

「1万通貨で取引するとどれくらい稼げるの?」

このような疑問に答える記事です。

多くのFX会社では、1万通貨から取引を始められるようになっています。

とはいえ、「そもそも1万通貨って何?」と思っている人もいるのではないでしょうか?

そこで今回の記事では、計算方法1万通貨がいくらになるのかを詳しく解説していきます。

実際のレートを使った、通貨ペアごとの必要資金についても紹介しており、これからFXを始める人に役立つ内容となっていますよ。

岡田

また、1万通貨で取引するより安全にFXを始める方法も紹介しているので、ぜひ最後まで見てくださいね!

この記事は投資収益の保証または特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資や契約の決定はご自身でご判断ください。

目次

FXの1万通貨とは?取引単位『ロット』との関係性

1万通貨とは、FXにおける取引単位のことです。

FXの取引単位には1・100・1000通貨などがあります。

実際の注文画面では、この取引単位を『ロット(Lot)』と表現し1Lot=1万通貨が一般的です。

なお注文する際は、2ロットや3ロットなどの取引単位で行うため、10,001通貨などの通貨単位での注文は原則できません。

はじめ

FX会社によっては1,000通貨=1Lot、10万通貨=1Lotなどあるから、事前に確認しておこう。

FXで1万通貨の取引に必要な証拠金はいくら?

取引に必要となる証拠金は、レバレッジ適用前と適用後の2パターンがあります。

レバレッジのかけ方で、必要証拠金は変わってくるというわけですね。

ここではレバレッジを適用しない場合と、レバレッジを最大まで適用した場合の必要資金について見ていきます。

必要証拠金は次のように計算して求められます。

【為替レート × 取引数量 ÷ レバレッジ比率=必要証拠金】

必要証拠金とは

実際に取引する際に、最低限FX口座に預け入れしておく必要がある資金です。

まずはレバレッジの仕組みを理解しよう

レバレッジとは、証拠金の最大25倍の資金で取引できる仕組みのことです。

このレバレッジのおかげで、自分が用意した資金より大きな取引が可能になります。

レバレッジ25倍で取引量も25倍

たとえば、1ドル=100円のときに1万通貨を取引しようとすると、本来であれば100万円が必要です。

しかしレバレッジを最大25倍までかければ、【1,000,000÷25=40,000】と、4万円で取引できるようになります。

このようにレバレッジの仕組みを利用すれば、少ない資金で効率的に稼げます。

それでは、レバレッジを使う場合と使わない場合の必要資金の違いを、具体的に見ていきましょう。

1万通貨はいくら?【円が絡む通貨ペア編】

まずは円が絡む通貨ペアの1万通貨の取引に必要な資金を見てみましょう。

次の表は、レバレッジを最大25倍まで適用した場合と、レバレッジを使わなかった場合の必要資金を比べたものです。

通貨ペアレバレッジ25倍適用時の必要資金レバレッジを使わない場合の必要資金為替レート
米ドル/円58,840円1,471,000円147.100
ユーロ/円63,060円1,576,500円157.650
ポンド/円73,408円1,835,200円183.520
豪ドル/円37,778円944,450円94.445
トルコリラ/円2,192円54,800円5.480
メキシコペソ/円3,390円84,750円8.475
2023年9月12日 21:30時点

レバレッジの掛け方次第で、必要になる資金は大きく異なるのがわかりますよね。

ただし、レバレッジは上がるほどリスクが高くなるので、十分に注意してください。

1万通貨はいくら?【円が絡まない通貨ペア編】

続いて、円が絡まない通貨ペアの場合を見てみましょう。

通貨ペアレバレッジ25倍適用時の必要資金レバレッジを使わない場合の必要資金為替レート
ユーロ/米ドル63,018円1,575,312円1.07100
ポンド/米ドル73,385円1,835,055円1.24720
ユーロ/ポンド63,035円1,576,058円0.85870
豪ドル/米ドル37,756円944,916円0.64160
2023年9月12日 22:00時点

