お知らせ内容をここに入力してください。

【金利爆上げ】楽天証券のマネーブリッジで運用効率UP!簡単5分で完了

【PR】本記事はプロモーションを含みます
楽天証券のマネーブリッジ

「楽天証券のマネーブリッジとはどんなサービス?」

「マネーブリッジとクレジットカード決済、どっちがお得?」

「マネーブリッジの登録方法を教えて!」

これらの悩みを解決する記事です。

楽天証券と楽天銀行をつなぐ「マネーブリッジ」! 設定するだけで貰えるポイントも利便性もアップします。

この記事では、マネーブリッジの仕組みからメリットデメリット、登録手順を徹底解説しています。

西山

楽天証券を愛用している西山です。
金利の優遇、ポイントアップなどでマネーブリッジの良さを実感しています。

資金を移動するときにもお得に活用できるんです!

一度設定を済ませればノーリスクでポイントが貯まる仕組みを作れるので、ぜひマネーブリッジを活用してくださいね。

この記事は投資収益の保証または特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資や契約の決定はご自身でご判断ください。

目次

楽天証券のマネーブリッジとは?

楽天証券のマネーブリッジとは

「マネーブリッジ」とは、楽天証券と楽天銀行の口座を連携する無料のサービスです。

口座間を連携させることで、以下のようなサービスを受けられます。

ポイント
  • 優遇金利
  • 自動入出金(スイープ)
  • ハッピープログラム
  • 残高表示サービス
  • らくらく入出金
  • 投資あんしんサービス

マネーブリッジは楽天証券を快適に利用するのに、欠かせないサービスです。

金利アップやポイント還元率アップでお得に使えるのはもちろん、資産運用の機能面でも操作や管理が楽になりますよ。

まずは、マネーブリッジの全体像を把握しておきましょう。

はるか

各サービスの特徴はマネーブリッジのメリットで詳しく解説しているわ!

>> マネーブリッジのメリットを詳しく見る

マネーブリッジの仕組み

楽天証券マネーブリッジの仕組み

楽天銀行側で受けられるマネーブリッジのサービスは以下の2つです。

  • 優遇金利
  • ハッピープログラム
  • 残高表示サービス

楽天証券側では投資をする際に便利なサービスを受けられます。

  • 自動入出金
  • らくらく入出金
  • 投資あんしんサービス
  • 残高表示サービス
楽天証券と楽天銀行をつなぐマネーブリッジ

楽天証券と楽天銀行で共通しているサービスは「残高表示サービス」です。

また、ハッピープログラムにエントリーして楽天証券で株式の取引をおこなうと、楽天ポイントがもらえたり、ATM手数料や振込手数料が無料になります。

マネーブリッジには、楽天銀行と楽天証券の両方に魅力的なメリットがあります。

はるか

マネーブリッジの申し込み方法は記事後半で解説しています。

楽天証券マネーブリッジのメリット

楽天証券でマネーブリッジを設定するメリッ

マネーブリッジをすると得られるメリットは以下の6つです。

マネーブリッジのメリット
  • 楽天銀行の普通預金金利が優遇される
  • 自動入出金(スイープ)で資金移動が簡単になる
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 残高表示サービスで資産を一括管理できる
  • らくらく入出金で24時間入出金ができる
  • 投資あんしんサービス
はるか

マネーブリッジのメリットをわかりやすく説明していくわ!

【大手銀行の100倍】楽天銀行の普通預金金利が最大0.10%に優遇される

楽天銀行の普通預金金利が最大0.10%に優遇されます。

0.10%は大手銀行の100倍であり、貯蓄に回している余剰資金を他行よりも良い条件で預けられます。

銀行名普通預金金利
楽天銀行0.10%
みずほ銀行0.001%
三井住友銀行0.001%
三菱UFJ銀行0.001%
※300万円以下の分は年0.10%(引後年0.079%)、300万円をこえた分は年0.04%(税引後年0.031%)の優遇金利。
【大手銀行の普通預金金利】

例えば、マネーブリッジを設定した楽天銀行へ300万円を預けた場合、1年後の金利収入は3,008円(税引後2,398円)です。

かずき

大手銀行の利息0.001%で計算するとたったの30円!
ただ楽天銀行に預けているだけで数千円の金利がつくのは見逃せないね。

自動入出金(スイープ)で資金移動が簡単になる

楽天証券のマネーブリッジ自動スイーブ設定

自動入出金(スイープ)は銀行と証券の資金を自動で移動させるサービスです。

銀行側に入金しておけば、証券側で金融商品を購入するときに自動で資金を移動してくれます。

反対に、証券側で利益がでた場合にも銀行へ自動入金が可能です。

はるか

銀行にお金をおいておけるから、急な出費でも現金を引き出しやすくなるわよ。
楽天証券から楽天銀行への資金移動は手数料無料なのも嬉しいわね!

