お知らせ内容をここに入力してください。

【24時間OK】バイナリーオプションの取引時間をずらして効率的に利益GET!

【PR】本記事はプロモーションを含みます
バイナリーオプションの取引時間

「バイナリーオプションの取引時間が知りたい」

「取引する時間帯によって勝ちやすさに差はあるのかな」

「有利な時間帯があるなら知りたい」

この記事ではこうした疑問を持っている方のために、値動きの特徴ととバイナリーオプションの特徴を考えたときにオススメの取引時間帯や購入タイミングの時間帯について解説して参ります。

バイナリーオプションは平日24時間ほとんど取引できるので、手が空いたときに何となく取引していた人が多いのではないでしょうか。

岡田

為替相場には取引する時間帯と通貨ペアの組み合わせによって決まった値動きをする特徴があります

この記事でわかること
  • バイナリーオプションの取引時間
  • 国内業者の取引時間一覧
  • 取引時間を絞るメリット
  • 勝ちやすい時間帯・負けやすい時間帯
  • 勝ちやすい時間帯は為替市場と通貨ペアで決まる
  • 勝ちやすいのは何分取引か
  • 時間帯別のオススメバイナリーオプション業者

有利な取引時間を使って効率的にペイアウトを得られるようになるので、ぜひ最後までチェックしてみてくださいね!

この記事は投資収益の保証または特定の商品の勧誘や売買の推奨等を目的としたものではありません。最終的な投資や契約の決定はご自身でご判断ください。

目次

バイナリーオプションの取引時間

市場が開いている時間

バイナリーオプションは平日24時間取引できます。

世界のどこかの外国為替市場が常に開いているからです。

ただし取引口座によって回号の数や取引時間が異なり、日本時間早朝は取引できないところがあります。

また夏時間(3月第2日曜日〜11月第2日曜日)は冬時間と比べ1時間早くなるので、取引時間を間違えないようにしましょう。

国内業者の取引時間一覧

国内バイナリーオプション業者の取引時間を一覧にまとめました。

バイナリー口座取引時間
外為オプション
GMOクリック証券
第1回号 8:00〜11:00
第2回号 10:00〜13:00
第3回号 12:00〜15:00
第4回号 14:00〜17:00
第5回号 16:00〜19:00
第6回号 18:00〜21:00
第7回号 20:00〜23:00
第8回号 22:00〜翌1:00
第9回号 0:00〜翌3:00
第10回号 翌2:00〜翌5:00
オプトレ!
GMO外貨
第1回号 午前 7:25 ~ 午前 9:24
第2回号 午前 9:25 ~ 午前 11:24
第3回号 午前 11:25 ~ 午後 1:24
第4回号 午後 1:25 ~ 午後 3:24
第5回号 午後 3:25 ~ 午後 5:24
第6回号 午後 5:25 ~ 午後 7:24
第7回号 午後 7:25 ~ 午後 9:24
第8回号 午後 9:25 ~ 午後 11:24
第9回号 午後 11:25 ~ 午前 1:24
第10回号 午前 1:25 ~ 午前 3:24
第11回号 午前 3:25 ~ 午前 5:24
外貨ネクストバイナリー
外為どっとコム
第1回号 08:20~10:18
第2回号 10:20~12:18
第3回号 12:20~14:18
第4回号 14:20~16:18
第5回号 16:20~18:18
第6回号 18:20~20:18
第7回号 20:20~22:18
第8回号 22:20~00:18
第9回号 00:20~02:18
第10回号 02:20~04:18

