お知らせ内容をここに入力してください。

【勝率65.38%】プロ直伝FXスキャルピング手法!1日5pips秘話

【PR】本記事はプロモーションを含みます

「FXの勝率がいいスキャルピング手法をスグ試したい!」

「プロが実際に稼いでいるスキャルピング手法が知りたい」

「スキャルピングで負けないためのコツって何?」

このようなFXのスキャルピング手法について解説します。

岡田

実際に億トレーダーのスキャルピング手法を検証した結果、なんと勝率65.38%を達成しました!

この記事では、勝率65.38%のスキャルピン手法のやり方検証結果を失敗例を含めて公開しています。

さらに、スキャルピングに最適な条件を満たしたおすすめのFX会社も紹介します。

この記事を読めば、スグに億トレーダーの手法をマネできるので、最後まで読んでくださいね!

この記事は投資収益の保証または特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資や契約の決定はご自身でご判断ください。

目次

スキャルピングとは?

スキャルピングとは?

スキャルピングとは数秒から数分の短時間で取引を終えるトレードスタイルです。

1取引の利幅が小さいため、1日に何度も取引して利益を積み上げます。

スキャルピングは一瞬の判断力やチャンスを逃さない集中力が求められるため、難易度が高い手法です。

はじめ

この記事では勝率65.38%を達成したスキャルピング手法を詳しく解説しているぞ!

スキャルピングはFX会社選びが超大事

スキャルピングをする上で大事なのが、スキャルピングに最適なFX会社を選ぶことです。

会社選びが大事な理由
  • スキャルピングを禁止している口座がある
  • スプレッドが広いとコストが大きくなる

そもそもスキャルピングを認めていない口座が存在し、違反すると口座凍結などのペナルティを受けます。

また、取引回数が多いスキャルピングは、スプレッドが広いとトレードとは関係ないコスト面で損をします。

他トレードスタイルに比べて取引回数が多い

スキャルピングで稼ぐには多くの取引回数が必要です。

なぜなら、1トレードの利幅が狭いため、取引を積み重ねて稼ぐトレードスタイルだからです。

スクロールできます
スキャルピングデイトレードスイングトレード長期トレード
必要資金の目安
※推奨額です
1万円~10万円~50万円~100万円~
1回あたりの取引期間数秒~数分数分~数時間数日~数週間数ヵ月以上
利幅数pips数十pips100pips以上1,000pips以上
スワップポイントなし
(ポジションを持ち越さないため)
なし
(ポジションを持ち越さないため)
ありあり
向いている人・チャートに張り付ける
・集中力がある
・早く利益を積み上げたい
・会社勤めだが投資もしたい
・空いた時間を有効活用したい
・コツコツ利益を積み上げたい
・長時間チャートを見れない
・ある程度の資金力がある
・1度に大きな利益を得たい
・のんびり資産運用したい
・大きな資金力がある
・外貨預金代わりにFXがしたい

たとえば1万通貨で1万円を稼ぎたい場合、スイングトレードなら1度のトレードで実現可能ですが、スキャルピングだと50回程度の取引が必要となります。

当然勝率100%は不可能なので、負け取引も加味すると現実的に100回程度の取引で達成できる計算です。

はじめ

スキャルピングで10万円、100万円と稼ぐには資金力も必要だ。

MACDを使った億トレーダーのスキャルピング手法のやり方

FXのMACDを使ったスキャルピング手法

ここからはこの記事の本題である、億トレーダーのMACD(マックディー)を使ったスキャルピング手法を紹介します。

編集部で実際に今回の手法を検証した結果もあるので、参考にしてくださいね!

