お知らせ内容をここに入力してください。

【勝率65.38%達成】FXスキャルピングの最強テクニカル分析3選

【PR】本記事はプロモーションを含みます

「スキャルピングはどのテクニカル分析を使えば良いの?」

「スキャルピングで最強のインジケーターが知りたい! 」

「シンプルですぐ使えるスキャルピング手法はあるの?」

このような疑問にお答えします。

FXのスキャルピングで勝つためにはテクニカル分析は必須です。

そこでこの記事では、スキャルピングに最適なテクニカル指標の選び方おすすめのインジケーターチャートパターンを紹介しています。

さらに、勝率65.38%を達成した手法を含め、3つのスキャルピング手法をチャート画面を使ってわかりやすく解説しています。

岡田

最短で稼ぎたいなら稼いでいる人の手法をマネるのが一番ですよ!

紹介している手法を参考に効率よくスキャルピングで稼いでくださいね。

この記事は投資収益の保証または特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資や契約の決定はご自身でご判断ください。

目次

スキャルピングとは

FXのスキャルピングは、1分足や5分足チャートを使って数秒から数分でトレードするスタイルになります。

1回の利益が小さい代わりに、何度も取引を重ねて大きな利益を狙う方法です。

取引の中でトレード時間が一番短いため、忙しい会社員や主婦でも取り組めます。

短期売買に合うテクニカル指標を選ぶコツ3選

スキャルピングに合うテクニカル指標を選ぶコツは次の3つです。

選ぶコツ
  • 瞬時に判断できる指標を選ぶ
  • 代表的な指標を使う
  • 複数の指標を組み合わせる

瞬時に判断できる指標を選ぶ

スキャルピング向けのテクニカル指標は、瞬時に判断できるものが良いです。

なぜなら判断に時間がかかると、利益を逃したり損したりするためです。

例えば数秒で注文や決済を行うスキャルピングで、判断に1分かけていたらチャンスを逃してしまいます。

一瞬で判断できるテクニカル指標を使って、取引に後れを取らないようにしましょう。

代表的な指標を使う

スキャルピング向けのテクニカル指標は、代表的な指標を使いましょう

理由は代表的な指標なら、多くの人が使っているから予想通りに動きやすいためです。

はるか

有名な手法は、情報も入手しやすいわ。

相場は多数派の方向に動くので、大勢が使っていればより強い根拠になります。

代表的な指標を使うことで、予測の精度を上げましょう。

複数の指標を組み合わせる

テクニカル指標は、複数を組み合わせて使うのがおすすめです。

なぜなら短期売買ではダマしが多いので、複数の根拠を重ねることでトレードの精度を上げられるからです。

エントリー根拠がインジケーター1つだけの場合よりも、同じポイントで他のインジケーターのサインが重なっている方が自信を持ってエントリーできます。

ダマしとは?

ダマしとはチャートがセオリー通りに動かない現象を指します。

例えばインジケーターが買いのサインを示している時に、実際の相場は逆方向に動いた時に使う言葉です。

スキャルピングの最強インジケーターとチャートパターン

テクニカル指標には大きく次の3種類存在します。

カテゴリー種類分析の内容
インジケータートレンド系相場の流れや方向性を分析
インジケーターオシレーター系相場の過熱感(買われ過ぎ、売られ過ぎ)を分析
チャートパターンチャートの形状を分析

それぞれ分析できる内容が違うので、組み合わせて使うと効果的です。

では代表的なテクニカル指標を紹介しますね。

トレンド系インジケーター

トレンド系インジケーターとは、相場が上昇・下降トレンドなのかを判断できる指標です。

トレンド系の中でもよく使われるのが次の3つです。

【トレンド系インジケーター】

①移動平均線(MA)
②ボリンジャーバンド
③MACD(マックディー)