円が絡まない通貨ペアの場合、必要資金を日本円で求めるには、基準通貨の円換算レートを元に計算し直す必要があります。

ユーロ/米ドルを例に説明しましょう。

仮に取引しようとしているユーロ/米ドルのレートが「1.100」で、基準通貨の米ドル/円が「140.00」だとすると、以下のように計算ができます。

1.100×140.00÷25=6.16円(1通貨あたりの必要資金)

かずき

円が絡まないと複雑だから初心者のうちは避けた方がいいかもね。

1万通貨取引は資金15万円でレバレッジ10倍を目安にする

1万通貨で取引する場合は、レバレッジ10倍での運用を目安に資金15万円は用意しておきましょう。

レバレッジ10倍であれば、リーマンショックや日銀の為替介入時のような大きな値動きにも耐えられるからです。

証拠金15万円で1万通貨を取引すると、【レバレッジ約10倍・証拠金維持率250%以上】を維持できるため、ロスカットにあう可能性は低くなります。

短時間で約6円の値動きがあった、2022年の日銀による為替介入のような動きがあったとしても、ロスカットの基準になる証拠金維持率100%を下回りません。

1万通貨で勝つといくら稼げる?利幅1円(100pips)で1万円!

米ドル/円で1万通貨を取引した場合、1円(100pips)の利幅で1万円の利益となります。

下の取引通貨量による利益比較表をご覧ください。

取引通貨量利幅 10pips利幅 100pips利幅 1,000pips
1通貨0.1円1円10円
100通貨10円100円100円
1,000通貨100円1,000円1万円
1万通貨1,000円1万円10万円
10万通貨1万円10万円100万円

1万通貨で運用すれば、10pips(0.1銭)で1,000円の損益がでるのがわかりますね。

なお、米ドル/円の1日の平均値幅は「1.03円(集計:2023/08/17~09/15)」ほどです。

つまり、1万通貨であれば1日1万円稼ぐことも可能なんです。

初心者は1万通貨より1,000通貨で始めるのが吉

1万通貨であれば大きな利益も狙えますが、初心者は1,000通貨で始めるのをおすすめします。

なぜなら、負けても損失を抑えられるからです。

1,000通貨でも100円単位の損益が動くので、程よい緊張感を保ちながら取引ができます。

一方、1,000円単位の損益がでる1万通貨だと、初心者には焦りが生まれてしまいます。

はるか

初心者は勝つよりもまず経験を積むのが大切よ。

あせらずにコツコツ取り組んでいきましょうね。

1,000通貨から始められるおすすめFX会社3選

かずき

少額から始めるならどのFX会社がおすすめなの?

はじめ

最低取引通貨量が1,000通貨以下で、取引コストであるスプレッドが低いFX会社がおすすめだ!

今回はその中でも初心者へのカスタマーサポートが手厚い3社をピックアップしました。

どのFX会社を選んでも間違いなしなので参考にしてくださいね!

【松井証券のFX】数百万人のトレーダーから信頼される老舗のFX

松井証券FX

スプレッド
(米ドル/円)
通貨ペア数取引通貨単位
20ペア通貨
スワップ
(米ドル/円)
キャッシュバックスマホアプリ
Good point
  • 取引通貨単位は【1通貨】100円からスタートOK
  • 選べるレバレッジコースで危険な取引を回避!
  • 人気の4通貨ペアは業界最狭スプレッドなので超低コスト
キャンペーン情報詳細

松井証券のFXでは、『新規口座開設 + 取引』で最大100万円をキャッシュバック!!

初心者に松井証券のFXがオススメなのは、トレーダーへのサービスが手厚いからです!

スプレッドが業界最狭水準なのは、世界中の金融機関との深いネットワークを持つ老舗証券会社だからこそ可能!

また、レバレッジは取引コース選択であらかじめ上限を設定できるので、ハイレバレッジな取引を防げてFX初心者にはとっても安心です。

さらにYouTubeを使った投資情報メディア「マネーサテライト」では有名アナリストや芸能人が分かりやすく投資取引を解説してくれています。

【GMOクリック証券】プロも納得の使いやすさ!