億トレーダーのスキャルピング手法紹介

今回はスキャルピングトレーダーとして、情報発信しているYouTubeチャンネル『スキャトレふうた FX大学』のふうた氏の手法をご紹介します。

ふうた氏は、投資歴16年スキャルピングメインで億り人になった敏腕トレーダーです。

毎日相場分析の情報を発信しおり、YouTubeの生配信ではリアルタイムトレードを公開しています。

岡田

過去チャートを使ったトレード手法配信者が多い中、リアルタイムのトレードを公開している点で信頼性の高いトレーダーです。

その中で今回紹介するのは、2つのMACDを表示しゴールデンクロス・デッドクロスを狙う手法です。

MACDのゴールデンクロス(GC)・デッドクロス(DC)とは?

MACDとは、「Moving Average Convergence Divergence」略で移動平均線を改良したテクニカル指標です。

最新の値動きに比重を置いており、トレンドの主導を予測するのに役立ちます。

MACDとシグナルの2本の線で構成され、MACDがシグナルを上抜けするとゴールデンクロス買いサイン、逆に下抜けするとデッドクロス売りサインです。

環境設定

まずは手法するための取引環境を整えます。

実際に検証した時の環境を紹介しますね。

【トレード環境】

取引ツール:クイックパネル(GMOクリック証券
分析ツール:プラチナチャート(GMOクリック証券
分析サポートツール:さきよみLIONチャート(ヒロセ通商

【MACDの設定】

MACD1分足の設定:1分足チャートに短期12、長期26、シグナル9の設定
MACD5分足の設定:1分足チャートに短期60、長期130、シグナル45の設定
単純に1分足の設定を5倍にして1分チャートに5分足のMACDを設定している。


【ポイント】
プラチナチャートでは1つのチャート画面にMACDを2つ表示できないため、2つのチャートを重ねて1分足と5分足のMACDを見えるように調整する。

実際に設定したチャート画面は次の通りです。

プラチナチャートでの設定例
プラチナチャートでの設定例:1つのウインドウに2つのチャート重ねる

上のチャートのように1分足チャートと2種のMACDが常に確認できるように調整しましょう。

また、パソコン画面の配置例も紹介します。

パソコン画面の配置例

ちなみにこの手法は複数画面を使うためパソコン推奨です。

エントリーの条件

エントリー条件は、「1分足のゴールデンクロスかデッドクロスが発生し、5分足の方向が同じ」という条件が揃ったタイミングです。

実際にエントリーした時のチャートは次の通りです。

MACDスキャルピング手法のエントリー例
1分足がゴールデンクロスし、5分足が上方向
はじめ

MACDの1分足のゴールデン・デッドクロスだけだと根拠が薄いため、5分足の方向も入れることで根拠に厚みを持たせた手法だ。

損切り・利確ポイント

今回の検証では次のように1日5pips稼ぐ目標設定をしました。

【取引目標と取引ルール】

取引通貨量:10万通貨
目標獲得pips:5pips/日(利益5,000円)
プロフィットファクター:2.0以上
損切りライン:マイナス1.0pips
利確ライン:2.0〜4.0pips
取引回数:6-8回
※勝率50%でも5pips獲得が見込める計算

上記の条件なら勝率50%でも5pips獲得できる見込みです。

たとえば利益が1万円だったら、損失は半分の5,000円に抑えます。

そのため損切りラインは1.0pips、利確ラインは2〜4pipsを目安とし、勝率5割でも達成できる計算です。

岡田

このように明確な目標を立てると、取引ルールを作りやすくなるのでおすすめですよ!

プロフィットファクター(PF)とは?

総損失と総利益の比率がわかる指標です。

たとえばPFが2.0だと、総利益は総損失の2倍稼げているとわかります。

例:総損失5,000円に対し総利益が10,000円ならPFは2.0です。

計算式:総利益 ÷ 総損失 = プロフィットファクター

FXの世界ではPF2.0以上が理想的と言われています。

今回は1日1時間確保して、エントリータイミングが発生したら随時エントリーしました。

検証結果・感想

結論から言うと勝率65.38%で、+13.2pips獲得しました!