判定時刻は基本的に重なることは無いので、複数の口座を使えば短時間の間でも複数の取引ができますよ。

なお業者によってツールの機能や還元率が異なるので、取引時間だけでなく実績を考慮してで選ぶのが大切です。

取引時間を絞るメリット

取引時間を絞るメリット

取引時間を絞ると勝率アップにつながります。

なぜなら、通貨ペアによって値動きする時間帯が決まっているからです。

そのため同じ時間に絞って取引すれば値動きのクセがわかり、予測を立てやすくなりますよ。

ラダー/レンジオプションそれぞれのタイプに合う値動きを利用することで、予測を実現させやすくなるからです。

バイナリーオプションで勝ちやすい時間帯

バイナリーオプションで勝ちやすい時間帯は次の2つです。

おすすめ時間帯
  1. ラダーオプションならトレンド相場の時間帯
  2. レンジオプションなら値動きが小さい時間帯

取引タイプによって違うのでしっかり覚えておきましょう。

ラダーオプションならトレンド相場の時間帯

ラダー取引

ラダーオプションはトレンド相場の時間帯が有利です。

トレンド相場はレジスタンスライン・サポートラインに沿って値が伸びるので、目標レートが一定水準より高いか低いかを予測しやすくなります。

ロンドン市場が開く日本時間午後4時ごろと、ニューヨーク市場が開く日本時間午後9時ごろに市場参加者が増え、トレンドが発生しやすいのが特徴です。

上昇トレンドのときは高い、下降トレンドのときは低いを予測しましょう。

レンジオプションなら値動きが小さい時間帯

レンジ取引

レンジオプションは値動きが小さい時間帯が有利です。

値動きが小さいとレンジインオプションの予測が実現しやすいからです。

ニューヨーク市場がクローズする日本時間午前6時ごろから、東京市場が開く日本時間午前9時ごろの間は市場参加者が少なく、値動きが小さくなります。

勝ちやすい時間帯は為替市場と通貨ペアの組み合わせが重要

勝ちやすい時間帯は為替市場と通貨ペアの組み合わせが重要

勝ちやすい時間帯で取引する際は、為替市場と通貨ペアの下記4つの組み合わせを意識しましょう。

  1. オセアニア市場は豪ドル・NZドル以外の通貨ペア
  2. 東京市場はアジア・オセアニア系の通貨ペア
  3. ロンドン市場はヨーロッパ系の通貨ペア
  4. ニューヨーク市場は米ドルが絡む通貨ペア