GMOクリック証券

スプレッド
(米ドル/円)
通貨ペア数取引通貨単位
※原則固定20ペア通貨
スワップ
(米ドル/円)
キャッシュバックスマホアプリ
Good point
  • 高機能プラチナチャートは最大16チャートを比較
  • 1,000通貨取引も可能になったため初心者にはますますオススメ!
  • 初心者も上級者も持ってて間違いなしの口座
特典情報詳細

新規FX口座開設+お取引で最大550,000円キャッシュバック!!

【新規口座開設 + 取引】

【FX取引数量に応じたキャッシュバックキャンペーン】

当キャンペーンの魅力はなんといっても全通貨ペアが対象である点です。

組み合わせ次第で最大88万円もキャッシュバック!

スワップポイントの平均値も高く業界最安値のスプレッドを提供しているので間違いなくオススメのFX口座です!

「使いやすさ」「わかりやすさ」にこだわり抜いた取引ツールは初心者もプロも納得の高性能さが評価されています。

月曜日8:00~金曜日17:00の無料サポート体制なので安心して取引を始められますよ!

【GMO外貨】少額から投資OK!稼いだお金は外貨引出しOK

GMO外貨
スプレッド
(米ドル/円)
通貨ペア数取引通貨単位
24ペア通貨
スワップ
(米ドル/円)
キャッシュバックスマホアプリ
Good point
  • 1,000通貨からの取引OK(※ドル円なら約6,000円)
  • 業界最狭水準のスプレッドで低コストなトレードを実現
  • 稼いだお金は外貨で引出せるので窓口で両替するよりお得!
  • 最短即日で口座開設手続き完了
キャンペーン情報詳細

GMO外貨では最大55万円のキャッシュバックなど多数のキャンペーンを実施しています!

【口座開設 + 取引】

取引手数料はもちろん全て無料!少額投資ができるGMOグループのFX口座です。

ツールも感覚的で使いやすく、オシレーターに描画できるチャートを使いたいならここがオススメ!

電話サポート体制は顧客満足度が高く初心者でも安心して利用できます。

(※HDI格付けベンチマークで三回連続最高評価の「三つ星」を獲得!)

1,000通貨取引の賢い始め方5STEP

1,000通貨でスムーズに取引を始めるには、おさえておくべきポイントがあります。

賢い始め方5STEP
  1. 少額取引対応のFX会社を選ぶ
  2. 通貨ペアを決める
  3. トレードスタイルを決める
  4. テクニカル手法を選ぶ
  5. 少額で取引開始