今回は10万通貨で取引したため、1万3200円の利益となりました。

岡田

大きなミスがありながら、ここまでいい結果が出たことに私自身も驚いています。

各日をクリックすると実際のトレード結果と感想が確認できますよ。

1日目
7月5日のトレード結果

初日だったため操作ミスやビビって早めの利確をするなど、不完全燃焼ながらなんとかプラスで終えました。

※1回目のトレードのみ誤って1万通貨で取引、合計値は10万通貨に換算して計算しています。

2日目
7月7日のトレード結果

2日目ということもあり操作にも慣れてきました。

直感で危険と感じて早めの利確もしています。

また、相場が急騰したタイミングで利確できたため、プラス5.6pips(5,600円)も取引がありました。

3日目
7月12日のトレード結果

損切りと利確を徹底でき理想的なトレードができました。

結果もプラス8.4pips(8,400円)と3日の平均が5.0pips以上になり目標に到達。

4日目
7月13日のトレード結果

最終日、一瞬目を離した隙にマイナス3.0pipsになり、なんの根拠もない「戻ってくるだろう」が発動して損切りせず放置した結果、マイナス10pipsの大失敗をしてしまいました。

この失敗がなければ、1日平均5pips(5,000円)を達成できたので激しく後悔しています。

スキャルピングは目を離しちゃダメです!

最終日に大失敗したものの、トータルでは勝率65.38%+13.2pipsとプラスで終えることができました。

【結果】
総獲得pips:35.0pips
総損失pips:21.8pips
PF:1.6
最終獲得pips:13.2pips
最終利益:13,200円

4日間計27回のトレードの結果なので、必ず同様の結果になるわけではありません。

手法を試してみた感想

残念ながら目標のPF2.0以上は達成できませんでした。

それでも声を大にして「シンプルながら利益を出してくれる優良手法」だと言えます。

事実、マイナス10pipsの大失敗をしてもプラスにできるだけの利益を稼げました。

また、朝・昼・夜と時間帯を選ばずに結果が出ているのも魅力的です。

最後に今回の手法を試してみた感想です。

感想
  • 損切りラインを徹底する!-1pipsのはずが、-10pipsになり想定の10倍の損失を出した。
  • もっと稼げるだろうという欲を出さない。
  • スキャルピングは集中力が大事。100%集中できる環境を作る。
  • 1分足のクロスが確定してからエントリーする。
  • 1時間あたりの平均利幅5pips、1日10pipsを目指すなら2時間必要
  • 1時間に発生するエントリーチャンスは4〜8回
  • GMOクリック証券のプラチナチャートとクイックパネルが使いやすい
  • 頻度は低いが1分足と5分足の両方GC及びDCした時の勝率は75%だった。(3勝1敗)
  • ヒロセ通商のシグナルパネルと相性がいい(6勝2敗の勝率75%、この後解説します。)