ハッピープログラムで楽天ポイントが貯まる

マネーブリッジに登録したあと、ハッピープログラムにエントリーすると、楽天証券のさまざまな取引でポイントがもらえます。

具体的には以下の取引がポイント対象です。

  • 国内株式の取引
  • 投資信託の保有
  • 楽天FXの取引
  • その他の取引

取引の件数や成果地点がそれぞれ異なるので、詳しくは下記でまとめています。

獲得ポイントと取引件数の概要
対象商品獲得ポイント取引件数
国内株式(現物買・現物売)手数料100円ごとに1ポイント手数料4,000円ごとに1件に換算
国内株式(信用新規、返済)手数料100円ごとに1ポイント手数料4,000円ごとに1件に換算
外国株式(現物買、現物売)手数料100円ごとに1ポイント手数料4,000円ごとに1件に換算
米国株式信用(信用新規、返済)手数料100円ごとに1ポイント手数料4,000円ごとに1件に換算
投資信託一定の残高を達成ごとに10~500ポイント
※対象月の月末時点の残高で計算
個人向け国債買付金額3万円ごとに1ポイント買付金額100万円ごとに1件に換算
楽天FX10枚(10万通貨)ごとに1ポイント100枚(100万通貨)ごとに1件に換算
日経225先物取引(ラージ)手数料100円ごとに1ポイント手数料4,000円ごとに1件に換算
日経225先物取引(ミニ)手数料100円ごとに1ポイント手数料4,000円ごとに1件に換算
日経225オプション手数料100円ごとに1ポイント手数料4,000円ごとに1件に換算

他にもハッピープログラムへのエントリーには魅力的な特典があります。

  • ATM手数料が最大月7回無料
  • 楽天銀行同士の振込手数料が何回でも無料
  • 楽天ポイントが振込手数料に使える

他の銀行ではATM手数料や振込手数料の値上げがあるなか、楽天銀行は手数料が無料になる特典が豊富なので、普段使いの銀行として活用できるでしょう。

はじめ

マネーブリッジの登録を行ったら、ハッピープログラムへのエントリーも忘れずに!

残高表示サービスで資産を一括管理できる

楽天証券で楽天銀行の資産額を確認できる

残高表示サービスとは、楽天証券側で楽天銀行の普通預金残高を確認できるサービスです。

保有している株式も合わせた資産合計額が表示されるため、現在の資産保有額を把握しやすいのがメリットです。

はるか

いろいろなページをチェックしなくても、ひとめでチェックできる操作性の良さが魅力なの。

はじめ

楽天銀行なら資産の推移も見れるから、資産状況の把握して投資戦略を練りやすいぞ。
アプリにも対応しているから通勤や家事の合間にサッと確認できるのもポイントだ!

らくらく入出金で24時間手動で入出金ができる

らくらく入出金とは、原則24時間いつでも楽天証券と楽天銀行間の資金の移動が可能になるサービスです。

出金、入金手数料が無料なので、余計な手数料を支払うことなくスムーズに取引をおこなえるのが魅力です。

はじめ

らくらく出金には1営業日あたり5回までの回数制限があるぞ。

信用取引口座向けの投資あんしんサービス

「投資あんしんサービス」は、楽天証券の信用取引口座で利用できるサービスです。

投資あんしんサービスを利用することで、保証金不足を解消し、投資口座の残高が不足した場合でも取引を継続できます。

はるか

信用取引に興味がある方にとっては嬉しいメリットになるわ。

楽天証券マネーブリッジのデメリット

楽天証券のマネーブリッジデメリット

楽天証券のマネーブリッジで唯一デメリットは、自動スイープサービスが使えない取引がある点です。

はじめ

どの取引が対象外なのかみていこう。

自動スイープサービス対象外の取引がある

楽天証券と楽天銀行間でスムーズに資金の移動ができる便利な自動スイープ機能には、一部対象外があります。

以下の取引が自動入金の対象外です。

対象外の取引
  • 国内株式の立会外分売
  • 即日徴収規制銘柄等
  • 外国株式(米国株式を除く)
  • デリバティブ口座取引(楽天FX・先物オプションなど)
はるか

つみたてNISAや米国株式、債券など一般的な取引は自動スイープの対象だから安心してね!