例えばボリンジャーバンドなら次のチャートのように、視覚的にトレンドを把握できます。

赤枠内を見ると下方向のトレンドになっていることがわかりますね。

オシレーター系インジケーター

オシレーター系インジケーターは、相場の売られ過ぎや買われ過ぎを把握できる指標です。

代表的なオシレーター系は次の3つです。

【オシレーター系インジケーター】

①MACD
②RSI
③ストキャスティクス

例えばRSIは、0~100%の数値を使って買われすぎ・売られすぎを判断できます。

一般的に70~80%以上だと買われすぎ、20~30%以下だと売られすぎと判断します。

チャートパターン

チャートパターンとは、将来の値動きをチャートの形で予測する分析手法です。

有名なチャートパターンは、次の2種類になります。

【チャートパターンの種類】

①ダブルトップ・ダブルボトム
②ヘッドアンドショルダートップ・ヘッドアンドショルダーボトム

ヘッドアンドショルダートップは、下のチャートのように3つの山が形成されそれぞれ肩と頭に見えるチャートパターンです。

上の状態は、直近の安値を更新しているので下降トレンドへの転換サインと判断できます。

チャートパターンはトレンド転換の目安になるので、エントリーポイントを探すのに有効です。

トレンド転換とは?

トレンド転換とは、現在の相場の流れが変わることです。

相場は一方向だけでなく、上昇・下降・レンジの3種類が入れ替わりながら動いています。

例えば今まで上昇だった相場が下降に転じた時、トレンド転換したと言えます。

次のように高値・安値の更新に着目すると、トレンド転換が見つけやすいです。

高値・安値の更新とトレンド転換

勝率65.38%のシンプルなスキャルピング手法

はじめ

ここからテクニカル指標を使った具体的な手法を3つ紹介するぞ。

チャート画面を使ってわかりやすく解説しているから、マネしてみてくれ!

はじめに、編集部で検証し勝率65.38%を達成したスキャルピング手法を紹介します。

この手法は、スキャルピングで億り人になった「ふうた氏」の手法を参考にしています。

手法の内容は次のとおりです。

手法の内容
  • メインの取引足は1分足
  • インジケーターは2つのMACD(マックディー)を使用
  • MACD1分足の設定は、1分足チャートに短期12、長期26、シグナル9
  • MACD5分足の設定は、1分足チャートに短期60、長期130、シグナル45

ポイントは2つのMACDを表示させ次のように上下に並べる点です。

プラチナチャートでの設定例
MACDの設定イメージ:1つのウインドウに2つのチャート重ねる

設定が完了したら具体的な手順を解説します。

億り人の手法動画をみる

具体的なエントリーポイント

エントリーポイントは、次の2つの条件が揃った時です。

【エントリーポイント】

①1分足のゴールデンクロスかデッドクロスが発生
②5分足の方向が同じ

実際にエントリーするタイミングは次のチャートの通りです。

MACDスキャルピング手法のエントリー例
1分足がゴールデンクロスし、5分足が上方向

1分足のクロス5分足方向の2つの根拠があるので、精度の高い根拠を持ってエントリーします。

MACDのゴールデンクロス(GC)・デッドクロス(DC)とは?

MACDとは、「Moving Average Convergence Divergence」略で移動平均線を改良したテクニカル指標です。

最新の値動きに比重を置いており、トレンドの主導を予測するのに役立ちます。

MACDとシグナルの2本の線で構成され、MACDがシグナルを上抜けするとゴールデンクロス買いサイン、逆に下抜けするとデッドクロス売りサインです。

損切ライン、利益確定ラインの設定

損切ラインと利益確定ラインも設定しましょう。

今回は下記の条件でトレードしました。

【取引目標と取引ルール】

損切りライン:マイナス1.0pips
利確ライン:2.0〜4.0pips
取引通貨量:10万通貨
目標獲得pips:5pips/日(利益5,000円)
取引回数:6-8回/日
プロフィットファクター:2.0以上

1日の獲得pipsは5pipsを目標にしており、勝率が50%でも目標を達成できる設定です。

今回は10万通で1日の利益5,000円(5pips)を目標としました。

プロフィットファクター(PF)とは?

総損失と総利益の比率がわかる指標を指し、FXではPF2.0以上が理想的と言われています。

たとえばPFが2.0なら、総利益は総損失の2倍稼げている計算です。

具体例を出すと、総損失10,000円に対し総利益が20,000円ならPFは2.0です。

計算式:総利益 ÷ 総損失 = プロフィットファクター

検証の結果は勝率65.38%!

検証結果は4日間で27回トレードを行い勝率が65.38%+13.2pips獲得しました!