それでは、1つずつ見ていきます。

STEP1:1,000通貨から取引できるFX会社を選ぶ

FX会社は、1,000通貨から取引できるところから選びましょう。

なぜなら、FX会社によっては1万通貨以上しか取引できないところもあるからです。

編集部でおすすめしたいFX会社は、1通貨にも対応している松井証券のFXです。

スプレッドは狭く、取引ツールも使いやすいうえ、カスタマーサポートも充実しています。

初心者はもちろんのこと、上級者まで満足できるレベルのFX会社といえるでしょう。

STEP2:通貨ペアを決める

次のステップは通貨ペアの選定ですが、初心者には米ドル/円がおすすめです。

急な値動きが少なく、多くの日本人トレーダーが取引している通貨のため、情報が入手しやすいからです。

通貨ペアの値動きには特徴があるので、それぞれに合わせた分析・手法が必要になります。

まずは米ドル/円に慣れてから、他の通貨ペアへと取り組んでいきましょう。

STEP3:トレードスタイルを決める

初心者の方は、デイトレードから始めることをおすすめします。

デイトレードは、1日で取引を完了させるスタイルのため経験を積みやすく、早くFXに慣れるのに最適だからです。

高速で取引を繰り返すスキャルピングもありますが、瞬時に判断を下さねばならず初心者にはハードルが高いといえます。

デイトレードはその点、しっかり考えながらトレードと向き合えますから安心ですよ。

トレードスタイル比較表
スクロールできます
スキャルピングデイトレードスイングトレード長期トレード
必要資金の目安
※推奨額です
1万円~10万円~50万円~100万円~
1回あたりの取引期間数秒~数分数分~数時間数日~数週間数ヵ月以上
利幅数pips数十pips100pips以上1,000pips以上
スワップポイントなし
(ポジションを持ち越さないため)
なし
(ポジションを持ち越さないため)
ありあり
向いている人・チャートに張り付ける
・集中力がある
・早く利益を積み上げたい
・会社勤めだが投資もしたい
・空いた時間を有効活用したい
・コツコツ利益を積み上げたい
・長時間チャートを見れない
・ある程度の資金力がある
・1度に大きな利益を得たい
・のんびり資産運用したい
・大きな資金力がある
・外貨預金代わりにFXがしたい

STEP4:有名なテクニカル手法を選ぶ

有名かつシンプルなものでいいので、手法を決めて取引にのぞみましょう。

FXで安定して勝つためには、根拠を持って取引を続ける必要があるからです。

どの手法にするかは人それぞれですから、いろいろ試しながら安定して勝てる手法を見つけていきましょう。

STEP5:少額取引開始!

先ほど話したとおり、初心者の方は1,000通貨からの運用がおすすめです。

少額とはいえ100円単位の損益にはなりますから、緊張感を味わいつつ経験値を上げていけるでしょう。

さらにリスクを抑えたいという人は、1,000通貨以下でも構いません。

ただし、1,000通貨以下にも対応しているFX会社で取引する必要があります。

かずき

まずは少額で取引に慣れることと、安定して勝つことを意識して、少しずつ取引数量を上げていけば安全だよ。

初心者でもできる!勝率65.38%の手法

かずき

初心者でも試せる手法ってないの?

では最後に初心者でも試せるおすすめのスキャルピング手法を紹介します。

編集部で実際に試したところ勝率はなんと65.38%でした!

岡田

シンプルな手法なのでぜひ試してくださいね!

今回の手法はスキャルピングで億り人になった「ふうた氏」のMACD手法を参考にしています。

まずはチャートに下記の内容でMACDを設定しましょう。

MACDの設定
  • メインの取引足は1分足
  • インジケーターは2つのMACD(マックディー)を使用
  • MACD1分足の設定は、1分足チャートに短期12、長期26、シグナル9
  • MACD5分足の設定は、1分足チャートに短期60、長期130、シグナル45

ポイントは2つのMACDを次のように上下に表示させる点です。

プラチナチャートでの設定例
MACDの設定イメージ:1つのウインドウに2つのチャート重ねる

この後具体的な手順を解説しますね。

MACD(マックディー)とは?

MACDとは、「Moving Average Convergence Divergence」略で移動平均線を改良したテクニカル指標です。

最新の値動きに比重を置いており、トレンドの主導を予測するのに役立ちます。

億り人の手法動画をみる

具体的なエントリーポイント

エントリーですが、次の2つの条件が揃ったタイミングで行います。

【エントリーポイント】

①1分足のゴールデンクロスかデッドクロスが発生
②5分足の方向が同じ

実際にエントリーした時のチャートが次の画像です。

MACDスキャルピング手法のエントリー例
1分足がゴールデンクロスし、5分足が上方向

上のチャートの通り1分足のクロス5分足方向の2つの根拠があるので、より強い根拠を持ってエントリーします。

MACDのゴールデンクロス(GC)・デッドクロス(DC)とは?

MACDは、MACDとシグナルの2本の線で構成され、MACDがシグナルを上抜けするとゴールデンクロス買いサイン、逆に下抜けするとデッドクロス売りサインとなります。

損切ライン、利益確定ラインの設定

損切ラインと利益確定ラインもあらかじめ決めておきます。

今回は下記のルールを設定しました。

【取引目標と取引ルール】

損切りライン:マイナス1.0pips
利確ライン:2.0〜4.0pips
取引通貨量:10万通貨
目標獲得pips:5pips/日(利益5,000円)
取引回数:6-8回/日
プロフィットファクター:2.0以上

1日の獲得pipsは5pipsを目標にしており、勝率が50%でも目標を達成できる設定です。

今回は10万通で1日の利益5,000円(5pips)を目指しました。

プロフィットファクター(PF)とは?