楽天証券のマネーブリッジを申し込む手順

楽天証券のマネーブリッジを申し込む手順

楽天証券で口座開設済みの人の場合で、マネーブリッジの申し込み手順を解説します。

はるか

楽天証券の口座開設がまだの人は、まずは楽天銀行とあわせて口座開設しておきましょう。
口座開設キャンペーンでお得にポイントをゲットできますよ。

\口座開設で現金獲得のチャンス/

STEP
楽天銀行に申し込む

楽天証券でマネーブリッジを申し込むには、楽天銀行の口座を開設する必要があります。

まだ楽天銀行の口座を持っていないいない場合は、まずは口座開設の手続きを行いましょう!

かずき

最短、翌営業日に口座を開設できるよ!

STEP
楽天証券にログイン

楽天証券にログインして、楽天証券側からマネーブリッジの設定を行います。

STEP
マイメニューのマネーブリッジボタンをクリック

右上のマイメニューをクリックして、「マネーブリッジ」を選択します。

STEP
申し込みをクリック

マネーブリッジへの申し込みをクリックします。

STEP
楽天銀行にログイン

ログイン画面に遷移するので、楽天銀行へログインします。

STEP
申し込み内容を確認して申し込みボタンをクリック

申し込み内容を確認してから、申し込みボタンをクリックして登録完了です。

設定完了したら、そのままハッピープログラムにもエントリーしましょう!

マネーブリッジ完了の確認方法

マネーブリッジが完了しているかどうかは、楽天銀行のマイページから確認できます。

「商品一覧ページ」→「資産運用」→「マネーブリッジ」という順番で選択していくとマネーブリッジの確認ページが表示されます。

楽天証券マネーブリッジと楽天カード決済はどっちがお得?

楽天証券マネーブリッジとカード積立お得なのはカード積立

楽天証券でつみたてNISAを始める際、お得になる決済方法があります。

かずき

マネーブリッジよりお得なのはキャッシュレス決済

つみたてNISAはキャッシュレス決済がオススメ!

楽天証券のつみたてNISAは、楽天カードや楽天キャッシュなどキャッシュレス決済がオススメです。

楽天カード決済をすると、カードランクに応じて楽天ポイントが0.5〜1.0%貯まります。

楽天キャッシュ決済でも0.5%ポイント付与され、つみたてNISAをするだけでポイントをもらえます。

はるか

キャッシュレス決済はマネーブリッジよりもポイントが貯まりやすいのよ!

【裏技】銀行間のお金の移動には楽天証券経由がお得

楽天証券を経由したお得な資金移動方法

これから投資を本格的に始めようとしている方へ、楽天銀行に資金を移動する際、楽天証券を経由するとお得に資金を移動させられます。

楽天証券は以下対象の13銀行からのリアルタイム入金が無料なので、一旦他行から楽天証券へ資金を移し、楽天銀行へ出金すれば振込手数料がかからず資金を移動できるのです。

楽天証券リアルタイム入金対応金融機
かずき

楽天銀行は出金手数料が無料なのも嬉しいね!

はじめ

金利の高い楽天銀行に資金を移すときは、証券会社を経由すると手間も手数料も減らせるぞ。

まとめ 楽天証券のマネーブリッジでもっとお得に!

楽天証券のマネーブリッジに登録するメリットやデメリット、登録手順などを解説しました。

最後にこの記事のおさらいです。

  • 楽天証券のマネーブリッジに登録するには楽天銀行の口座が必要
  • マネーブリッジで楽天証券と楽天銀行の資金移動がスムーズになる
  • 金利の優遇やATM手数料無料など、生活に直結したメリットがある

楽天証券の口座をつくる際、一緒に楽天銀行口座も作っておくとスムーズにマネーブリッジ登録ができます。

西山

マネーブリッジ、ハッピープログラムを活用して、資産全体を底上げしていきましょう!

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

これから口座開設をするならお得なキャンペーンをチェック!

楽天証券「マネーブリッジ」のよくある質問Q&A

マネーブリッジの申込後、楽天銀行で優遇金利が適用されるのはいつからですか?

月末時点でマネーブリッジの申込手続きが完了している場合、翌月から適用されます。
例)1/10に設定→(1月末)→2/1から優遇金利が適用開始
※一度手続きが完了すると設定を解除するまで、優遇金利が適用され続けます。

>> 楽天銀行の優遇金利について詳しく見る

マネーブリッジは外貨にも対応していますか?

マネーブリッジを利用した外貨預金のらくらく入金・らくらく出金・自動入出金(スイープ)はできません。

マネーブリッジによるらくらく入金・らくらく出金・自動入出金(スイープ)は、円普通預金のみのサービスとなります。

>> らくらく入出金の詳細を見る

マネーブリッジは、楽天証券のつみたてNISAでも有効ですか?

楽天証券のマネーブリッジはつみたてNISAでも有効です。クレジットカード決済や楽天キャッシュ決済を考えている方でも、マネーブリッジのメリットを受けられます。

>> マネーブリッジのメリットを詳しく見る

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次