詳しい検証結果は次の通りです。

【結果】

総獲得pips:35.0pips
総損失pips:21.8pips
PF:1.6
最終獲得pips:13.2pips
最終利益:13,200円

岡田

実は最終日にやらかしてしまい、マイナス10pips(10,000円)の大失敗をしています。。。

ただそれでもプラスで終えれたので、ルール通りに取引できれば好成績が期待できる手法だと思いました。

検証内容の詳細は次の記事で確認できますよ。

サポートツールで勝率UP

サポートツールとして、ヒロセ通商のさきよみLIONチャートにある「シグナルパネル」の予測を組み合わせると効果的です!

シグナルパネルは、6つのテクニカル指標の売買シグナルを検知してくれる機能で、今の相場が「買い」か「売り」かを矢印で表示してくれます。

シグナルパネルのイメージ
シグナルパネル:上の例だと米ドル/円は「買い」のシグナル

シグナルパネルと今回のMACD手法の両方が同じ方向を予測した場合、勝率75%とMACD手法だけの時よりも高勝率でした。

ただし27回の取引中4回しかチャンスが来ませんが、取引の1つの根拠としては十分使えますよ!

RSIを用いた1分足の短期売買

次はRSIを使った1分足のスキャルピング手法です。

手法の内容
  • レンジ相場と水平線を確認
  • RSIを設定して値をチェック
  • ダイバージェンスでエントリー

それではチャート画面を使って見ていきましょう。

レンジ相場で水平線を設定

まずは1分足の水平線を引いて、高値も安値も更新していないレンジ相場を確認しましょう。

RSIがより有効なのは、同じ値幅を何度も上下しているレンジ相場です。

水平線ラインでレンジ相場を確認
水平線ラインを引きレンジ相場を確認

上のチャートでは水平線の中で値動きが推移していますね。

RSIを設定して値を確認

続いてRSIを「14」にして設定し表示させましょう。

「14」は、RSIの提唱者J.W.ワイルダーが推奨している数字です。

RSIの基本的な判断目安は次の通りです。

【RSIの判断目安】

・70%以上⇒買われすぎとして売りのエントリーチャンス
・30%以下⇒売られすぎとして買いのエントリーチャンス

下のチャートはRSIの値が、30%と70%に達しているチャート例です。

RSIが30%または70%に達する
赤マル部分で30%と70%にそれぞれ到達

ダイバージェンスでエントリー

最後に、ダイバージェンスの有無を見てエントリーします。

次のチャートではローソク足が高値や安値を更新していますが、RSIは更新していないためダイバージェンスと言えます。

ダイバージェンスを確認でエントリー
ダイバージェンス発生後に水平線ラインを反発

ダイバージェンスが確認できたら、トレンド転換した次の足でエントリーしましょう。

その後の身動きは水平線ラインで反発し、相場が反転しているのがわかりますね。

ダイバージェンスとは?

RSIと価格の値動きが反対に動く、トレンドの転換前に見られるサインになります。

ローソク足が高値や安値を更新する一方で、RSIは高値や安値を更新できなかった状態です。

ダイバージェンスはトレンド転換する可能性が高いことを示すため、RSIの数値だけでエントリーするより効果的です。

ダイバージェンス

ボルマン式!5分足スキャルピング手法

3つ目は5分足スキャルピングの第一人者ボルマンの、チャートパターンを重要視した手法です。

手法の内容
  • メインの取引足は5分
  • 上位足のトレンドを1時間足で把握
  • ダブルの圧力後のブレイクアウトを狙う

こちらもチャート画面を使って紹介しますね。

1時間足のトレンドを把握

一番初めに長期足のトレンドを確認します。

その理由はより大きな相場の流れを確認して、チャートの方向性をつかむためです。

米ドル円の1時間足チャートを例にしましょう。

米ドル円の1時間足チャート

高値と安値が切り上がっているので、ダウ理論から上昇トレンドであると分かります。

上昇トレンドなら買いを狙うのが、効果的だと判断できます。

ダウ理論とは?