この検証は4日間計27取引の結果です。必ず同様の結果を保証するわけではない点ご注意してください。

サポートツール活用で勝率アップ

今回のスキャルピング検証では、ヒロセ通商のさきよみLIONチャートを使用しました。

岡田

正直に言うと、さきよみLIONチャートの機能の1つ「さきよみチャート」との相性はイマイチでしたが、もう1つの「シグナルパネル」には可能性を感じました。

シグナルパネルは、6つのテクニカル指標の売買シグナルを検知してくれる機能で、今の相場が「買い」か「売り」かを矢印で表示してくれます。

シグナルパネルのイメージ
シグナルパネル:上の例だと米ドル/円は「買い」のシグナル

実は今回のMACD手法とシグナルパネルの両方が同方向を予測した場合、勝率75%MACD手法単独よりも高勝率でした。

ただし27取引中4回しかチャンスがなく、条件が難しい点には注意です。

それでも、スキャルピング取引の根拠の1つとして十分使えるので、迷ったときの最後の決め手として使いましょう。

ラインブレイクを狙う手法

もう一つスキャルピングに有効なラインブレイクを狙った手法を紹介します。

MACDよりも取引機会が少ないものの、獲得できる利幅が大きくなりやすいのが特徴です。

ラインを引く

多くの投資家が注目するラインブレイク後の動きを狙った手法です。

なぜなら、ブレイク後は抜けた方向に大きく動く傾向があるからです

やり方はシンプルで、まずは水平線やトレンドラインを引きます。

水平線ラインをひく
1時間足で水平線を引く

今回は1時間足の水平線ラインを狙います。

直近の高値だけでなく数日前の安値でも反応しているため、多くの投資家が意識しているラインと予測できます。

特に長期時間足は意識している投資家が多いので狙い目です。

ブレイクを確認後スグにエントリー

ブレイクが発生した瞬間にエントリーです。

ラインブレイク後の動き

今回のように多くの投資家が意識しているブレイク後は、大きく突き抜ける傾向があるため大きな利幅も期待できますよ。

今回は1時間足のラインでしたが、スキャルピングなら5分足や1分足のラインブレイクもトレードチャンスなので狙っていきましょう。

スキャルピングは次の理由から、どのトレードスタイルよりFX会社選びが重要です。

会社選びが大事な理由
  • スキャルピングを禁止している会社がある
  • スプレッドが広いとコストが大きくなる

そこで、公式サポートにて「スキャルピングを禁止していない」と回答をされ、スプレッドも業界最狭水準3社ピックアップしました。

【GMOクリック証券】プロも納得の使いやすさ!

GMOクリック証券

スプレッド
(米ドル/円)
通貨ペア数取引通貨単位
※原則固定20ペア通貨
スワップ
(米ドル/円)
キャッシュバックスマホアプリ
Good point
  • 高機能プラチナチャートは最大16チャートを比較
  • 1,000通貨取引も可能になったため初心者にはますますオススメ!
  • 初心者も上級者も持ってて間違いなしの口座
特典情報詳細

新規FX口座開設+お取引で最大550,000円キャッシュバック!!

【新規口座開設 + 取引】

【FX取引数量に応じたキャッシュバックキャンペーン】

当キャンペーンの魅力はなんといっても全通貨ペアが対象である点です。

組み合わせ次第で最大88万円もキャッシュバック!

スワップポイントの平均値も高く業界最安値のスプレッドを提供しているので間違いなくオススメのFX口座です!

「使いやすさ」「わかりやすさ」にこだわり抜いた取引ツールは初心者もプロも納得の高性能さが評価されています。

月曜日8:00~金曜日17:00の無料サポート体制なので安心して取引を始められますよ!

【松井証券のFX】数百万人のトレーダーから信頼される老舗のFX

松井証券FX

スプレッド
(米ドル/円)
通貨ペア数取引通貨単位
20ペア通貨
スワップ
(米ドル/円)
キャッシュバックスマホアプリ
Good point
  • 取引通貨単位は【1通貨】100円からスタートOK
  • 選べるレバレッジコースで危険な取引を回避!
  • 人気の4通貨ペアは業界最狭スプレッドなので超低コスト
キャンペーン情報詳細

松井証券のFXでは、『新規口座開設 + 取引』で最大100万円をキャッシュバック!!

初心者に松井証券のFXがオススメなのは、トレーダーへのサービスが手厚いからです!

スプレッドが業界最狭水準なのは、世界中の金融機関との深いネットワークを持つ老舗証券会社だからこそ可能!

また、レバレッジは取引コース選択であらかじめ上限を設定できるので、ハイレバレッジな取引を防げてFX初心者にはとっても安心です。

さらにYouTubeを使った投資情報メディア「マネーサテライト」では有名アナリストや芸能人が分かりやすく投資取引を解説してくれています。

【GMO外貨】少額から投資OK!稼いだお金は外貨引出しOK

GMO外貨
スプレッド
(米ドル/円)
通貨ペア数取引通貨単位
24ペア通貨
スワップ
(米ドル/円)
キャッシュバックスマホアプリ
Good point
  • 1,000通貨からの取引OK(※ドル円なら約6,000円)
  • 業界最狭水準のスプレッドで低コストなトレードを実現
  • 稼いだお金は外貨で引出せるので窓口で両替するよりお得!
  • 最短即日で口座開設手続き完了
キャンペーン情報詳細

GMO外貨では最大55万円のキャッシュバックなど多数のキャンペーンを実施しています!