全部覚えなくても、デモトレードで自分の生活スタイルに合う時間帯の値動きをつかんでおけば大丈夫です。

オセアニア市場は豪ドル・NZドル以外の通貨ペア

オセアニア市場は日本時間午前4時から午後3時まで開いていて、東京市場が開く日本時間午前9時までは「オセアニア時間」と呼ばれます。

この時間帯は市場参加者が少なく、全般的に値動きが小さくなるのでレンジインオプションが勝ちやすくなります。

ただしオーストラリアとニュージーランドの経済指標が発表される日があるので、豪ドルとNZドルが絡む通貨ペアは急変するリスクがあるため避けた方が無難です。

東京市場はアジア・オセアニア系の通貨ペア

東京市場は日本時間午前9時から午後5時まで開いている市場です。

オセアニア市場に続き日本勢が取引に参加することで、日本円や豪ドル、NZドルが絡む通貨ペアの値動きが活発になります。

ロンドン市場に向けてトレンドが発生しやすいので、ラダーオプションが勝ちやすいです。

ロンドン市場はヨーロッパ系の通貨ペア

ロンドン市場は日本時間午後4時から深夜2時まで開いている市場です。

東京市場に続き欧州の参加者が増え、ユーロやポンドが絡む通貨ペアの値動きが活発になります。

ニューヨーク市場を控えトレンドが発生しやすいので、ラダーオプションが有利です。

ただし欧州各国の重要な経済指標が発表される時間帯でもあるため、急変しやすい発表前後の時間は避けましょう。

ニューヨーク市場はほぼ全ての通貨ペア

ニューヨーク市場は日本時間午後9時から翌朝6時まで開いている市場です。

経済大国アメリカの参加者が増え、米ドルを中心にほぼすべての通貨ペアの値動きが活発になります。

トレンドかレンジかは相場の状況によって変わるので、相場を分析した上で判定時刻のレートがどのあたりになるか予測する必要があります。

ニューヨーク市場では値動きを予測しにくいときは取引を休むのが無難です。

バイナリーオプションの負けやすい時間帯

バイナリーオプションの負けやすい時間帯

バイナリーオプションの負けやすい時間帯は次の2つです。

取引を避けるべき時間帯
  • 各市場のオープン前後
  • 経済指標や要人発言の発表前後

イレギュラーな値動きが起きやすく、レートの予測が難しいので取引は控えましょう。

各市場のオープン前後

ひとつ目は各市場が開く前後の時間帯です。

この時間帯は駆け込みの注文が集中しやすく、急変するリスクが高くなります。

  • 東京市場が開く日本時間午前9時
  • ロンドン市場が開く日本時間午後4時
  • ニューヨーク市場が開く日本時間午後10時

経済指標や要人発言の発表前後

もうひとつは経済指標や要人発言が発表される前後の時間帯です。

さまざまな思惑から注文が集中し、不規則な値動きになったり急変しやすくなります。

事前に経済指標カレンダーをチェックして、経済指標の発表時間を把握しておきましょう。

市場への影響が大きい経済指標は以下の記事が参考になりますよ。

バイナリーオプションで勝ちやすいのは何分取引?

岡田

個人的には判定時刻の30分〜1時間前の取引がオススメです。

短期でもある程度予測が立てやすいからです。

30秒や1分といった超短期では、それまでのトレンドとは無関係なノイズが生じて予測が外れる可能性があります。

また判定時刻に近づくほどチケットの価格が上がりやすく、仮にペイアウトを得られても利益が少なくなってしまいます。

【外為オプション】GMOクリック証券は還元率95.24%の超優秀な口座!

ペイアウト通貨ペア数1日開催数
1.000円
(固定)
5ペア10回
取引タイプ支払い総額に対する
受取総額の割合※1
デモトレード
ラダー95.36%
※1『受取総額の割合 = 業者総売上 ÷ 顧客の受取総額』 ※1 2022年10月~2023年11月実績
Good point
  • 投資家への還元率は国内バイナリー業者の中で常にトップ!
  • 取引ツールが使いやすく見やすいので初心者もスグに取引できちゃう
  • 相場分析には高性能のプラチナチャートが使える

GMOクリック証券が提供するバイナリーオプションが「外為オプション」です。

投資家の支払総額に対する受取総額の割合、つまり還元された割合を示す実績では平均95.24%と常に優秀なバイナリー口座です。

〇×で示される判定画面や3STEPで取引できる操作性が人気です!スマホのブラウザからも取引OK

【IG証券】幅広い戦略が取れる唯一無二のバイナリー口座!

ペイアウト通貨ペア数1日開催数
10.000円
(※円絡みの通貨ペアの場合)
7ペア
(株・商品含めると計23銘柄)
12回
取引タイプ支払い総額に対する
受取総額の割合※1
デモトレード
ラダー95.39%
※1『受取総額の割合 = 業者総売上 ÷ 顧客の受取総額』 ※1 2022年10月~2023年11月実績
Good point
  • 選べる権利行使価格は国内最多の20チョイス
  • 1日あたり、1回あたりの取引数上限なし
  • 通貨ペア以外にも、株価指数や先物など最大23銘柄でもバイナリー取引ができる
  • 1,000円以下の少額での取引も可能

IG証券日本で最長のバイナリーオプション提供実績を誇り、金融庁認可の信頼できる業者です。

特にバイナリーは選択できる権利行使価格が20種類もあるため、他社に比べ幅広い戦略で取引できます。

通貨ペアの他にも株価指数や金、原油の先物など、国内最多23種の銘柄でバイナリーオプションをできるのはIG証券だけです。

また、高性能でありながら直感的に操作できる取引ツールにも定評があり、バイナリーの他にもFX・株・債券など17,000種類以上の銘柄で取引ができます。

【オプトレ!】レンジ取引の還元率脅威の105.85%!レンジならオプトレ一択!

ペイアウト通貨ペア数1日開催数
1.000円
(固定)
8ペア11回
取引タイプ支払い総額に対する
受取総額の割合※1
デモトレード
ラダー
レンジ
95.32%(ラダー)
102.558%%(レンジ)
※1『受取総額の割合 = 業者総売上 ÷ 顧客の受取総額』 ※1 2022年10月~2023年11月実績
Good point
  • 1日11回の開催なので効率よく取引回数を増やせる
  • レンジ取引の還元率は100%超える月も多い!
  • 新機能の「ワイドレンジ」によってヒット判定の可能性を底上げ!

GMO外貨が提供しているバイナリーオプションが「オプトレ!」で、レンジ取引ができる数少ない国内口座です!