ダウ理論とはチャールズ・ダウが提唱した、トレンドの定義を示す6つの理論です。

なかでも下の図解の、「高値と安値の更新がされるかどうか」が多くのトレーダーに重要視されています。

高値だけもしくは安値だけが更新されればトレンドは継続しますが、両方更新されるとトレンド転換になります。

エントリーポイント

具体的にエントリーする場所は、5分足チャートでダブルの圧力後のブレイクアウトです。

はじめ

「ダブルの圧力」と「ブレイクアウト」の意味は次の通りだ。

【ダブルの圧力】

①チャートの上下動を繰り返す(チャート画像の黒い線)
②直近の値動きより小さくレンジ気味になる(チャート画像の青い枠線)


【ブレイクアウト】

レンジのような一定の値幅から一方向に抜けること。

ボルマンのダブルの圧力とフィボナッチ

「小さいレンジ」を見分ける1つの案として、フィボナッチを使って0.236~0.786の中に納まれば小さいと判断できるでしょう。

フィボナッチとは?

フィボナッチはレオナルド・フィボナッチというイタリアの数学者が考案した指標です。

相場の上昇している際の押し目や、下降している際の戻りを予測するために役立つテクニカル指標です。

予測に使う数値は23.6%、38.2%、50%、61.8%、76.4%で、代表的な反発点として用いられます。

スキャルピングでトレーダーのふうた氏はフィボナッチを活用することで、トレードの精度を上げています。

損切ライン、利益確定ラインの設定

損切ラインと利益確定ラインは、次の通りです。

【取引ルール(買いの場合)】

・損切りライン:直近の安値
・利確ライン:リスクリワード比率が1:2になる価格
・プロフィットファクター:2.0以上

売りの場合は、損切ラインが逆で、直近の高値に変わります。

勝率50%でも利益が出るように、リスクリワード比率を1:2以上に設定しました。

ボルマンのダブルの圧力とリスクリワード
はじめ

上位足である1時間足のトレンド方向に合わせることで、利益を伸ばしやすくしているぞ。

リスクリワードとは?

リスクリワードは損失と利益の比率で、1回の取引でどのくらい利益を見込めるかを表す指標になります。

1トレードの平均利益が1万円の時、平均損益が1万円ならリスクリワードは1.0(1:1)です。

仮に平均利益が2万円になると、リスクリワードは2.0(1:2)となります。

相性抜群のインジケーター

ボルマンのブレイクアウト手法に一番相性の良いインジケーターはボリンジャーバンドです。

ボリンジャーバンドは、視覚的にトレンドの強弱と値動きの大きさを把握できるためです。

今回のエントリーポイントで説明すると、次のようになります。

ボルマンのダブルの圧力とボリンジャーバンド

バンド幅が狭くなりボラティリティが低くなったスクイーズと、バンド幅が急激に広がり値動きに勢いがあるエクスパンションが視覚的に分かりやすいですね!

ボリンジャーバンドとは?

ボリンジャーバンドは、「ジョン・ボリンジャー」が考案したトレンド系を代表するインジケーターです。

移動平均線とσ(シグマ)と呼ばれる6つの線で構成され、上下に伸びたσが想定される値動きの範囲を示します。

短期売買OKのおすすめFX会社3選

最後にスキャルピングに最適なFX会社を次の3社紹介します。

おすすめののFX会社

いずれも、サポートに問い合わせて「スキャルピングを禁止にしていない」旨確認済みです。

またスキャルピングの天敵であるスプレッドも、業界最狭水準なのでコスト面でも優れていますよ!

はるか

良い条件でスキャルピングしたいなら間違いのなしの3社よ!

【GMOクリック証券】プロも納得の使いやすさ!

GMOクリック証券

スプレッド
(米ドル/円)
通貨ペア数取引通貨単位
※原則固定20ペア通貨
スワップ
(米ドル/円)
キャッシュバックスマホアプリ
Good point
  • 高機能プラチナチャートは最大16チャートを比較
  • 1,000通貨取引も可能になったため初心者にはますますオススメ!
  • 初心者も上級者も持ってて間違いなしの口座
特典情報詳細

新規FX口座開設+お取引で最大550,000円キャッシュバック!!

【新規口座開設 + 取引】

【FX取引数量に応じたキャッシュバックキャンペーン】

当キャンペーンの魅力はなんといっても全通貨ペアが対象である点です。

組み合わせ次第で最大88万円もキャッシュバック!