【口座開設 + 取引】

取引手数料はもちろん全て無料!少額投資ができるGMOグループのFX口座です。

ツールも感覚的で使いやすく、オシレーターに描画できるチャートを使いたいならここがオススメ!

電話サポート体制は顧客満足度が高く初心者でも安心して利用できます。

(※HDI格付けベンチマークで三回連続最高評価の「三つ星」を獲得!)

スキャルピングに向いている人の特徴

スキャルピングが向いている人
かずき

スキャルピングやりたいけど、どんな人に向いているの?

はじめ

平日に時間を確保しやすい人や集中力のある人は相性がいいぞ!

スキャルピングが向いている人の特徴
  • 平日就業のサラリーマン
  • 短期間で稼ぎたい人
  • 集中力が高く瞬発力のある人
  • 感情をコントロールできる人

平日就業のサラリーマン

平日夜に時間を確保できるサラリーマンに向いています。

値動きが大きなるニューヨーク市場の夜21時以降に時間を作りやすいからです。

仕事から帰って一息ついたタイミングが、スキャルピングに最適な時間帯でサラリーマンのライフスタイルと相性がいいんです。

短期間で稼ぎたい人

スグに稼ぎたい人にもスキャルピングは向いています。

なぜなら、取引時間が短いため結果がわかるのが早いからです。

ただし、短期間で大きく稼ぐには資金力も必要になります。

まずは少額に慣れてから徐々に投資金を増やしていきましょう。

集中力が高く判断力のある人

スキャルピングは一瞬のチャンスを見逃さな集中力と、一瞬で判断する判断力がとても重要です。

数秒〜数分の細かい値動きから利益を出すため、注意散漫で優柔不断だとチャンスを逃してしまうからです。

岡田

私もスマホを近くに置いていたせいで、トレードへの集中力が切れて絶好のチャンスを逃した経験があります。

自信がない人は、スマホなど近くに置かないトレード環境を作ったり、取引中に迷わないために事前にルールを決めておきましょう。

感情をコントロールできる人

自制心が強い人はスキャルピングに向いています。

先述した、取引ルールを作っても守れない人が多いからです。

実はFXで負ける原因は、損切りラインに達しても「そのうちプラスになる」、負けて「さっきの負けを取り返す」といった感情によるものがほとんどなんです。

もし感情のコントロールが上手な人は、スキャルピングに限らずFXに向いていると言えます。

スキャルピングで負けないためのコツ

スキャルピングで負けないためのコツ
スキャルピングのコツ
  • 余剰資金で取引する
  • 損切りと利確ラインは絶対に守る
  • 経済指標発表前後は取引を控える
  • 上位足のトレンドを確認する
  • スキャルピングに最適のFX会社を選ぶ