総損失と総利益の比率がわかる指標を指し、FXではPF2.0以上が理想的と言われています。

たとえばPFが2.0なら、総利益は総損失の2倍稼げている計算です。

具体例を出すと、総損失10,000円に対し総利益が20,000円ならPFは2.0です。

計算式:総利益 ÷ 総損失 = プロフィットファクター

検証の結果は勝率65.38%!

検証結果は4日間で27回トレードを行い、勝率が65.38%+13.2pips獲得しました!

最終的な結果は次の通りです。

【結果】

総獲得pips:35.0pips
総損失pips:21.8pips
PF:1.6
最終獲得pips:13.2pips
最終利益:13,200円

岡田

実は欲を出してマイナス10pips(10,000円)の大失敗をしてしまいました。。。

しかしそれでも収益はプラスで、ルール通りに取引できれば好成績が期待できる手法です。

勝っている人の手法をマネるのも立派な戦略なので、ぜひ試してみください。

検証内容の詳細は次の記事で確認できますよ。

サポートツールで勝率UP

サポートツールとして、ヒロセ通商のさきよみLIONチャートにある「シグナルパネル」の予測を組み合わせると効果的です!

シグナルパネルは、6つのテクニカル指標の売買シグナルを検知してくれる機能で、今の相場が「買い」か「売り」かを矢印で表示してくれます。

シグナルパネルのイメージ
シグナルパネル:上の例だと米ドル/円は「買い」のシグナル

シグナルパネルと今回のMACD手法の両方が同じ方向を予測した場合、勝率75%とMACD手法だけの時よりも高勝率でした。

27回の取引中4回しかチャンスが来ませんでしたが、取引の1つの根拠としては十分使えますよ!

まとめ

この記事では、FXの1万通貨について詳しく解説しました。

1万通貨の取引に必要な資金や、どれくらいの損益が動くかイメージできたでしょう。

記事のまとめです。

・1万通貨とは、FXにおける取引単位のこと
・取引単位は『ロット(Lot)』で表され、1Lot=1万通貨が一般的
・1万通貨取引に必要な証拠金は、レバレッジ適用前と適用後の2パターンがある
・1万通貨取引の場合、レバレッジ10倍を目安に資金15万円は用意しておこう
初心者は1万通貨より1,000通貨が安心
・少額におすすめのFX会社は松井証券のFX!

1,000円単位の損益が発生する1万通貨の取引は、とても魅力的といえるでしょう。

しかしながら、初心者が取引を始めて勝ち続けられるほどFXは簡単ではありません。

安定して勝てるようになるには、経験をしっかりと積み重ねる必要があるのです。

まずは大きく稼ごうとはせずに、1,000通貨以下の少額トレードで相場に生き残ることを優先しましょう。

岡田

最後までご覧いただきありがとうございました!

1万通貨のよくある質問

1万通貨の1pipsはいくらですか?

クロス円の場合は、通貨数量×0.01円で1pipsの損益を計算できます。

つまり、【10,000通貨×1pips(通貨数量×0.01円)=100円】となります。

>> 1万通貨で勝つといくら稼げる?利幅1円(100pips)で1万円!を詳しく見る

1万通貨は何ロットですか?

1万通貨=1Lotが一般的です。

ただしFX会社によっては、1,000通貨=1Lot、10万通貨=1Lotの場合もあります。

>> FXの1万通貨とは?取引単位『ロット』との関係性を詳しく見る

1万通貨の必要証拠金はいくらですか?

レバレッジを適用する・しないで、必要証拠金は変わってきます。

円絡みの通貨ペアの場合、1万通貨の必要証拠金は次のように求められます。

必要証拠金=為替レート × 10,000 ÷ レバレッジ比率

>> FXで1万通貨の取引に必要な証拠金はいくら?を詳しく見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次