スワップポイントの平均値も高く業界最安値のスプレッドを提供しているので間違いなくオススメのFX口座です!

「使いやすさ」「わかりやすさ」にこだわり抜いた取引ツールは初心者もプロも納得の高性能さが評価されています。

月曜日8:00~金曜日17:00の無料サポート体制なので安心して取引を始められますよ!

【松井証券のFX】数百万人のトレーダーから信頼される老舗のFX

松井証券FX

スプレッド
(米ドル/円)
通貨ペア数取引通貨単位
20ペア通貨
スワップ
(米ドル/円)
キャッシュバックスマホアプリ
Good point
  • 取引通貨単位は【1通貨】100円からスタートOK
  • 選べるレバレッジコースで危険な取引を回避!
  • 人気の4通貨ペアは業界最狭スプレッドなので超低コスト
キャンペーン情報詳細

松井証券のFXでは、『新規口座開設 + 取引』で最大100万円をキャッシュバック!!

初心者に松井証券のFXがオススメなのは、トレーダーへのサービスが手厚いからです!

スプレッドが業界最狭水準なのは、世界中の金融機関との深いネットワークを持つ老舗証券会社だからこそ可能!

また、レバレッジは取引コース選択であらかじめ上限を設定できるので、ハイレバレッジな取引を防げてFX初心者にはとっても安心です。

さらにYouTubeを使った投資情報メディア「マネーサテライト」では有名アナリストや芸能人が分かりやすく投資取引を解説してくれています。

【GMO外貨】少額から投資OK!稼いだお金は外貨引出しOK

GMO外貨
スプレッド
(米ドル/円)
通貨ペア数取引通貨単位
24ペア通貨
スワップ
(米ドル/円)
キャッシュバックスマホアプリ
Good point
  • 1,000通貨からの取引OK(※ドル円なら約6,000円)
  • 業界最狭水準のスプレッドで低コストなトレードを実現
  • 稼いだお金は外貨で引出せるので窓口で両替するよりお得!
  • 最短即日で口座開設手続き完了
キャンペーン情報詳細

GMO外貨では最大55万円のキャッシュバックなど多数のキャンペーンを実施しています!

【口座開設 + 取引】

取引手数料はもちろん全て無料!少額投資ができるGMOグループのFX口座です。

ツールも感覚的で使いやすく、オシレーターに描画できるチャートを使いたいならここがオススメ!

電話サポート体制は顧客満足度が高く初心者でも安心して利用できます。

(※HDI格付けベンチマークで三回連続最高評価の「三つ星」を獲得!)

まとめ

FXスキャルピングのテクニカル指標と分析について解説しました。

最後に内容をおさらいしましょう。

・スキャルピングの瞬時に判断しやすい代表的な指標を使う
・テクニカル指標は2つ以上組み合わせると精度が上がる
・初心者のうちは勝っている人の手法マネするがおすすめ
勝率65.38%の実績があるMACD手法が特におすすめ 

テクニカル指標の正しい使い方を学び、実践と練習を積み重ねればトレードの精度が向上します。

岡田

まずは、今回紹介した手法を試してみてください!

さらに会社選びも重要なので、この記事で紹介したFX会社を大いに活用してくださいね。

最後までお読みいただきありがとうございました!

スキャルピングにおすすめのFX会社3選

FX スキャルピング テクニカルに関するよくある質問

FXでスキャルピングが最強の会社は?

FXでスキャルピング最強の会社はGMOクリック証券で、理由は次の2つです。

①スキャルピングを禁止していない

②スプレッドが業界最狭の水準

>> 短期売買OKのFX会社3選

スキャルピングで勝てないのはなぜ?

スキャルピングで勝てないのは、2つの理由があります。

①短期売買の取引スタイルの相性が悪い

②短期のチャート分析能力が得意でない

FXのスキャルピングに向いている人は?

FXのスキャルピングに向いている人の特徴は、次の2点です。

①他の取引スタイルより相性がいい

②短期のチャート分析能力が優れている

スキャルピングで何pips取ればいいですか?

スキャルピングは、まず10pipsを狙いましょう。

損切りは5pispに設定することで勝率50%でも利益がでます。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次