余剰資金で取引する

一見精度を上げるコツとは無縁のようですが、余剰資金で取引するのはとても重要です。

なぜなら生活費を投資に回すと冷静な取引ができなくなり、取引に悪影響を与えるからです。

例えば「この取引で勝ったら贅沢する、負けたら生活費減少」という状況で、相場が予測と逆に進み含み損になった時、迷いなく生活費を削る損切りができるでしょうか。

スキャルピングに限らずFXは、必ず失ってもいい余剰資金で取引しましょう。

また、余剰資金でも高レバレッジの取引も厳禁です。

損切りと利確ラインは絶対に守る

損切りと利確ラインの設定は大前提として、損切りラインに達したら必ず厳守しましょう。

特に損切りを守らず、ズルズル損失が膨らみ最終的に大損するのはよくある失敗例です。

FXには損切りラインを設定して、ラインに達したら自動的に損切り注文できる逆指値注文があります。

他にも便利な注文方法はあるので、活用して損切りと利確ラインを厳守しましょう。

経済指標発表前後は取引を控える

経済指標発表前後は、予測が難しく値動きが激しいからです。

例えば、米雇用統計発表時の動きを見てみましょう。

米雇用統計発表後の動き
2023年5月5日米雇用統計後の米ドル円の動き

発表後に大きく動いたのがわかりますね。

値動きが激しいとスキャルピングのチャンスと思うかもしれませんが、指標の結果を予測するのはギャンブル的要素が強いのでおすすめしません。

指標発表前は大人しく静観しましょう。

上位足のトレンドを確認する

上位足のトレンドを把握するのは大事です。

なぜなら、相場は上位足のトレンド方向に動く傾向があるからです。

そのため、スキャルピングでも上位足が上昇トレンドなら、買いを意識するといいでしょう。

スキャルピングに最適のFX会社を選ぶ

最後に1番大事なのは、スキャルピングに最適なFX口座を選ぶことです。

【FX会社選びが大事な理由】

・スキャルピングを禁止している会社がある
・スプレッドが広いとコストが大きくなる

もしスキャルピング禁止の会社で取引すると、口座凍結される可能性があります。

さらに、取引回数が多いスキャルピングは、スプレッドが広いとコストで大損する可能性もあります。

上記理由から、スキャルピングに適したFX会社を選びましょう。

スキャルピングにおすすめのFX口座3選

まとめ

初心者でもできるシンプルなスキャルピング手法について解説しました。

最後にこの記事のまとめです。

・MACDの1分足ゴールデンクロス(GC)とデッドクロス(DC)手法は勝率65.38%
・1分足に加え5分足でもGCとDCが発生していると勝率75%
ラインブレイク時は瞬間的に大きくブレイク方向に動く傾向があり狙い目
・平日に時間を確保しやすく集中力のある人にスキャルピングはおすすめ
・スキャルピングで負けないためには、余剰資金で取引損切りを徹底する
・スキャルピングに最適なFX会社はGMOクリック証券

今回億トレーダーの手法を実際に試してみて、実用レベルの結果が出たことに驚いたと共にやはり稼いでいる人は勝ち手法を持っているんだなと改めて思いました。

もし今まで一貫性のない取引をしていいた人は、ぜひ今回紹介した手法を試してみてください。

ただ試行回数も多くなく必ず勝てる保証はないので、少額で試して最終的に自分に合うようにアレンジしてみてください。

あなたのスキャルピング手法に少しでもお力添えできたなら嬉しいです!

岡田

最後まで読んでいただきありがとうございました!

FXスキャルピング手法のよくある質問

FXのスキャルピング手法とは?

数秒〜数分で取引を行うスキャルピングは、一瞬の値動きを狙う手法で取引します。

1分足のMACDのゴールデンクロスおよびデッドクロスを狙う手法で勝率65.38%を達成しました。

>> MACDを使った億トレーダーのスキャルピング手法のやり方

なぜスキャルピング禁止か?

大量の注文が殺到するとFX会社のサーバで処理できず、正常にサービスを提供できないリスクが発生するからです。

高頻度で注文を発注するスキャルピングは、大量注文になる可能性があるため禁止にしているFX会社が存在します。

しかし、スキャルピングを禁止していない会社もあります。

スキャルピングは一日何pips稼げる?

手法によって異なりますが、取引経験から1時間あたり5pipsが目安です。

【取引時間 × 5pips = 見込み獲得pips】

1時間あたり5pipsは、勝率65.38%の次のスキャルピング手法で達成しました。

>> MACDを使った億トレーダーのスキャルピング手法のやり方

スキャルピングのテクニックは?

スキャルピングのテクニックで大事なのは次の通りです。

・損切りの徹底
・集中力
・判断力
・感情のコントロール
・上位足の確認

損切りと利確ラインを事前に決めておき、必ず実行するための環境やルールを作るのが大事です。

>> スキャルピングで負けないためのコツ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次