レンジ取引の月次実績では受取総額の割合が100%超える月も多く、投資家にとってチャンスの多い口座です。

取引通貨ペアも取引回数も多いので、他社口座と合わせて運用すれば限られた時間の中で取引回数を増やして効率よく稼げます♪

業者を選ぶときは還元率に注目しよう

還元率の高い業者を選ぶのが賢い選択です。

なぜなら、還元率は数値が高いほどトレーダーに有利で、100%を超えると顧客への支払いが利益以上となり業者の赤字を意味します。

はるか

つまり、還元率が高いほど勝ちやすい業者と言えるのよ!

今回は高還元率の目安である95%以上の3社をピックアップしたので参考にしてくださいね!

【受取総額の割合とは?】

受取総額の割合(還元率)は業者の総売上のうち何%がトレーダーにペイアウトとして支払われたかを示す数値です。
つまり受取総額の割合が高いほどトレーダーにとって有利な業者と言えます。

計算式:総売上 ÷ トレーダーへの支払い額 = 受取総額の割合

国内バイナリー5社還元率の比較表をみる
スクロールできます
支払い総額に対する
受取総額の割合
GMOクリック証券ig-バナー120-30GMO外貨楽天証券120-30
取引タイプラダーラダーラダーレンジラダー
2023年12月95.95%91.70%94.48%74.23%88.53%
2023年11月97.22%96.8%93.56%89.36%90.16%
2023年10月96.03%100.7%97.55%97.79%90.56%
2023年9月93.06%96.40%97.37%101.73%92.10%
2023年8月94.21%98.70%94.16%96.85%91.07%
2023年7月96.41%91.50%93.05%87.62%93.00%
2023年6月94.90%91.10%93.15%97.38%85.10%
2023年5月94.56%96.60%95.13%106.18%91.80%
2023年4月95.97%91.80%95.72%106.81%96.30%
2023年3月95.74%95.60%96.24%111.98%88.50%
2023年2月93.46%94.60%95.57%112.94%95.90%
2023年1月95.85%94.60%92.68%108.82%94.10%
平均95.28%95.01%94.89%99.31%91.43%
※各バイナリー業者の月次データをもとにしています。

取引時間を工夫して有利に取引を進めよう!

バイナリーオプションで勝率を上げるには、取引時間と通貨ペアの組み合わせで予測を立てるのがポイントです。

上記で紹介した4つの為替市場と通貨ペアから自分の取引時間にあう手法を実践すれば、ペイアウトを得やすくなりますよ。

最後にもう一度、内容を確認しましょう。

・バイナリーオプションは平日24時間取引可能
バイナリー口座によって購入可能時間と判定時刻が違う
・複数の口座を使えば短時間でも複数の取引ができる
・ラダーオプションはトレンド相場、レンジオプションは値動きが小さい時間帯が有利
・通貨ペアごとに値動きのある時間が分かれている
・判定時刻直前はオプション価格が上がるのでオススメできない

岡田

今まで気が向いたときや手が空いた時間に何となく取引していた人は、時間帯による値動きの特徴を覚えてみましょう。

値動きのクセがわかり予測が実現しやすくなるので、ペイアウトを得やすくなりますよ。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

初心者におすすめ国内バイナリー業者3選

2023年上半期、5社中第1位

還元率95.06%

外為オプション

レンジ取引するなら

GMO外貨は外せない!

オプトレ!

23銘柄のバイナリー取引可能

幅広い取引戦略するなら

IG証券

バイナリーオプションの取引時間 よくあるQ&A

バイナリーオプションは何時まで?

平日なら24時間取引可能です。

ただし取引口座によって回号の数や取引時間が異なり、日本時間早朝は取引できないところがあります。

バイナリーオプションは1日何回取引できるの?

国内バイナリーオプションは平日24時間に最大12回まで取引できます。

業者によって1日の取引回数は異なります。

詳しい取引時間と取引回数は次のリンク先の一覧表で確認ください。

>> 国内業者の取引時間一覧

バイナリーオプションの勝ちやすい時間帯は?

値動きが激しく大きな値幅を狙えるのは、日本時間午後9時から翌午前1時までです。

理由は世界第1位と2位の市場であるロンドンとニューヨーク市場が開いているからです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次